スポンサーリンク
スポンサーリンク

サロン・デュ・ショコラ東京2024 Part 3

商品

日本での開催は22回目のサロン・デュ・ショコラ東京です。Part 1Part 2に引き続き、Part 3も一般会期初日に行ってきました。テーマは THE NEXT ~ショコラの多様性~です。世界と日本で躍動するシェフたちのチョコレートが集まります。

Part 3 は入場整理券の抽選に外れたので、平日午後に行きました。伊勢丹6階催事場で配布されている整理券を貰います。QRコードで待機人数を見たところ私の前に300人ほど。約45分待って入場が叶いました。

平日とは思えないほど催事場は大変な賑わい。午後なので、あちこちのブランドで商品の売り切れが目立っていました。絶対欲しいってものがある場合、午前中の先行入場の抽選に外れたら購入は相当難しそう。雪で配送遅れの影響もあったのかな。

一方、イートインは意外と空いていて、待ち時間なく入れそうなお店が多かった印象です。既にお腹いっぱいだったこともあり、全く食指が動かなかったのは残念です。どうやら、お酒とのペアリングも多そうでした。私みたいな下戸は端から論外だとしても、平日の昼じゃあまり進みそうにないと思うのだけれど、実際はどうなんでしょうね。

三越伊勢丹ラジオショコラのオリジナルステッカーがもらえるマシンが設置されていました。QRコードを読み取った先に書いてある数字4桁の暗証番号をマシンに入力すると、番組特製のカードが出てきます。

イカ・チョコレートのショコラティエール、コーエン氏が撮影に応じてくださいました。日本語との奇妙な偶然で、ブランド名が函館市あたりで売られていそうな物を連想してしまうのですが、今年はその名もイカニャンコというユニークなキャラクターを伴って来日してくださいました。完全に日本人がターゲットですね(笑)

ロン ポワンのショーウィンドウです。きれいなボンボンショコラに惹かれて立ち寄りました。前々からお店に伺いたいと思いつつも、新宿から先になかなか足が向かない東の民。こうした機会に購入できるのはとても嬉しいこと。

販売スタッフさんが丁寧に応対してくださり、商品がさらに魅力的に見えました。


街を歩けばどこもかしこもチョコレートな季節。伊勢丹のサロン・デュ・ショコラ以外にも各地の百貨店でバレンタインデーまでチョコレートイベントが開催されています。例年ならば、サロン・デュ・ショコラが終わった後、(予算の見込みがついて)一旦落ち着いたところで向かうイベントでしたが、今回はちょっと勝手が違いました。

東京大丸店のショコラプロムナード2024。

日本橋高島屋のタカシマヤ アムール・デュ・ショコラ2024。

銀座松屋の Ginza Valentine World。

今年はなぜか和菓子イベントにも行ったせいで、お菓子の収納棚がチョコ以外でも溢れかえりました。

そろそろ買い控えなきゃ、食べるペースも書くペースも追いつかない。そもそもイベント期間が長すぎるー。


今年、バレンタインデー前だというのにとっくに購入意欲が削がれ気味。繁忙期と重なったのだけが理由ではなく、伊勢丹が今までになく長いイベント期間を設けたせいです。他の催事で購入したこともあって、正直 part 3 に行くのをためらったくらい。間延びしすぎて集中力が持ちませんでした。

愚痴っぽくなりましたが、そもそも抽選するくらいですから厳しい条件だとしても内容は購買層を十分に満たしているわけです。となれば、私がターゲットから外れてきただけって事実と向き合って、そろそろサロショからは引退の時期かも。来年また似た構成になったとしたら、内容を見てもう少しメリハリつけて楽しみたいと思います。

スポンサーリンク
商品
lovechocoをフォローする
Love Choco

コメント

タイトルとURLをコピーしました