和光;コクリコ

和光(WAKO Chocolate)は、銀座のランドマークとして知られる和光本館。その隣に建つ和光アネックス内に、日本のハイブランドチョコレートの先駆けである和光のチョコレートショップがあります。煌めくような眩い店内には常時30種ほどのスイーツが揃います。

通販で日本橋三越本店限定販売品のコクリコを買いました。

梱包を開けたら、こんなにも可愛らしいヒナゲシのデザインが入ったハンドバッグ型のケースが現れました。感嘆のため息しか出ません。

チョコレートでこれほど素敵なパッケージは滅多にありません。手に持って、いろんな角度から眺めてはため息の繰り返し。
私がどれほど感動したか、伝わるとうれしいのですが。

赤いリボンに飾られたパッケージは、蓋身一体型の化粧箱です。蓋の中央にブランドロゴが金色で描かれていて、大変気品あふれるデザインです。手にした時の質感も開閉の締まりの良さも全てにおいて気持ちがよいのはもちろんでしたし、箱の裏の食品表示シールが一切箱を傷めることなくスルスルと取れたのには感謝の気持ちが自然とあふれました。

商品説明によると「ポピーの一種であるヒナゲシの風味を生かした、ショコラ・フレの詰め合わせ。バニラ、フランボワーズ、エスプレッソの3種入り。ヒナゲシの花言葉は『感謝』なので、お礼として贈るのにもおすすめ」とのこと。

中には商品の説明が書かれたリーフレットと、3種類5個のボンボンショコラが入っています。お花の模様に光沢のあるパウダーがまぶされたボンボンショコラです。

並んだ姿の可愛らしいこと。食べるのが勿体ないとは、まさにこのチョコレートのことを言うのではないでしょうか。

フランボワーズは赤紫色のパウダーで色付けされた、大きなボンボンショコラです。一口で食べたら幸せな香りに包まれるのはもちろん、好奇心にかられて中身を確認するために半分に切ったとしても、このサイズなら十分に楽しめそう。

ココナッツのような香りを伴うビターチョコレートのコーティングの中に軽くフランボワーズの香りを付けたガナッシュが入っています。口の中で溶けると、パウダリーでフローラルな香りの中から赤い酸味が顔を覗かせて、頬をキュッと刺激しました。フランボワーズはとても控えめに香ります。たおやかな茎に支えられて赤いヒナゲシが僅かな風にゆらゆらと揺れるような、儚げなきらめきです。やや舌触りにざらつきが残りますが、パウダリーな香りの中で違和感はありません。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆
風味:☆☆☆
その他:赤い酸味が儚げ

エスプレッソは金色のパウダーで色付けされた、大きなボンボンショコラです。

ミルクチョコレートのコーティングの中にコーヒーの香りのガナッシュと細かく砕いたフィヤンティーヌが入っています。噛むとフィヤンティーヌがザクザクと楽しい歯ごたえをもたらし、ミルクの甘い香りと鮮明なエスプレッソの苦味が同時に広がりました。余韻にもエスプレッソの苦味が残るのは珍しい。大人向きのミルクチョコレートですね。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆☆☆
甘味:☆☆☆☆
風味:☆☆☆
その他:かなり苦め

バニラは銀色のパウダーで色付けされた、大きなボンボンショコラです。

ココナッツのような香りを伴うビターチョコレートのコーティングの中に、軽めにバニラの香りを付けたガナッシュが入っています。フローラルなチョコレートの香りの後、センターが溶け出すと口の中にバニラの香りがやや苦味を伴って広がりました。キャラメルのようなまろやかさ。やや舌触りにざらつきが残ります。余韻にまで長く甘い香りが残りました。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆☆
その他:パウダリーなチョコレート

お値段は2,916円
総合点:☆☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆☆
値段:☆☆☆☆
その他:さすが和光としか言いようがありません
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:コクリコ
種類別名称:チョコレート菓子
原材料:砂糖、カカオマス、ヘーゼルナッツ、カカオバター、ラズベリー、生クリーム、バター、転化糖、全粉乳、小麦粉、コーヒー、果糖ぶどう糖液糖、ショートニング、脱脂粉乳、バニラエキス、モルトエキス、植物油脂、食塩、バニラ、デキストリン/香料、乳化剤(大豆由来)、着色料(二酸化チタン)
内容量:5個
製造者:(株)グルメ和光
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

人気ブログランキングへ にほんブログ村 スイーツブログ チョコレートへ
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

最高級おみたまプリン 陶器2個入(冬季限定)
価格:10000円(税込、送料別) (2021/11/22時点)


カーサ・ドン・プリージ;モディカチョコ ザクロ

イタリアのカーサ・ドン・プリージ(Casa don puglisi)はモディカチョコレートブランドです。子供や弱者の救済に人生を捧げたことでマフィアに殺されたプリージ神父を崇敬して、その名が付けられました。

松屋銀座 GINZA VALENTINE WORLD の通販でモディカチョコ ザクロ(Cioccolato Modicano alla Melagrana)を買いました。

商品説明によると「メキシコ産とコロンビア産の上質な クリオロ種カカオを使用し、地元の女性達が手作業で作っています。 特にフルーツ系が得なブランド。 ジャリジャリとした特徴的な食感とシチリア特産物のザクロが贅沢な味わい」とのこと。

見て分かる通り、大変分厚いタブレットです。12mmありました。ちょうどよい一欠を得るにはナイフがないと難しい。とはいえ、カカオも砂糖も粗い物が固められているので、歯が折れるようなものではありません。
黒砂糖を噛むようなゴソッとした食感です。ほんのり甘くてフルーティ。チョコレート不均一な結晶の粒がリズムのある味をもたらします。原材料を見るとザクロは入っていません。どうやら香料による清涼感のようですが、とてもよい香りがして気に入りました。大きさの割に口当たりが軽いので、次々と食べてしまいます。
お値段は951円
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:とても食べやすい味でした
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:モディカチョコ ザクロ
種類別名称:チョコレート
原材料:カカオマス、砂糖、香料
内容量:100g
原産国:イタリア
輸入者:アイステップ(株)
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

人気ブログランキングへ にほんブログ村 スイーツブログ チョコレートへ

クリオロ;ビジュセット

クリオロ(CRIOLLO)はサントス・アントワーヌ(Antoine Santos)氏が手掛けるパティスリー。“時代に合った美味しいもので幸せに”という考えのもと、フランスで培ったセンスに日本独特の繊細さを織り交ぜた独自のスイーツを展開しています。
サントス・アントワーヌ氏は「世界パティスリー2009」で最優秀味覚賞を受賞。サロン・デュ・ショコラ・パリで2017年初出品で初受賞(アワード、金賞)、2018年にも金賞を獲得、2019年には「世界のベスト・オブ・ベスト ショコラティエ100」に選出されました。世界的にも高い評価を得るシェフとして様々なメディアや雑誌にも取り上げられています。

松屋の通販でビジュセットを買いました。パッケージはラメの入った焦げ茶色の蓋身式化粧箱で茶色のリボンがかけられています。色からしてとってもチョコレート気分を盛り上げてくれます。

箱を開けると、説明書ときれいなボンボンショコラが5種類入っていました。商品説明によると「Bijou(宝石)という名にふさわしい、珠玉の 5 粒。2017年サロンデュショコラパリでアワードを受賞したチョコレート2種も入ったセットです。サントスシェフが作るチョコレートは、コーティングが薄く、中のガナッシュは驚くほど口どけなめらか。とろけるショコラの中にしっかりとフランボワーズの果実味が感じられるフランボワーズ、オリジナルティーと生姜を使ったチャイなど、素材を活かした味わいをご堪能ください」とのこと。

プレーン(Plane)は縦に点線が入ったボンボンショコラ。商品説明によると「チョコレート本来のフルーティーで豊かな味わいが楽しめるプレーンタイプのショコラ。滑らかな口どけが際立つ、こだわりの一粒」とのこと。

とてもきれいなボンボンショコラです。形も光沢も模様も美しく丹精です。薄いコーティングの中には滑らかなビターチョコレートのガナッシュ。舌の上で溶けたガナッシュが上質な苦味を広げます。官能的なまでに滑らかな溶け心地。まろやかで上品です。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆
風味:☆☆☆
その他:無垢

フランボワーズ(Framboise)は赤いパウダーがまぶされたボンボンショコラ。商品説明によると「滑らかにとろけるショコラの中にしっかりとフランボワーズ(ラズベリー)の果実味を感じられる一粒」とのこと。

薄いコーティングの中はラズベリーの香りが詰まったガナッシュ。口に含むとミルクチョコレートの香りをじわりと突き破って赤い酸味が顔を出し、そのうち大きな流れとなって押し寄せてきます。ラズベリーの鮮やかな香りをチョコレートの甘味とすっきりとした苦味が支えています。まさにルックス通りの味。滑らかな口溶けは申し分なく、余韻に赤い酸味がまるで残像のように続きます。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆☆
その他:口をリセットするのが惜しいくらい

ニルヴァナ(Nirvaba)は斜めにラインが入ったボンボンショコラ。ブラックベリー入り。商品説明によると「世界大会で優勝したブラックベリーティーとブラックベリーを使った華やかな味わいのチョコレートケーキを再現しました」とのこと。

薄いコーティングの中にはブラックベリーの香りのガナッシュ。上質なチョコレートの香りからフローラルで香りが滲み出してきます。ブラックベリーの香り高い酸味が鼻に抜け、生クリームとブラックベリーティーのふくよかさと渋味が溶け合い優美な香りをもたらします。滑らかな口溶け。余韻はベリーの柔らかい酸味がゆるやかなシルエットを形作ります。
総合点:☆☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆☆☆
甘味:☆☆
風味:☆☆☆☆
その他:あー、これは美味いわ

チャイ(Chai)は片隅に斑点が入った細長いボンボンショコラ。商品説明によると「神戸クリオロ・カフェのオリジナルティー(カルダモン、シナモンなどのスパイス入り)と新鮮な生姜を使ったエキゾチックなショコラ」とのこと。

薄いコーティングの中にはチャイの香りが詰まったガナッシュ。ミルクチョコレートの甘い香りにシナモンの清涼感。ショウガ由来かな?柑橘のようなピリッとした刺激が喉で感じられます。鼻にアニスも香るような気がします。フローラルでシルキーな香りが余韻まで長く続きます。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆
苦味:☆☆
甘味:☆☆☆☆
風味:☆☆☆☆☆
その他:神戸のカフェでチャイも飲みたい

プラリネ・アマンド・ノワゼット(Praliné Amande Noisette)は波線が書かれた細長いボンボンショコラ。商品説明によると「とろけるショコラと、自家製のヘーゼルナッツとアーモンドのプラリネ、感想クレープのサクサクとした食感が楽しい一粒」とのこと。

このセットで唯一のプラリネです。コーティングのビターチョコレートの香りの中からプラリネの柔らかい苦味と芳しさが広がります。滑らかな口溶けとサクサクと小気味好い食感。薄いフィアンティーヌが入っているようです。軽い清涼感を伴ってプラリネが喉に落ちていくのが切ない。フィアンティーヌが口を軽く整えてしまい、余韻にはナッツの香ばしさが控えめに残りました。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆☆
その他:プラリネも実に上品

お値段は1,890円
総合点:☆☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆
値段:☆☆☆☆
その他:もっと食べたい
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:ビジュセット
種類別名称:チョコレート
原材料:チョコレート(フランス製造)、生クリーム、砂糖、アーモンド、ヘーゼルナッツ、水飴、バター、フランボワーズピューレ、カカオバター、牛乳、乾燥クレープ(小麦を含む)、ブドウ糖、洋酒、紅茶、生姜、カカオマス、フランボワーズパウダー、シナモンパウダー、生姜パウダー/甘味料(ソルビトール)、乳化剤(大豆由来)、ゲル化剤(ペクチン:リンゴ由来)、香料
内容量:5個
製造者:エコール・クリオロ(株)
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

人気ブログランキングへ にほんブログ村 スイーツブログ チョコレートへ

ジェローム ドゥ オリヴェラ;ショコラ アソート アグリュム

ジェローム ドゥ オリヴェラ(Jerome De Oliveira)は2007年にル・モンディアル・デ・ザール・シュクレで栄冠に輝き、2009年に23歳でクープ・ド・モンド優勝。5年間「プラザ・アテネ」のスーシェフを務めたのち独立。現在ルレ・デセール会員。コート・ダ・ジュールらしいショコラで人気を集めカンヌに2店舗を構えています。特徴的なしずく型のチョコレートが目を引きます。

サロン・デュ・ショコラの通販でショコラ アソート アグリュム(BALLOTIN ADDICTION “TERRE D’AGRUMES”)を買いました。パッケージは円形蓋身式化粧箱。柑橘の輪切りを意匠したデザインで、ベースの紙質と合わさってクラフト感があります。ただし、シールが歪んで貼られてたり、その下の絵が顔を出してたりするのは望んでいない手作り感ですけどね。

ジェローム ドゥ オリヴェラ;ショコラ アソート アグリュム
ジェローム ドゥ オリヴェラ;ショコラ アソート アグリュム

中にはしずく型をしたボンボンショコラが8種類。
商品説明によると「ジェローム氏が大好きな柑橘のショコラをアソートしまました。中でもベルガモットとユズ、マンダリンは大好きと語るジェローム氏。そのほかカラマンシーやブラッドオレンジなど全8種の柑橘バラエティ」とのこと。

ジェローム ドゥ オリヴェラ;ショコラ アソート アグリュム
ジェローム ドゥ オリヴェラ;ショコラ アソート アグリュム

8種類のボンボンショコラを一つずつ詳細に見ていきましょう。

黄色に塗られたビターチョコレートのボンボンショコラです。

センターにはとろっと流れ出るユズのソースが入っています。シルキーなビターチョコレートの苦味の中からユズの爽やかな香りと透明感のある酸味が顔を出しました。しずくの形をしたボンボンショコラにとろけるようなソースが見た目どおりの印象で、なるほどなと納得してしまいました。

茶色に塗られたミルクチョコレートのボンボンショコラです。

センターにはオレンジの香りが詰まったプラリネが入っています。歯を立てると波打つビロードのようにゆるりとオレンジの香りが立ち上がります。ミルクチョコレートがまろやかな香りで包み込もうにも、濃厚なオレンジの香りがそれを突き破って鼻をくすぐるのでした。プラリネを作るキャラメルが奥歯にミシミシと音を立てるのが小気味好い。

黄色に塗られたビターチョコレートのボンボンショコラです。

中にはオレンジの香りがするキャラメルソースが入っていました。柔らかい酸味なので原材料から推測するにマンダリンオレンジでしょう。ビターチョコレートの上質な苦味に支えられて、甘いキャラメルが心地よく広がります。甘めのフィリングなのに、コーティングとのバランスがとてもよくて後味がすっきりとしています。美味しい。

オレンジ色に塗られたミルクチョコレートのボンボンショコラです。

中には甘いオレンジの香りがするキャラメルソースが入っていました。これがブラッドオレンジかな。ミルクチョコレートのまろやかさに包まれて、甘いキャラメルソースが広がります。ミルクチョコレートでキャラメルソースの組み合わせでも、コーヒーを用意しなくてもよいレベルに甘さが抑えられていて、後味もすっきりとしています。

緑色に塗られたビターチョコレートのボンボンショコラです。

見た目からしてライムです。センターにライムの香りがするプラリネが入っています。ビターチョコレートの軽い苦味に支えられてライムの爽やかさとナッツのまろやかさを広げながら、プラリネがミシミシと音を立てるのが小気味好い。プラリネからシナモンのようなシルキーな風味も感じられます。

黄緑色に塗られたミルクチョコレートのボンボンショコラです。

センターにはベルガモットのソースが入っています。小さいから、それほど後を引かないけれど、これが一番甘めです。順に食べ進めている間に甘さ控えめな印象を抱いていたので、すっかり油断していました。

ビターチョコレートのボンボンショコラです。白を着色したのかもしれませんが、発色が悪いのでよくわかりません。

センターにはカラマンシーの香りがするソースが入っています。一瞬金柑に似た香りがします。ビターチョコレートの上品な苦味に清々しさを与えています。すっきりとして、これならば何個でも食べられるといった印象を抱きます。お値段的にどだい無理な話ですけども。

黄色に塗られたミルクチョコレートのボンボンショコラです。

中にはレモンの香りがするキャラメルソースが入っていました。ミルクチョコレートのまろやかな香りに、レモンの透明感ある酸味が輝きます。

お値段は4,968円
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆
値段:☆☆
その他:その人気に納得
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:ショコラ アソート アグリュム
種類別名称:チョコレート菓子
原材料:ミルクチョコレート(ココアバター、全粉乳、砂糖、カカオ豆)、砂糖、ブラックチョコレート(カカオペースト、ココアバター、砂糖)、アーモンド、生クリーム、ブドウ糖、バター、ブラッドオレンジ、ベルガモット、ホワイトチョコレートゆず風味(砂糖、ココアバター、マルトデキストリン、ゆず果汁)、マンダリンオレンジ、レモン、カラマンシ、ココアバター、転化糖、バター、ゆず、全粉乳、ショ糖、オレンジ、食塩、ライム、ホワイトチョコレート(ココアバター、全粉乳、砂糖)/甘味料(D-ソルビトール)、ゲル化剤(ペクチン:リンゴ由来)、乳化剤(大豆由来)、香料、着色料(ベニバナ、スピルリナ、野菜色素、青1)、(一部に小麦・乳成分を含む)
内容量:8個
原産国:フランス
輸入者:(株)センチュリートレーディングカンパニー
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

人気ブログランキングへ にほんブログ村 スイーツブログ チョコレートへ