サロン・デュ・ショコラ」タグアーカイブ

ヴァンサン・ゲルレ;ルリジューズ

ヴァンサン・ゲルレ(VINCENT GUERLAIS)は14歳から修業をして、故郷であるフランスのロワール地方ナントにメゾンを構える。2018年にはルレ・デセール(世界最高峰の国際的洋菓子協会)の会長に就任。クロブ・デ・クロクール・ドゥ・ショコラ(C.C.C)の金賞を4年連続獲得した栄誉を持つ実力派です。この地方の名産フルール・ドゥ・セルや塩バター、キャラメルを使ったショコラを得意とし、「食いしん坊」をテーマに、豊かな発想と冒険心に満ちた魅力あるショコラを作っています。

サロン・デュ・ショコラ東京の通販サイトでルリジューズ(La Religieuse)を買いました。

ルリジューズはフランスの伝統菓子で、大小のシュークリームを重ね、つなぎ目にバタークリームをレースのようにあしらい、ピラミッド型をしています。バタークリームの模様を修道服の襟に見立てて、修道女という意味の名前がついたとか。

帯を抜きます。白い蓋には、光沢のあるピンク色で LES MINI-ARDISES と商品名が書かれていました。中には商品説明が書かれたリーフレットと、3 種類 5 個のルリジューズ型のボンボンショコラが入っています。

ルリジューズ キャラメルは、茶色のボンボンショコラ。商品説明によると「ダークショコラのキャラメルとジャンドージャ」とのこと。

食べるのに躊躇するくらい愛らしい形。ビターチョコレートとミルクチョコレートが交互に重なってピラミッド型を作っています。ナイフで断面を出してみたところ頂点のダークチョコレート以外の3層に詰め物がありました。基層にジャンドゥーヤ、その上の 2 層にキャラメルソースがです。つまり、四つのパーツを別々に作って組み合わせているのでしょう。こんなに小さいのに、凝った作りに驚かされます。
口に入れて軽く噛むと、チョコレートの甘さにキャラメルソースとナッツの香りが加わって、甘くてナッティーな香りに包まれました。
こんなに甘くてミルキーなお菓子は久しぶりで、新鮮な気分にさせられました。早速コーヒーを淹れたのは言うまでもありません。
総合点:☆☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆☆
苦味:☆☆
甘味:☆☆☆☆☆
風味:☆☆☆
その他:センターも分かれています

ルリジューズ ストロベリーは、ピンク色のボンボンショコラ。商品説明によると「自家製ストロベリーショコラにストロベリーキャラメルとジャンドージャ」とのこと。

ピンク色のイチゴチョコレートとミルクチョコレートが交互に重なってピラミッド型を作っています。ピンク色でますますキュート。後ろを向いたサンタさんのようにも見えてきます。こちらも各層に詰め物があり、イチゴのソースとジャンドゥーヤが入っていました。イチゴの甘い香りとミルクチョコレートがひたすらに甘い。普段ハイカカオばかり食べている口には、なかなか新鮮。お菓子とはそもそもこういうものですよね。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆☆
苦味:
甘味:☆☆☆☆☆
風味:☆☆☆
その他:コーヒーを啜りながら齧って

ルリジューズ アプリコットは、黄色のボンボンショコラ。商品説明によると「自家製マンゴーショコラにアプリコットキャラメルとジャンドージャ」とのこと。

黄色のチョコレートはマンゴーの香りがついたホワイトチョコレートです。ミルクチョコレートと交互に重なってピラミッド型を作っています。こちらも各層に詰め物があり、アプリコットのソースとジャンドゥーヤが入っていました。断面だけ見ると、まるでタケノコのよう(笑)口にすると、ミルクの香りが広がります。ナッツの香りに包まれて、マンゴーもアプリコットもそれほど響きません。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆☆☆
苦味:
甘味:☆☆☆☆
風味:☆☆☆
その他:酸味は極々控えめ

お値段は2,916円
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆☆
値段:☆☆☆☆
その他:ひたすら愛らしい
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:ルリジューズ
種類別名称:チョコレート菓子
原材料:砂糖、ココアバター、全粉乳、バター、アーモンド、生クリーム、ヘーゼルナッツ、乳清、グルコースシロップ、ストロベリー、カカオ豆、小麦粉、アプリコット、マンゴー/ソルビトール、乳化剤、香料、(一部に小麦・乳成分・大豆・アーモンドを含む)
内容量:5個
原産国:フランス
輸入者:ベーグジャパン(株)
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

人気ブログランキングへ にほんブログ村 スイーツブログ チョコレートへ
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【フレデリック・カッセル】ショコラアソート10個入り
価格:3672円(税込、送料別) (2021/3/1時点)


ベルナシオン;アヴリンヌ ノワールとアヴリンヌ レ

ベルナシオン(BERNACHON)は1953年、フランスのリヨンに創業した老舗パティスリーで、早くから Bean to Bar に取り組んできました。現在は3代目のフィリップ・ベルナシオン氏が活躍されています。昨年10月にパリにブティックを構えました。サロン・デュ・ショコラ東京では毎年変わらぬ人気で長い行列を作ります。

サロン・デュ・ショコラ東京2020でアヴリンヌ ノワールアヴリンヌ レを買いました。 商品説明によると「ジャンドゥージャの中に、ヘーゼルナッツとアーモンド。ノワールとレでそれぞれコート」とのこと。
アヴェリーヌはボンボンショコラやタブレットもあります。こちらはブシェです。2013年のサロン・デュ・ショコラ東京に出ていたパレ・アヴェリーヌの三分の二のサイズ感です。重さを計ってみたところ ノワールが 84.6g、レが 81.0g ありました。
パッケージはロゴ入りの透明な包み紙で、アヴェリーヌシリーズに共通する金と青の Aveline シールが貼られています。

ベルナシオン;アヴリンヌ ノワールとアヴリンヌ レ
ベルナシオン;アヴリンヌ ノワールとアヴリンヌ レ

アヴリンヌ ノワール(NOIR AVELINE)は62%ダークチョコレートの中にヘーゼルナッツのプラリネが入っています。

ベルナシオン;アヴリンヌ ノワール
ベルナシオン;アヴリンヌ ノワール

断面を見てみると、トッピングされている丸ままのナッツの他に、センターにも欠片がたっぷり入っています。まさにヘーゼルナッツ尽くし。

ベルナシオン;アヴリンヌ ノワール

開けた瞬間からとても良い香り。ナイフで一口サイズに切って頂きます。断面からもおわかりの通りヘーゼルナッツの香りが押し寄せてきます。コーティングのビターチョコレートがバランス良く調和していて、素晴らしい。ジャンドゥーヤのまろやかさでチョコレートの苦味が引き立ちます。濃厚な味に加えて、ブシェの食べ応えはさすがのベルナシオン。どういう食べ方を想定しているか、どの部分を感じてほしいのかが、とてもわかりやすい。広く愛されるのには理由があると、今年も納得させられました。
お値段は1,836円。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:圧倒的な食べ応え
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:ベルナシオン;アヴリンヌ ノワール
種類別名称:チョコレート
原材料:ジャンデュージャ(ヘーゼルナッツ、ブラックチョコレート、砂糖、食塩、バニラビーンズ、ココアバター、アーモンド)、ブラックチョコレート(カカオマス、砂糖、ココアバター、バニラビーンズ)、ヘーゼルナッツ、乳化剤(大豆由来)
内容量:1個
原産国名:フランス
輸入者:(株)センチュリートレーディングカンパニー
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

アヴリンヌ レ(NOIR LAIT)です。

ベルナシオン;アヴリンヌ レ
ベルナシオン;アヴリンヌ レ
ベルナシオン;アヴリンヌ レ
ベルナシオン;アヴリンヌ レ

ノワールの後に頂くと、ミルクのまろやかさと華やかさに新しく感動させられます。センターのジャンドゥーヤとコーティングのミルクチョコレートが一体となって、今度はヘーゼルナッツの味そのものが引き立ちます。
どちらが好みかと言われればノワールなのですが、この多幸感あふれるミルクフレーバーはきっと後を引いて、ふと思い出すことになりそう。
コーティングの違いでこうも印象が変わるのが面白い。どうしてもベルナシオンは割高感があるのでミルクを買うのは控えようかと思っていたのですが、イベントの勢いで両方買ってしまいました。おかげで味の比較が楽しめたのは満足です。
お値段は1,836円。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:ナッツがより感じられます
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:ベルナシオン;アヴリンヌ レ
種類別名称:チョコレート
原材料:ジャンデュージャ(ヘーゼルナッツ、ブラックチョコレート(カカオマス、砂糖、ココアバター、バニラビーンズ)、砂糖、食塩、バニラビーンズ、ココアバター、アーモンド)、ミルクチョコレート(カカオマス、砂糖、ココアバター、全粉乳、ヘーゼルナッツ、バニラビーンズ、食塩)、ヘーゼルナッツ、乳化剤(大豆由来)
内容量:1個
原産国名:フランス
輸入者:(株)センチュリートレーディングカンパニー
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

人気ブログランキングへ にほんブログ村 スイーツブログ チョコレートへ

フランク・ケストナー;タブレット・ロレーヌ

フランク・ケストナー(Franck Kestener)は2003年に当時最年少の27歳でMOFを取得し「ロレーヌの若き天才」と注目されました。その後、ドイツと国境を接する地元サルグミン村に広大なアトリエ兼ショップを構え、現在では地元の他、パリとドイツのザールブリュッケンに店舗を構えています。近年ではボンボンショコラだけでなくカラフルなタブレットも注目の的。多くの日本人ファンがパリのお店に集まるほどの人気者です。

サロン・デュ・ショコラ東京2020でタブレット・ロレーヌ(TABLETTE LORRAINE)を買いました。パッケージはオレンジ色を基調に立湧にも似たモロッコモザイク文様が入っています。中央に透明な覗き窓のついたスリーブ型。覗き窓からオレンジ色のタブレットがよく見えます。中身がわかりやすい上にスタイリッシュなデザインです。

箱の中には、ブロックに放射状の模様が刻まれた正方形のタブレットが入っています。

タブレットは黄色からオレンジ色のグラデーションの上にチョコレート色のスパッタリングが入る、大変凝った彩色が施されています。

商品説明によると「ジラールさんという生産者から直接買っているというミラベル。その果汁をジュレにしてヘールナッツのプラリネと2層に。プラリネにはライズパフの食感をプラス。ブラン&ノワールでコーティングしています」とのこと。
ミラベルは西洋スモモとも呼ばれる黄色い果実で、熟すとオレンジ色に色づきます。杏にも似ています。やさしい酸味が特徴で、フランス北東部ロレーヌ地方の特産品なんだとか。

断面からもわかるとおり、このタブレットは中が二層になっていまて、ヘーゼルナッツのプラリネとミラベルのジュレが入っています。今まで食べたフランク・ケストナーのタブレットはタブレット バナーヌタブレット ミルティーユもガナッシュベースでしたので、タブレットのセンターにプラリネが入るのは初めてです。
ブロックの一欠片を口に含みます。ライスパフの軽やかな歯ごたえを伴ってチョコレートの香りが広がります。続いてヘーゼルナッツのまろやかな甘みが鼻に抜け、口腔内にはミラベルの優しい香りが広がります。余韻にチョコレートとミラベルの柔らかな香りが続き、いつまでもおいしい。
お値段は1,836円。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:とても美しいタブレットです
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:タブレット・ロレーヌ
種類別名称:チョコレート菓子
原材料:ヘーゼルナッツ、砂糖、ミルクチョコレート(砂糖、全粉乳、ココアバター、カカオマス、乳清)、ミラベル、ホワイトチョコレート(ココアバター、砂糖、全粉乳)、ブラックチョコレート(カカオマス、砂糖、ココアバター)、グルコースシロップ、ライスパフ(トウモロコシ粉、小麦粉、米粉、砂糖、麦芽エキス、食塩)、転化糖、ココアバター、食塩、バニラビーンズ、ヒマワリ油、ゲル化剤(ペクチン:リンゴ由来)、酸味料、乳化剤(大豆由来)、香料、野菜色素、果実色素、β-カロチン色素
内容量:1枚
原産国:フランス
輸入者:(株)センチュリートレーディングカンパニー
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

人気ブログランキングへ にほんブログ村 スイーツブログ チョコレートへ

チョコラ;ツヴィトーク

チョコラ(CHOCOLA)のエレナ・オフシャニコワ(Elena Ovsyannikova)氏は店舗は持たず、モスクワ市内にアトリエを構えるフリーランスのショコラティエです。ジャーナリストとして活躍後、ショコラティエに転身。地元を愛し、家族を愛するママショコラティエは、今モスクワで最もモダンなショコラを作り出します。

サロン・デュ・ショコラ東京2020でチョコラ(CHOCOLA by Elena Ovsyannikova)のツヴィークを買いました。ツヴィトーク(Tsvetok)は花という意味です。
パッケージはパールカラーを貴重にした蓋身箱で、青いスリーブがアクセントカラーとしてついています。

チョコラ;ツヴィトーク
チョコラ;ツヴィトーク

中にはカラフルなボンボン3種類が二つずつ入っています。商品説明によると「気分が華やかになる。ラベンダー×パッションフルーツ、ローズ×赤ワイン、バタフライピー×ライチ。3種の花にマッチする素材を合わせ個性的なショコラに」とのこと。ボンボンの写真と名前が入ったリーフレットが入っています。

チョコラ;ツヴィトーク
チョコラ;ツヴィトーク

パッションフルーツとラベンダーは三段タワー型のホワイトチョコレートを使ったボンボンショコラです。斜めに黄色と紫色で彩色されています。

チョコラ;ツヴィトーク
チョコラ;ツヴィトーク

型抜きチョコレートなのでコーティングは厚め。口の中に入れたらしっかり噛み砕いて頂きます。真っ先にホワイトチョコレートの甘い香り、その直後にパッションフルーツの輝くような酸味が広がります。ラベンダーの香りはかすか。ボンボンショコラを噛んでいる間に鼻にふっと立ち上がる程度なので、それほど印象には残りません。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:
甘味:☆☆☆☆
風味:☆☆☆
その他:ラベンダーを感じるために集中しましょう

ローズ入りワインマーマレードは赤いゼリーです。粘り気があってカップシートに張り付いていました。

チョコラ;ツヴィトーク
チョコラ;ツヴィトーク

表面にグラニュー糖が散らされています。しっかりとした食感のゼリーにはフリーズドライのバラが入っていて、一口食べると赤ワインの温かな酸味と共に、ローズの香りが一気に立ち上がります。バラと赤ワインは最高の組み合わせ。いつまでもこの香りに包まれていたい気分になりました。

ライチとバタフライピーはドーム型の型抜きボンボンショコラでフリーズドライのバタフライピーが丸ごとトッピングされています。

チョコラ;ツヴィトーク
チョコラ;ツヴィトーク

型抜きチョコレートなのでコーティングは厚め。センターには二層になっていて上層にオレンジリキュール、下層に青いバタフライピーのクリームが入っています。鮮やかな青が印象的です。

チョコラ;ツヴィトーク
チョコラ;ツヴィトーク

ビターチョコレートの上質な苦味にリキュールの温かく甘い香りが混ざり、それを包み込むようにバニラの香りが広がります。歯ごたえに繊維質を感じながらバタフライピーを噛みしめまたらナッツ系の香りが広がりました。フリーズドライの花弁そのものではなく、それを固定していたチョコレートに由来している気がします。花の香りを閉じ込めるのは難しいですね。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆
その他:青色に惹かれました

お値段は2,430円。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:お花をもっと感じたかった
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:ツヴィトーク(花)
種類別名称:チョコレート菓子
原材料:砂糖、ココアバター、赤ワイン、クリーム(乳製品)、全粉乳、カカオマス、ブドウ糖液糖、花弁(バラ、バタルライピー)、バター、ライチ、ブドウ果汁、パッションフルーツ、オレンジリキュール、オレンジ、ワインビネガー、コーンスターチ、乳化剤(大豆由来)、着色料(ラズベリー色素、バタフライピー色素、ウコン色素、二酸化チタン)、ゲル化剤(ペクチン)、香料(ラベンダー、バニラ)、酸味料
内容量:6個
原産国名:ロシア
輸入者:世界チーズ商会(株)
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

人気ブログランキングへ にほんブログ村 スイーツブログ チョコレートへ
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

メサージュ・ド・ローズ ぺタル・ベリー【7日前後お届け】
価格:2149円(税込、送料別) (2020/1/30時点)