1501~3000円」タグアーカイブ

ゴディバ;フォーシーズンズ カカオジャーニー 4粒入

日本橋髙島屋のアムール・デュ・ショコラ2020でフォーシーズンズ カカオジャーニー(Four Seasons Cacao Journey)4粒入を買いました。

商品説明によると「~カカオでめぐる、はじめての四季~ ゴディバのシェフショコラティエが、⽇本の四季折々の素材とベストな相性のカカオを合わせてつくり上げた、今しか味わえないこだわりのコレクション。 ⽇本の四季を感じながら味わう新しいマリアージュをお楽しみください」とのこと。

パッケージはオレンジ色を基調に縦ストライプに植物を思わせる模様が入ったもの。独特の陰影があります。南ドイツに起源のある紙染め技法クライスターパピア作家 Schwan 森住香氏が手掛けたものです。

中には4種類のボンボンショコラが入っていました。

冬 クリーミー ストロベリーは赤いハート型のボンボンショコラ。散らされた金箔がきれい。商品説明によると「完熟いちごのクリーミーなガナッシュをまっ赤なハート形のホワイトチョコレートで包み、金箔で飾りました。爽やかな酸味と甘みがお口の中でとろける絶妙なバランスをお楽しみください」とのこと。

センターはイチゴの香りが詰まったホワイトチョコレートのガナシュ。ほんのりピンク色をしています。イチゴの甘酸っぱさがミルクのまろやかな香りに包まれて、どこまでも優美に広がります。余韻にもイチゴの甘い香りが長く続きます。洋酒が加わることで、過去のものよりも余韻に広がりが出ました。

春 ピスタチオ 桜の葉は長方体で赤い点で丸が描かれたボンボンショコラ。商品説明によると「ベネズエラ産43%カカオのミルクチョコレートとピスタチオペーストを混ぜた優しい味わいのガナッシュに桜の葉を合わせ、ミルクチョコレートでコーティング。桜をイメージしたピンクのドットを飾りました。桜の葉の華やかな香りと甘美な味わいが絶妙にバランスされ、まるで日本を旅しているかのような気分に」とのこと。

センターが妙に緑色なのに驚かされました。モスグリーンのガナッシュはミルクチョコレートとピスタチオペーストを混ぜたものだそうです。桜の葉の香りをピスタチオの味わいと清涼感で支えミルクの香りでうまく調和を取っています。すっきりとした味わいがおいしい。洋酒が入っているので余韻に華やかさがあります。やはり大分印象が変わりました。

夏 ライムは緑色をしたドーム型のボンボンショコラ。商品説明によると「夏の太陽を浴びて育った爽やかなライムのピューレに瀬戸内産レモンピールを合わせたホワイトチョコレートのガナッシュに、とろっとした口当たりのライムゼリーを重ね、ホワイトチョコレートでコーティング。鮮やかなライム色に仕上げました」とのこと。

センターはレモンの香りが詰まったホワイトチョコレート、割ると液状のライムピューレがこぼれます。コーティングもセンターもホワイトチョコレートで、フレッシュで鮮やかな柑橘の香りととろけるようなミルクの香りが口いっぱいに広がります。余韻は甘いミルクの香り。

秋 マロン ガナッシュはロゴ入りで金箔があしらわれた楕円形のボンボンショコラ。商品説明によると「和栗のペーストにベネズエラ産43%カカオのミルクチョコレートを混ぜ合わせたなめらかなガナッシュをミルクチョコレ―トでコーティングし、金箔とGODIVAロゴを飾りました。マロンの芳醇な香りで日常の喧噪から解き放たれる、大人のひとときをお楽しみください」とのこと。

センターは和栗とブランデーが香るガナッシュ。秋の輝くような日差しを感じさせます。口に入れると体温で素早く溶けていきます。ボンボンの美しさや滑らかな口当たりはそのまま、素材を印象づける雰囲気のある香りがとてもよく表現されています。新生ゴディバを象徴する一粒です。

お値段は2,160円。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:日本の四季を召し上がれ
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:フォーシーズンズ カカオジャーニー 4粒入
種類別名称:チョコレート菓子
原材料:砂糖、ココアバター、全粉乳、生クリーム、栗ペースト(栗、砂糖)、カカオマス、いちごピューレ(いちご、転化糖シロップ)、ライムピューレ、バター、洋酒、転化糖、キャラメルクリーム、ピスタチオ加工品(ピスタチオ、砂糖、水飴、植物油脂)、水飴、砂糖結合水飴、いちご顆粒、桜葉加工品、レモンの皮、植物油脂、練乳パウダー/着色料(黄4、二酸化チタン、金箔、赤3、青1、赤40、ビートレッド、青2、赤2)、乳化剤、香料、酸味料、安定剤(増粘多糖類)、ミョウバン、酸化防止剤(V.E、V.C)、(一部に乳成分・大豆・りんごを含む)
内容量:4粒
販売者:ゴディバ ジャパン(株)
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

人気ブログランキングへ にほんブログ村 スイーツブログ チョコレートへ

オー ドワ ド ジャン・バール;ドワ ド ジャン・バール

オー ドワ ド ジャン・バール(Aux Doigts de Jean Bart Patisserie)はベルギーとフランスの国境に近いダンケルクで1905年に創業。1958年に考案された「ドワ ド ジャン・バール」が大変評判を呼び、今では地方銘菓の顔として地元の方からも広く愛されているとか。現在は4代目のジャン=ダニエル・ヴァンドゥワル(Jean Daniel Vandewalle)氏が経営を引き継いでいます。今年、日本に初上陸のブランドです。

日本橋タカシマヤのアムール・デュ・ショコラ2020(Amour du Chocolat 2020)でドワ ド ジャン・バール(LE DOIGT DE JEAN BART )を買いました。ジャン・バールの指という意味です。薄いピンク色のリボンで飾られたパッケージは、ベージュ色を基調にした蓋身箱で、蓋にトリコーンをかぶりレイピアを振り上げるシルエットが入っています。

商品名に入っているジャン・バールとは、17世紀に活躍したダンケルク出身のフランス海軍大尉のことで、ルイ14世の元で活躍して名を馳せました。ダンケルクの街の中心部にはジャン・バール広場があり、シルエットの元になっている銅像が立っています。

中には二種類3本のブシェ(大型のボンボンショコラ)が入っています。おおよそ幅3×縦8センチの大きさです。商品説明によると「コーヒー風味のバタークリームをアーモンドとヘーゼルナッツ入りの生地で挟み、チョコレートでコーティングした風味豊かなチョコレート菓子」とのこと。チョコレートはヴァローナのクーベルチュールを使っています。

こちらはミルクチョコレートコーティング。表面にジャン・バール像のシルエットと商品名、創業地、創業年のプリントが施されています。

見た目からは想像もできないほどに柔らかな食べ心地です。断面を見れば一目瞭然。中身はコーヒー風味のバタークリームが大部分で、上下にダクワーズ生地が少しあるばかり。しかもクリームはホイップクリームのような柔らかさです。

ほとんどチョコレートのコーティングだけで形を保っているようなものでした。おかげで口に入れると体温ですっと溶けていきます。なんて繊細はお菓子なのでしょう。

もう一つはビターチョコレートのコーティング。ミルクチョコレートのコーティングと比べると、幾分固さがあります。

バタークリームが甘いので、私はよりさっぱりと食べられるビターチョコレートの方が好みでした。

アーモンドたっぷりの生地がシャキシャキと歯ごたえをもたらして、飽きさせない食べ応えです。
お値段は1,620円。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆☆☆
風味:☆☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:これはいくらでも食べられそう
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:ドワ ド ジャン・バール
種類別名称:洋菓子
原材料:砂糖、バター、粉糖、ココアバター、カカオマス、全卵、卵白、全粉乳、ヘーゼルナッツパウダー、皮付きアーモンドパウダー、転化糖、コーヒーエキス/乳化剤(大豆由来)、着色料(二酸化チタン、黄4、黄5)、香料
内容量:3個
原産国名:フランス
輸入者:(有)メルカート
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

人気ブログランキングへ にほんブログ村 スイーツブログ チョコレートへ
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

森のボンボン(12ピース)
価格:4860円(税込、送料別) (2020/11/14時点)


ベルナシオン;アヴリンヌ ノワールとアヴリンヌ レ

ベルナシオン(BERNACHON)は1953年、フランスのリヨンに創業した老舗パティスリーで、早くから Bean to Bar に取り組んできました。現在は3代目のフィリップ・ベルナシオン氏が活躍されています。昨年10月にパリにブティックを構えました。サロン・デュ・ショコラ東京では毎年変わらぬ人気で長い行列を作ります。

サロン・デュ・ショコラ東京2020でアヴリンヌ ノワールアヴリンヌ レを買いました。 商品説明によると「ジャンドゥージャの中に、ヘーゼルナッツとアーモンド。ノワールとレでそれぞれコート」とのこと。
アヴェリーヌはボンボンショコラやタブレットもあります。こちらはブシェです。2013年のサロン・デュ・ショコラ東京に出ていたパレ・アヴェリーヌの三分の二のサイズ感です。重さを計ってみたところ ノワールが 84.6g、レが 81.0g ありました。
パッケージはロゴ入りの透明な包み紙で、アヴェリーヌシリーズに共通する金と青の Aveline シールが貼られています。

ベルナシオン;アヴリンヌ ノワールとアヴリンヌ レ
ベルナシオン;アヴリンヌ ノワールとアヴリンヌ レ

アヴリンヌ ノワール(NOIR AVELINE)は62%ダークチョコレートの中にヘーゼルナッツのプラリネが入っています。

ベルナシオン;アヴリンヌ ノワール
ベルナシオン;アヴリンヌ ノワール

断面を見てみると、トッピングされている丸ままのナッツの他に、センターにも欠片がたっぷり入っています。まさにヘーゼルナッツ尽くし。

ベルナシオン;アヴリンヌ ノワール

開けた瞬間からとても良い香り。ナイフで一口サイズに切って頂きます。断面からもおわかりの通りヘーゼルナッツの香りが押し寄せてきます。コーティングのビターチョコレートがバランス良く調和していて、素晴らしい。ジャンドゥーヤのまろやかさでチョコレートの苦味が引き立ちます。濃厚な味に加えて、ブシェの食べ応えはさすがのベルナシオン。どういう食べ方を想定しているか、どの部分を感じてほしいのかが、とてもわかりやすい。広く愛されるのには理由があると、今年も納得させられました。
お値段は1,836円。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:圧倒的な食べ応え
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:ベルナシオン;アヴリンヌ ノワール
種類別名称:チョコレート
原材料:ジャンデュージャ(ヘーゼルナッツ、ブラックチョコレート、砂糖、食塩、バニラビーンズ、ココアバター、アーモンド)、ブラックチョコレート(カカオマス、砂糖、ココアバター、バニラビーンズ)、ヘーゼルナッツ、乳化剤(大豆由来)
内容量:1個
原産国名:フランス
輸入者:(株)センチュリートレーディングカンパニー
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

アヴリンヌ レ(NOIR LAIT)です。

ベルナシオン;アヴリンヌ レ
ベルナシオン;アヴリンヌ レ
ベルナシオン;アヴリンヌ レ
ベルナシオン;アヴリンヌ レ

ノワールの後に頂くと、ミルクのまろやかさと華やかさに新しく感動させられます。センターのジャンドゥーヤとコーティングのミルクチョコレートが一体となって、今度はヘーゼルナッツの味そのものが引き立ちます。
どちらが好みかと言われればノワールなのですが、この多幸感あふれるミルクフレーバーはきっと後を引いて、ふと思い出すことになりそう。
コーティングの違いでこうも印象が変わるのが面白い。どうしてもベルナシオンは割高感があるのでミルクを買うのは控えようかと思っていたのですが、イベントの勢いで両方買ってしまいました。おかげで味の比較が楽しめたのは満足です。
お値段は1,836円。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:ナッツがより感じられます
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:ベルナシオン;アヴリンヌ レ
種類別名称:チョコレート
原材料:ジャンデュージャ(ヘーゼルナッツ、ブラックチョコレート(カカオマス、砂糖、ココアバター、バニラビーンズ)、砂糖、食塩、バニラビーンズ、ココアバター、アーモンド)、ミルクチョコレート(カカオマス、砂糖、ココアバター、全粉乳、ヘーゼルナッツ、バニラビーンズ、食塩)、ヘーゼルナッツ、乳化剤(大豆由来)
内容量:1個
原産国名:フランス
輸入者:(株)センチュリートレーディングカンパニー
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

人気ブログランキングへ にほんブログ村 スイーツブログ チョコレートへ

おかしやうっちー:水ちょこ 8種

おかしやうっちーは北参道に2019年の開業したシェフ内山裕介氏が手掛けるパティスリー。洋菓子、和菓子などジャンルにこだわらず、「おかし=お菓子=可笑し」と掛けて自由に気軽に楽しいをテーマにしたお店です。予約者限定でイートインスペースも利用できます。

おかしやうっちー

おかしやうっちーの看板商品、水ちょこ 8種を頂きます。

パッケージは紙製の黒をベースにした蓋身式の貼箱。蓋に銀色でブランドロゴがデザインされています。

おかしやうっちー:水ちょこ 8種

箱を開くと、中に8種類の生チョコレートが入っています。
商品説明によると「生クリームを使わず、水とチョコレートで仕上げるお菓子です。余分な素材が入ってなく、水と合わせる事によりチョコレートをそのまま食べるより個性を120%感じる事ができます。非常に繊細なお菓子なので日に日に状態は変わっていきますので、よく冷やし賞味期限に関係なくお早めにお召し上がりください」とのこと。

おかしやうっちー:水ちょこ 8種

木製の小さなスプーンが商品に同封されていました。
摘んで食べたら何かと汚しそうですものね。心配りがうれしい。

おかしやうっちー:水ちょこ 8種

どのチョコレートも同じ形をしているので、その色合いでしか上下の区別がつきません。蓋のブランドロゴの向きを意識して、箱を開ける時には上下逆転させないように注意しましょう。
というのも、写真をあれこれ撮っているうちに私自身がわからなくなってしまったからです。左のドモーリがカカオ75%で右下がアマゾンカカオの100%だから、ひとまず色味が明るいものを左に置いて食べすすめることにしましたが、さて?

なおここに書かれている商品名は原材料のクーベルチュールの商品名であり、パーセンテージはこの生チョコのカカオ分ではないことに注意が必要です(だからといって乳脂肪や砂糖が多く含まれているわけではないので、固形分としては「ハイカカオチョコレート」なのかな?)。エクアドル産カカオが多めのラインナップなのは、ボディに厚みのあるフレーバーがこのレシピと相性がよいからなのでしょう。

同シリーズで食べ進めたいので、左端の一列の後に右に進む順番で頂きます。

ドモーリ(オリジナルブレンド)75% ブレンドは上段左端のものです。8種の中で最も色味が明るい一粒です。
箱の上下がわからないまま最も明るい一粒を軽く食べてみたら、ドモーリの75%にしては明らかに甘みが足りませんでした。上下が逆です。ひっくり返して改めて。

ドモーリ(オリジナルブレンド)75% ブレンドは上段左端のものです。8種の中で最も色味が暗い一粒です。
口に含んで瞬時に、最初の一口にふさわしいとすぐにわかりました。食べやすい甘さで香りも申し分なし。乳脂肪が含まれずとも十分にまろやかな口当たりで、苦味が心地よく広がります。これをテイスティングのベースにしなさいというシェフの導きです。なんという親切設計。

ドモーリ(シングー)70% ブラジル・アマゾンは下段左端のもので、比較的明るめの一粒です。
最初から最後までまろやかで上品な苦味が心地よく広がります。華やかでフローラルな香り、まろやかな苦味の中にあるタンニンの渋みが味わいのエッセンスとなっていて、鼻に抜ける金属的な冷たさを余韻としていつまでも楽しんでいられます。

パカリ(ホワイトカカオ)70% エクアドルは上段の左から二つ目のもの。ホワイトカカオなので断面が明るく、間違いようがありません。
こちらは随分と繊細なお味で、口当たりは軽く、余韻まですっきりとしています。チョコレートバーで際立つホワイトカカオの苦味の軽やかさは、水チョコではそれほど特徴にならない様子。

パカリ(アリバ)70% エクアドルは下段の左から二つ目。この中では色合いは暗め。
ブドウのようなタンニンを含む果実感に始まり、後にバナナやカシューナッツを連想させるより穏やかな酸味があります。華やかな香りと比較的穏やかな酸味がとても食べやすい。この箱の中でどれか一つと言われたら、私がおすすめしたいのはこちらです。

カオカ(ペパデオーロ)80% エクアドルは上段の左から三つ目のもの。
口に含んだ瞬間にタンニンが重厚に広がりました。赤ワインの香り、深紅のバラやビロードを連想させる渋みが力強い。水チョコにしたアリバはとても美味しいですね。少量でも存在感があります。このまま、お肉料理のソースに使いたいくらい。

ヴァローナ(トゥラカラム)75% ベリーズは下段の左から三つ目。
シナモンのようなスパイシーで甘い香りが心を揺さぶります。余韻に最後まで残るベリーの雰囲気も印象に残りました。存在感のあるペパデオーロの後では幾分控えめな心持ちですので、十分に舌を休ませてから召し上がれ。

エクアドルカカオ(Toshi Yoroizuka)80% 5分ローストは上段の右端のもの。8種の中で2番めに色味が明るい一粒です。
赤ワインのような華やかな香りが鼻に抜けます。水チョコにすることでフレッシュ感が増し、果実にかぶりついたかのような錯覚に陥りました。とても好みです。ボディに厚みがあってフルーツのような酸味があるチョコレートこそ、水チョコにすることで特徴が際立ちますね。

アマゾンカカオ(太田哲雄シェフ)100% ペルー・アマゾンは下段の右端のもの。
100%カカオのクーベルチュールで砂糖不使用ながら、この食べやすさは驚異的。穏やかな酸味、そして十分に厚いボディ。僅かな甘みを探って舌の感覚が鋭くなる分、芳香の広がりを感じました。余韻がいつまでも長く続きます。

今回初めて単体で乳脂肪分を使わないで作るガナッシュを頂きました。水分を多く含んでいるのでチョコレートの味がダイレクトに舌に広がるのが楽しかったし、風味が均一に広がるのでチョコレートバーと比べて細やかな香りまで感じ取りやすいと思いました。
チョコレートのテイスティングが好きな立場として、味の情報がピュアなのはとても魅力的。チョコレートバーでは噛み砕いて溶かした場合と舌の上でゆっくり溶かした場合とで、香りの立ち上がるスピードが変わるのですが、水チョコならそういう影響も少なそう。食べ方によるむらが出にくいので、テイスティング初心者へフレーバーの理解を促す際、水チョコというレシピを活用できるかも。
チョコレートバーより賞味期限や持ち歩きに不便がありますが、シングルオリジンの Bean to Bar が出回る時流に乗って、こういった水チョコも流行れば、よりチョコレートテイスティングの世界が広がるのではないかと、夢を感じました。

総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆
その他:すこぶるジューシー
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:水ちょこ 8種
原材料:水、ショコラ、砂糖、転化糖
製造者:おかしや うっちー
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

人気ブログランキングへ にほんブログ村 スイーツブログ チョコレートへ
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Domori Puertofino Criollo 70% Dark Chocolate 25gr
価格:1834円(税込、送料別) (2020/10/7時点)