読み物」カテゴリーアーカイブ

ユーゴ&ヴィクトール;ジョルジュ アマド

ユーゴ&ヴィクトール(Hugo & Victor)はシェフのユーグ・プジェ(Hugues Pouget)氏が幼馴染のプロデューサーとタッグを組んで、ユーゴ&ヴィクトールの名前でパリのセイブル・バビロン界隈に2010年の2月にショップをオープンしました。店名はもちろんフランスの文豪ヴィクトル・ユーゴー(Victor-Marie Hugo)が由来です。現在、本国フランスをはじめ、日本、韓国、ドバイに店舗を構え、世界中のファンを魅了しています。
日本には2011年のサロン・デュ・ショコラが初出展でした。

昨年末、日本橋髙島屋S.C.店に行きました。

ユーゴ アンド ヴィクトール 日本橋髙島屋S.C.店
ユーゴ アンド ヴィクトール 日本橋髙島屋S.C.店

カフェメニューから、スペシャリテのジョルジュ アマド(Jorge Amado)を頂きました。

HUGO & VICTOR Pâtisserie  Jorge Amado
HUGO & VICTOR Pâtisserie Jorge Amado

ビターチョコレートでコーティングされたケーキで、ココアパウダーがまぶされたチョコレートスティックにキャラメリゼされた大きなペカンナッツとロゴ入りのホワイトチョコレートのメタルがトッピングされています。中にもペカンナッツの砕かれたものがたっぷりと入っていて、バニラのムースとチョコレートのムースがそれを包んでいます。
上質なチョコレートの美味しさはもちろん、ムースの滑らかな舌触りと贅沢なほどのナッツの歯ごたえのコントラストが楽しめます。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 スイーツブログ チョコレートへ

お値段はコーヒセットにして1,300円。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:大変くつろげました


ここから先はチョコレートではなく、ケーキの名前の元になった作家ジョルジェ・アマードの話。

続きを読む

【有料】おいしさを記述する

おいしさを記述する際、CMSの特性上、検索性に乏しく情報が刹那的に消費されるSNSには感情的、嗜好的、詩的な表現が目的に向いています。一方、ブログはWeb検索との相性がよくデータベースとしても使えるため近年もっぱら分析的な表現をしています。

一口食べると心に花が咲くような優美なチョコレートの世界に、どうして分析的な表現を持ち込んだかというと、これは私が分析畑の人間だからとしか言いようがなく、かくしてチョコレートのおいしさについて書いている割に堅苦しい記事が積み重なって今に至ります。

唐突にこんな文章で始まったのは、このところビーントゥバー(Bean to bar)界隈のクラフトチョコレートについて商品紹介を書きあぐねているから。パッケージやモールドにこだわりを見せるブランドもありますが、彼らが最も重視しているのは、カカオの品質とそのポテンシャルを如何に引き出すかに尽きるわけです。であるならば味についてより細かく記述したいと思うのですが、官能評価をどこまで定型化するべきかを考えるとキーボードを叩いていた指がBackspaceに向かってばかり。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

【有料】おいしいチョコレートってどんなもの?

このブログでは頻繁においしいという言葉が出てきます。なんなら二言目には「おいしい」と書いています。しかたがありません、おいしいと思ったチョコレートのことしか書いていませんから。

おいしいにも強弱があって「ん、食べられる。おいしい」「普通においしい」なんてものから、「すごくおいしい」「おいしくて目が覚めた」「感動で無言になるほどおいしい」「今すぐここを出て岸壁まで走って『オイシー!』と叫びたい」と、その感情の振幅は様々です。このブログではいちいち書きませんが。

じゃ、おいしいチョコレートってどんなものだろう?そもそもおいしいってどういうこと?今回は、そんな話を取り上げたいと思います。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

【有料】世界で一番おいしいチョコレート

チョコレートのことをブログに書いてると人に言うと、よく聞かれます。

「どのチョコレートが一番おいしい?」

大抵、その時々で心のままに答えているけど、質問者にとっては手にしづらい商品だったりすることが多いようで、たまには「えっ?そんなに高いの?」なんて反応もあります。

年初から3月にかけての日本でチョコレートが最も売れるシーズンには、たくさん人が世界一美味しいチョコレートを求めて催事場に赴きます。テレビ、グルメ情報サイト、SNS、雑誌とあらゆる媒体に目を走らせ、珍しくて新しくて美味しくて、みんなが羨むような特別なチョコレートを探し求めます。私も熱病のようにチョコレート・フィーバーを患ったまま、ただでさえ忙しい年度末を駆け回ります。

そんな時、もしあなたが世界で一番おいしいチョコレートのクチコミを探していると知ったら、私はそんな無駄なことはやめたら?と忠告してしまうかもしれません。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について