チョコレコ;カラフル

さいたま市に工房があるチョコレコ(ChocoReco)はショコラティエ狩野玲子氏が手がけるローチョコレートブランドです。

チョコレコのローチョコレートは、エクアドル産有機カカオをメインに、様々な産地のカカオ豆を使い分け、甘味料は低GI値の有機ヤシ糖を使用し、 乳製品・保存料・乳液剤は一切使用していません。
有機フェアトレードのKAOKA社のローカカオを厳選した素材と45℃以下で混ぜ合わせ、湿度や気温により微調整しながらのテンパリング、そして一つ一つ手作業でモールドに流し入れて作っているそうです。

オンラインショップでカラフル(Colorful)を買いました。中央にブランドロゴが入っています。透明のパッケージなので、中のチョコレートがよく見えます。
チョコレコ;カラフル

中身は名前のとおりカラフルなチョコレートバー。カカオポッド(カカオの実)をモチーフにした造形にピンクやベージュが混ざり合い、とてもきれいな色合いです。商品説明によると「ほんのり甘い76%ビターチョコのラズベリー味で程よい酸味も感じられるローチョコレートです。表面の色づけは、ラズベリーとスーパーフードとして知られるブルーグリーンアルジーのパウダーを使用しております。ドライいちじくのぷちぷち感、アーモンドの歯ごたえ、ドライマンゴーのフルーティーさもあり、ひとつで何倍も楽しめるタブレットタイプのチョコレート」だそうです。
チョコレコ;カラフル

裏にはドライフルーツが覗いています。マンゴーとイチジクとアーモンドですね。
チョコレコ;カラフル
力強いカカオの香りが広がります。カカオ豆を焙煎していないので、カカオ本来のナッツの香りがより強く感じられます。甘さが控えめで、よりカカオのフレーバーを楽しめます。コンチングマシーンを使わない製法なので、当然ながら舌触りがよくありません。しかし、不均一なチョコレートの粒を噛むせいか、かえって香りの立ち上がりがいいようです。もちろん好き嫌いがあるとは思いますが。チョコレートバーを触ると手に脂分を感じます。カカオバターの量が多めなのでしょうか。低温で作るというのは、物性にもいろいろと違いがでるものなんですね。
お値段は1,500円。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆
風味:☆☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:きれいなチョコレートバー
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:Corlorful -カラフル- ビター76% マンゴーいちじくアーモンド
種類別名称:チョコレート
原材料:カカオバター、カカオパウダー、パームシュガー、マンゴー、いちじく、生カシューナッツ、アーモンド、ラズベリーパウダー、ブルーグリーンアルジー、塩
内容量:1枚
製造者:Rew Bliss 狩野玲子
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

チョコレコ;カラフル」への2件のフィードバック

  1. エルザ

    ローチョコでこのタイプは、はじめて知りました。フルーツたっぷりで美味しそう!

  2. lovechoco 投稿作成者

    ローチョコレートは味が独特です。チョコレート自体にナッツ感が感じられるので、もちろんアーモンドとかともよく合います。こちら、とても気に入りました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください