ベルギーのチョコレート」タグアーカイブ

ヴィタメール;ショコラ サンバとショコラ ノワゼット

仕事帰り、ミスタードーナツにヴィタメールコレクションを買いに行きましたが、ショコラ サンバが売り切れでした。皆様、グラサージュのきらめきには弱いようです。4種類全部食べたかったのになあ。

そんな気持ちを抱えて、大丸東京店のヴィタメールに行ってお買い物。店頭にはミスタードーナツのモチーフになったことを示すリーフレットがフォトフレームで提示してありました。

せっかくだからミスタードーナツ ヴィタメールコレクションの元になった4商品を全部購入しました。
ヴィタメールの店員さんがとても丁寧に応対してくださったのが印象的でした。
帰宅途中で斜めになったりもしましたが、ケーキの固定が万全だったおかげできれいな状態で持ち帰ることが出来ました。

今回は2種類のケーキを紹介します。ショコラ サンバとショコラ ノワゼットです。

ショコラ サンバです。円柱型のプティガトーで、ストライプのスポンジにチョコレートムース、表面のつややかなグラサージュにホワイトチョコレートで曲線が踊ります。

商品説明によると「1986年、ルレ・デセール協会のチョコレートトロフィーを受賞したヴィタメールの代表作。ほろ苦いビターチョコレートムースでミルクチョコレートムースを包みました。」とのこと。

側面を眺めてみましょう。土台となるスポンジのストライプは細長いチョコレートの薄板を貼り付けて作られています。その上に、ミルクチョコレートのムース層が乗せられ、表面にたっぷりとビターチョコレートのグラサージュが掛けられています。

表面のグラサージュからチョコレートムース、スポンジまでフォークが抵抗なく入ります。断面の写真はないのですが、スポンジは意外にも薄く丸めてあるだけです。チョコレートスポンジが敷かれて底になり、その上にチョコレート風味のホイップクリームが詰められていました。見事なまでにチョコレート尽くし。甘くて熱狂的なチョコレートに心ゆくまで浸れます。
お値段は594円。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆☆☆
風味:☆☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:チョコレートを堪能したい時にぜひ

ショコラ ノワゼットは直方体のプティガトーで、パウダリーなミルクチョコレートのクリームが波打ったデザインです。ヴィタメールの名が入ったチョコレートプレートが飾られています。

商品説明によると「チョコレートムースと香り豊かなヘーゼルナッツのスポンジを重ねました。繊細なチョコレートムースの口どけを堪能できます」とのこと。

断面です。底にビスケットの層があり、その上にヘーゼルナッツのスポンジとチョコレートムースが段々に重なっているのですが、ムースがかぶさって二段目のスポンジが見ずらくなってしまいました。

口当たり滑らかなミルクチョコレートのクリームとムースに、シャクシャクとナッツの繊維質な食感があるスポンジ、底にチョコレートソースと歯ごたえのあるキャラメルの香ばしさが響くビスケット台が敷かれています。ひとすくい毎に変わる不均質なおいしさが楽しくて、スムーズに食べ進んでしまうのが恐ろしい。決して大食いではない私でも、このケーキならホールで食べられちゃうんじゃないかと思いました。
ミスドコラボの商品でグラハム入りのヘーゼルナッツクリームを使っていたのは、シャキシャキしたナッツの食感を表したかったのだと合点がいきました。
お値段は627円。
総合点:☆☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:食べやすくて怖い

人気ブログランキングへ にほんブログ村 スイーツブログ チョコレートへ

チョコレートライン;チョコハーブ その2

チョコレートライン(The Chocolate Line)はベルギーのブルージュとアントワープにブティックを構えるショコラトリー。ドミニク・ペルソーヌ(Dominique Persoone)氏は「世界の5大ショコラティエ」として、2010 年フランスの雑誌エスプリに紹介されて注目を集めました。メキシコのユカタン半島にカカオ農園を所有し、品種の保存や育成にも尽力。WE CARE というアマゾンの希少動物の保護やカカオ生産地域への支援活動もしています。

サロン・デュ・ショコラの通販でチョコハーブ(ChocHerbs Collection)を購入しました。金色の化粧箱紫色にヒョウ柄が弥が上にも目を引きます。

箱は観音開きになるように内蓋が付いています。中にはひょうたん型をした色とりどりのボンボンショコラが9種類。商品説明によると「カカオ農園の植物たちと。チョコレートと相性の良いスパイスやハーブを使ったボンボン9種。メキシコ感満載の陽気でカラフルなアートチョコに仕上げました」とのこと。

前記事の続きとして、残りの4個をご紹介します。

ハイビスカス(HIBISCUS)は、ハイビスカスのガナッシュ入り。

コーティングはミルクチョコレート。センターにはハイビスカスのガナッシュが入っています。上質なチョコレートにハイビスカスのフローラルな香りとほんの少しの酸味が心地よい。余韻まで優しくて、上質なお茶を頂いたような気分にさせてくれます。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆
苦味:☆☆
甘味:☆☆
風味:☆☆☆
その他:上品な香りにうっとり

オールスパイス(ALL SPICE)はオールスパイスとジンジャーブレッド入りのアーモンドプラリネ。

コーティングはビターチョコレート。センターにはプラリネが入っています。ビターチョコレートの穏やかな苦味に、プラリネのまろやかさ。ジンジャーブレッドによるサクサクとした歯ごたえ、シナモンのような華やかさを伴って、ショウガの辛みと清涼感。余韻にスパイスの心地よさが長く続きます。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆
風味:☆☆☆
その他:食感にも工夫がみられます

キーライム(KEYLIME)は、キーライムのミルクチョコレートガナッシュ。

コーティングはビターチョコレート。センターにはメキシカンライムの香りが詰まったガナッシュが入っています。思ったよりもライムの酸味は控えめでした。ビターチョコレートの上質な香りの後味にわずかに酸味が感じられる程度。余韻としても最後の方にほんのりと酸味が効いてくるのが面白く思いました。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆
風味:☆☆☆
その他:余韻に響くのが面白い

ピンクペッパー(PINK PEPPERCORN)は、ピンクペッパーのガナッシュ入り。

コーティングはミルクチョコレート。センターにはピンクペッパーの香りが詰まったガナッシュが入っています。カカオ分高めのミルクチョコレートの中から、フローラルな香りのガナッシュが広がります。キャラメルのような甘みを楽しんだ後、余韻にほんのりペッパーの辛みが広がります。まるで香水の残り香のよう。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆☆☆
甘味:☆☆
風味:☆☆☆
その他:香辛料の使い方が美味い

お値段は3,888円
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆
値段:☆☆☆☆
その他:びっくり箱のような面白さ
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:チョコハーブ
種類別名称:チョコレート
原材料:砂糖、ココアバター、全粉乳、カカオマス、ヘーゼルナッツ、アーモンド、ペカンナッツ、くるみ、バナナ、パッションフルーツ、クリーム、ブドウ糖、あんず、転化糖、米粉、ビスケット(小麦粉、砂糖、植物油脂、大豆粉、転化糖シロップ)、紅茶、シナモン、ライム、チリペッパー、クローブ、カルダモン、ハイビスカス、オールスパイス、キーライム、ピンクペッパー、食塩、ハチミツ/乳化剤(大豆由来)、香料、ソルビトール、ビタミンC、ゲル化剤(ペクチン)、膨張剤、着色料(黄4号、黄5号、赤102号、青1号、青2号、二酸化チタン)
内容量:9個
原産国:ベルギー
輸入者:デシーマジャパン(株)
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

人気ブログランキングへ にほんブログ村 スイーツブログ チョコレートへ

チョコレートライン;チョコハーブ その1

チョコレートライン(The Chocolate Line)はベルギーのブルージュとアントワープにブティックを構えるショコラトリー。ドミニク・ペルソーヌ(Dominique Persoone)氏は「世界の5大ショコラティエ」として、2010 年フランスの雑誌エスプリに紹介されて注目を集めました。メキシコのユカタン半島にカカオ農園を所有し、品種の保存や育成にも尽力。WE CARE というアマゾンの希少動物の保護やカカオ生産地域への支援活動もしています。

チョコレートラインは何かと奇抜な印象があります。ブランドカラーは紫に金色、アイコンには王冠とピューマ、過激な形のボンボンショコラ。チョコレートでハイになるためのチョコレートシューターなる、Youtubeでの視聴に年齢制限がかかる怪しげな器具(動画はこちら)を発表したり、昨年のサロン・デュ・ショコラ東京のデビューの際には、油揚げでチョコレートを包んだいなりチョコをテイクアウトで出してみたり。

私は臆病なので去年は敬遠してしまいましたけども、今年は思い切って買ってみました。だって、Google Maps のストリートビューでアントワープ王宮のブティックを覗いてみたら、とんでもなく素敵だったから。

サロン・デュ・ショコラの通販でチョコハーブ(ChocHerbs Collection)を購入しました。金色の化粧箱紫色にヒョウ柄が否が応でも目を引きます。

ちなみに、この紫の部分は帯になっていて、それを外すと金地に紫の差し色が入ったどこか異国情緒あるデザインに変わります。

このロゴマークが一体何かわからず、長いこと考えさせられました。イラスト的に消失点が下にあることから巨大な滝や建造物だろうとまでは想像できても、そこから先見当がつかなくて。まるでだまし絵のようでしょ。答えは、巨大船。となれば、ブランド名も航路かと腑に落ちました。

箱は観音開きになるように内蓋が付いています。中にはひょうたん型をした色とりどりのボンボンショコラが9種類。全て手作業でのカラーリングだそう。香りのイメージを掻き立てられる写真付きで、商品説明が書かれたリーフレットも入っています。
商品説明によると「カカオ農園の植物たちと。チョコレートと相性の良いスパイスやハーブを使ったボンボン9種。メキシコ感満載の陽気でカラフルなアートチョコに仕上げました」とのこと。

こちら9個を二記事に分けてご紹介します。

ハバネロチリペッパー(HABANERO CHILI PEPER)は、バナナとトウガラシのゼリーに、くるみのプラリネの組み合わせ。

型抜きのボンボンショコラでコーティングは全体的に厚めです。コーティングはミルクチョコレート。センターは2層になっていて、ゼリーの下にプラリネが重なっています。粗目に砕いたクルミのシャクシャクとした食感と皮の渋みがミルクチョコレートのまろやかな甘味と調和するのを感じた後、ゼリーの透き通った甘みとわずかにトウガラシのスパイシーな旨味が響きます。余韻間際になってようやく辛味が舌を刺激します。ミルクチョコレートの後味とトウガラシの辛味が混ざり合い、余韻はひたすら長く感じられました。
辛味で舌が効かなくなるのを恐れて私は一番最後に食べましたが、それほどでもなかったので安堵しました。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆
風味:☆☆☆☆
その他:辛味はほんの少しです

バニラ(VANILLA)は、バニラのファッジ入り。

コーティングはビターチョコレート。センターにはバニラのクリームが入っています。このアソートの中で最もシンプルなだけに、コーティングのチョコレートの味がはっきりとわかります。ナッティーな味わいで柔らかく上品な苦味。シナモンのようなスパイシーな風味も感じました。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆
風味:☆☆☆
その他:上質なチョコレートを心行くまま

シナモン(CINNAMON)は、シナモンとスペキュロスが入ったアーモンドプラリネ。

コーティングはビターチョコレート。センターにはプラリネが入っています。ビターチョコレートの穏やかな苦味と芳しさに、スペキュロスのサクサクとした歯ごたえとシナモンの清涼感が響きました。非常によいシナモンです。余韻にまで長くシナモンの香りとわずかな辛みが残ります。よい材料を使っているのがわかります。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆
風味:☆☆☆
その他:もう一度味わいたい

クローブ(CLOVE)は、アプリコットとクローブのゼリーにピーカンナッツとアーモンドのプラリネの組み合わせ。

コーティングはホワイトチョコレート。センターは2層になっていて、ゼリーの下にプラリネが重なっています。
甘い香りにフルーティーな酸味がとても上品。ミツバチのようなカラーリングにホワイトチョコレートベースなので、もしや徹底的に甘いのではと身構えたのですが、アプリコットの優しい酸味とプラリネのまろやかさに合わせた穏やかな甘味でした。余韻にも長く酸味が感じられます。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆☆☆
苦味:☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆
その他:ビビッドカラーにまどわされないで

カルダモン(CARDAMOM)は、パッションフルーツとカルダモンのゼリーにソフトなヘーゼルナッツプラリネ。

コーティングはホワイトチョコレート。センターは2層になっていて、ゼリーの下にプラリネが重なっています。
見た目から想像できない味。そして、食感!
このカラーリングでホワイトチョコレートベースのボンボンショコラだって想像できます?ビターチョコレートだろうと思っていたので一瞬思考が固まりました。しかも、ソフトプラリネって何んだろう?プラリネが不均一で、玉になったような食感が舌に残るのが、珍しい。こちらのブランドは食感も攻めるんですね。ミルクの香りを突き破って、パッションフルーツの眩しいほどの酸味がにじみ出してくる雰囲気もよかった。一口にありとあらゆるものを詰め込んだ、びっくり箱のようなボンボンショコラでした。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆
その他:まるでびっくり箱みたい

お値段は3,888円
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆
値段:☆☆☆☆
その他:びっくり箱のような面白さ
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:チョコハーブ
種類別名称:チョコレート
原材料:砂糖、ココアバター、全粉乳、カカオマス、ヘーゼルナッツ、アーモンド、ペカンナッツ、くるみ、バナナ、パッションフルーツ、クリーム、ブドウ糖、あんず、転化糖、米粉、ビスケット(小麦粉、砂糖、植物油脂、大豆粉、転化糖シロップ)、紅茶、シナモン、ライム、チリペッパー、クローブ、カルダモン、ハイビスカス、オールスパイス、キーライム、ピンクペッパー、食塩、ハチミツ/乳化剤(大豆由来)、香料、ソルビトール、ビタミンC、ゲル化剤(ペクチン)、膨張剤、着色料(黄4号、黄5号、赤102号、青1号、青2号、二酸化チタン)
内容量:9個
原産国:ベルギー
輸入者:デシーマジャパン(株)
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

人気ブログランキングへ にほんブログ村 スイーツブログ チョコレートへ

ドゥバイヨル;アムール エ クレアシオン ショコラテ 6P

M.O.F.ショコラティエの重鎮マルク・ドゥバイヨル(Marc Debailleul)氏が1983年に創設したドゥバイヨル(DEBALLEUL)は、ベルギーの観光地グランプラスにブティックを構えるベルギー屈指のメゾンです。現在は創始者の意思を引き継ぎ、シェフショコラティエのロイック・ブランダン(Loïc Blandin)氏が洗練されたショコラを生み出しています。
日本では1994年に片岡物産が輸入総代理店となって、東京に三店舗を構えています。

三越伊勢丹の通販でアムール エ クレアシオン ショコラテ 6P(Amour & Créations Chocolatés)を買いました。細めの黒いリボンで飾られていました。ショッパーの持ち手と揃って、おしゃれな佇まいです。
ピンクとグリーンを基調にした円形のパッケージには、両手を広げ媚薬のチョコレートを手にした貴婦人を中心に、食器とチョコレートを伴って植物装飾されたイメージが描かれています。側面には泡立て器を手にしたパティシエが同じように意匠化されています(信じられないことに、柄合わせしてありました)。

箱を開けると、中に4種類6個のボンボンショコラ、そして、わかりやすく美しい商品説明が書かれたリーフレットが入っていました。このブランドの隅々まで行き届いた丁寧な物作りには、毎度のことながら感心させられます。
商品説明によると「18世紀ヨーロッパを舞台に”愛を届ける魅惑のショコラ(媚薬)”を創作する物語を表現した2021年バレンタイン限定コレクション。優しい甘さのコーヒー風味のプラリネと濃厚なビターチョコレートガナッシュが大人な味わいの「リネット」や、ナッツの香ばしさとキャラメルが絶妙なマリアージュの「レア」など、様々なフレーバー限定ショコラ4種を詰合せ」とのこと。

このカップケーキのような形をしたボンボンショコラはセンターが2層構造になっています。土台になっているのはミルクチョコレートの型抜きチョコレートで、メインとなる詰め物が入ります。その上に一回り小さなドーム型のガナッシュが乗せられています。そして、さらにトッピング。土台、ドーム、トッピングの3要素の組み合わせによって、今後いくらでもバリエーションが生まれるわけですね。ベルギー系プラリーヌとフランス系ガナッシュのそれぞれが持つ利点を兼ね備え、表現力にも食味にも運搬性にも優れた進化型ボンボンショコラと言えそうです。

アイシャ(Isha)にはチアシードがトッピングされています。

センターはパッションフルーツとマンゴーのキャラメルで、ミルクチョコレートのガナッシュが乗っています。甘くまろやかなミルクチョコレートの香りの中からパッションフルーツとマンゴーの華やかでフルーティーな酸味とキャラメルの芳しく温かみのある香りが広がります。黄色い輝きに身を委ねている間にもチアシードのプチプチとした噛みごたえが続きます。咀嚼が続くからか余韻は意外にさっぱりとしています。これなら、何個でも食べられそう。
断面を出そうかと思いましたが、上手に切れなくて諦めました。ワイヤースライサーを使わないと無理かも。これ以上ないくらいきれいなリーフレットがあるから必要ありませんね。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆
その他:意外に後味すっきり

フリアンデ(Friande)には黄緑色のゴマがトッピングされています。

センターはレモンとバジル風味のキャラメルで、ビターチョコレートコーティングのプラリネビスキュイが乗っています。トッピングのゴマはターメリックで色づけされています。ミルクチョコレートのまろやかさの中からレモンとバジルによる青くフローラルな酸味を伴ってキャラメルが広がり、シャクシャクとした繊維質を感じさせながら清涼感のある甘みが続きます。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆☆
苦味:☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆
その他:ゴマの色がきれい

レア(Léa)にはヘーゼルナッツがトッピングされています。

センターはヘーゼルナッツプラリネで、ビターチョコレートコーティングの塩バターキャラメルが乗っています。
ミルクチョコレートのまろやかさ、ヘーゼルナッツの芳しさ、それに続いて、ねっとりとした食感を伴ってキャラメルが甘く香ります。シャキシャキとしたナッツの噛みごたえと、塩の結晶がランダムにミネラル感を放つのがよいアクセントになって、次々に変わりゆく香りと食感が楽しめます。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆☆
その他:ミネラル感がおいしい

リネット(Linette)にはフラックスシードがトッピングされています。

センターはコーヒープラリネで、ビターチョコレートガナッシュが乗っています。ミルクチョコレートのまろやかさに続いてコーヒーの優美な香りとチョコレートの上品な苦味、プラリネのキャラメル香と清涼感が広がります。これはトッピングの亜麻仁がけっこうな存在感を出していて、余韻に間際、シャクシャクと繊細質な食感を伴いながら、甘い油の香りが滲み出すのでした。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆
その他:コーヒーの香りがおいしい

お値段は2,592円
総合点:☆☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:今年も大満足のアソートでした
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:アムール エ クレアシオン ショコラテ 6P
種類別名称:チョコレート菓子
原材料:[レア] チョコレート、ヘーゼルナッツプラリネ(ヘーゼルナッツ、砂糖)、乳等を主要原料とする食品、ヘーゼルナッツ、砂糖、ココアバター、グルコースシロップ、バター、食塩/乳化剤、香料、安定剤(カラギーナン)、(一部に小麦・乳成分・大豆を含む)[アイシャ] チョコレート、乳等を主要原料とする食品、砂糖、パッションフルーツピューレ、グルコースシロップ、バター、マンゴーピューレ、ぶどう糖、転化糖、ココアバター、チアシード、脱脂粉乳、食塩/甘味料(ソルビトール)、乳化剤、香料、安定剤(カラギーナン)、(一部に小麦・乳成分・大豆を含む)[リネット] チョコレート、アーモンドプラリネ(アーモンド、砂糖)、乳等を主要原料とする食品、ビスケット、ぶどう糖、ココアバター、コーヒーペースト、砂糖、転化糖、バター、亜麻仁/甘味料(ソルビトール)、乳化剤、香料、膨張剤、安定剤(カラギーナン)、(一部に小麦・乳成分・アーモンド・大豆を含む)[フリアンデ] チョコレート、砂糖、乳等を主要原料とする食品、ヘーゼルナッツプラリネ(ヘーゼルナッツ、砂糖)、グルコースシロップ、バター、レモン果汁、ココアバター、小麦粉、バジル、粉糖、アーモンドパウダー(アーモンド、砂糖)、卵、レモン果皮、ヘーゼルナッツ、食塩、ごま/乳化剤、香料、安定剤(カラギーナン)、着色料(カロテン、ウコン)、(一部に小麦・卵・乳成分・アーモンド・ごま・大豆を含む)
内容量:6個
原産国名:ベルギー
販売者:片岡物産(株)
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

人気ブログランキングへ にほんブログ村 スイーツブログ チョコレートへ