スポンサーリンク
スポンサーリンク

カズノリ イケダ;アソルティモン・トリュフ 3

商品

宮城県仙台市にブティックを構えるカズノリ イケダ(kazunori ikeda individuel)はシェフ池田一紀氏のブランド。青山ルコントに勤めた後、渡仏して様々なお店で経験を重ね、サダハル・アオキ・パリで長くシェフパティシエを務めていましたが、東日本大震災を期に帰国。2011年12月にブランドを立ち上げました。現在は仙台駅周辺に3店舗、そして、別ブランドでメゾン・シーラカンス(maison coelacanthe)を展開しています。

昨年、仙台三越のサロン・デュ・ショコラの様子をツイートで眺めていた時に、目に飛び込んできた kazunori ikeda の保冷バッグに心を奪われました。コロナ禍じゃなきゃ飛んで行ったというのにと歯噛みする思いでおりました。そして、一年経ってまたもやサロン・デュ・ショコラのシーズンに入り、新しい保冷バッグが欲しくなってふと思い出しました。通販をチェックすると、あの保冷バッグが販売されているではありませんか!

かくして、念願の江草鹿乃子氏の素敵なイラストが手元に届いたのでした。

バレンタインデーシーズン前だったので、購入したチョコレートは控えめになってしまったけれどね。

通販でアソルティモン・トリュフ 3を買いました。パッケージは蓋身式の化粧箱です。江草氏のイラストが目を引きます。テントウムシが止まっているのはノイチゴの葉かな?ブランドカードが5重に巻いた銀の細ゴムで止められています。透明感のある静謐な趣に魅力を感じます。

中には 2 種類 3 個のトリュフが入っています。グラシンカップとプラスチックトレイに支えられた上にグラシン紙で包まれ、その上にクッションペーパーで押さえられていました。おかげで、トリュフにまぶされたチョコレートパウダーが移ることもなく、大変きれいな状態で届きました。
商品説明によると「白いトリュフは、シャンパーニュ『テタンジェ』の高級感ある上品な味わい、ショコラとのマリアージュで最高のパフォーマンスを発揮する。黒いトリュフは、麗しいアイラモルトの女王『ボウモア 12年』を使用し、スモーキーでフルーティー、そしてハチミツのようなエレガントな香りが浮遊する」とのこと。アルコール入り。

白いトリュフ から。パウダーシュガーの甘みの後にシャンパンの透き通る甘い香りが生クリームの優美な香りをまとって広がります。後味にダークチョコレートの香りが続き、味に深みをもたらしました。口溶けよく、余韻も長く続きます。
黒いトリュフはカカオパウダーの乾いた香りと食感に始まり、センターのミルクチョコレートベースのガナッシュが軽い苦味と暖かみあるブランデーの香り、優美な甘みを広げます。口溶け滑らかで深みのある苦味と甘味。余韻がいつまでも続きます。一粒でこの満足感。これぞチョコレートの醍醐味。
お値段は1,000円。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆☆
値段:☆☆☆☆
その他:この価格帯で満足感十分
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:アソルティモン・トリュフ 3
種類別名称:チョコレート
原材料:チョコレート、クリーム、洋酒、転化糖、バター、砂糖、ココアパウダー
内容量:3個
製造者:(株)アンディヴィデュエル
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

人気ブログランキングへにほんブログ村 スイーツブログ チョコレートへ
スポンサーリンク
商品
lovechocoをフォローする
Love Choco

コメント

タイトルとURLをコピーしました