オー ドワ ド ジャン・バール;ドワ ド ジャン・バール

オー ドワ ド ジャン・バール(Aux Doigts de Jean Bart Patisserie)はベルギーとフランスの国境に近いダンケルクで1905年に創業。1958年に考案された「ドワ ド ジャン・バール」が大変評判を呼び、今では地方銘菓の顔として地元の方からも広く愛されているとか。現在は4代目のジャン=ダニエル・ヴァンドゥワル(Jean Daniel Vandewalle)氏が経営を引き継いでいます。今年、日本に初上陸のブランドです。

日本橋タカシマヤのアムール・デュ・ショコラ2020(Amour du Chocolat 2020)でドワ ド ジャン・バール(LE DOIGT DE JEAN BART )を買いました。ジャン・バールの指という意味です。薄いピンク色のリボンで飾られたパッケージは、ベージュ色を基調にした蓋身箱で、蓋にトリコーンをかぶりレイピアを振り上げるシルエットが入っています。

商品名に入っているジャン・バールとは、17世紀に活躍したダンケルク出身のフランス海軍大尉のことで、ルイ14世の元で活躍して名を馳せました。ダンケルクの街の中心部にはジャン・バール広場があり、シルエットの元になっている銅像が立っています。

中には二種類3本のブシェ(大型のボンボンショコラ)が入っています。おおよそ幅3×縦8センチの大きさです。商品説明によると「コーヒー風味のバタークリームをアーモンドとヘーゼルナッツ入りの生地で挟み、チョコレートでコーティングした風味豊かなチョコレート菓子」とのこと。チョコレートはヴァローナのクーベルチュールを使っています。

こちらはミルクチョコレートコーティング。表面にジャン・バール像のシルエットと商品名、創業地、創業年のプリントが施されています。

見た目からは想像もできないほどに柔らかな食べ心地です。断面を見れば一目瞭然。中身はコーヒー風味のバタークリームが大部分で、上下にダクワーズ生地が少しあるばかり。しかもクリームはホイップクリームのような柔らかさです。

ほとんどチョコレートのコーティングだけで形を保っているようなものでした。おかげで口に入れると体温ですっと溶けていきます。なんて繊細はお菓子なのでしょう。

もう一つはビターチョコレートのコーティング。ミルクチョコレートのコーティングと比べると、幾分固さがあります。

バタークリームが甘いので、私はよりさっぱりと食べられるビターチョコレートの方が好みでした。

アーモンドたっぷりの生地がシャキシャキと歯ごたえをもたらして、飽きさせない食べ応えです。
お値段は1,620円。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆☆☆
風味:☆☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:これはいくらでも食べられそう
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:ドワ ド ジャン・バール
種類別名称:洋菓子
原材料:砂糖、バター、粉糖、ココアバター、カカオマス、全卵、卵白、全粉乳、ヘーゼルナッツパウダー、皮付きアーモンドパウダー、転化糖、コーヒーエキス/乳化剤(大豆由来)、着色料(二酸化チタン、黄4、黄5)、香料
内容量:3個
原産国名:フランス
輸入者:(有)メルカート
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

人気ブログランキングへ にほんブログ村 スイーツブログ チョコレートへ
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

森のボンボン(12ピース)
価格:4860円(税込、送料別) (2020/11/14時点)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください