1501~3000円」タグアーカイブ

ヴァンサン・ゲルレ;ルリジューズ

ヴァンサン・ゲルレ(VINCENT GUERLAIS)は14歳から修業をして、故郷であるフランスのロワール地方ナントにメゾンを構える。2018年にはルレ・デセール(世界最高峰の国際的洋菓子協会)の会長に就任。クロブ・デ・クロクール・ドゥ・ショコラ(C.C.C)の金賞を4年連続獲得した栄誉を持つ実力派です。この地方の名産フルール・ドゥ・セルや塩バター、キャラメルを使ったショコラを得意とし、「食いしん坊」をテーマに、豊かな発想と冒険心に満ちた魅力あるショコラを作っています。

サロン・デュ・ショコラ東京の通販サイトでルリジューズ(La Religieuse)を買いました。

ルリジューズはフランスの伝統菓子で、大小のシュークリームを重ね、つなぎ目にバタークリームをレースのようにあしらい、ピラミッド型をしています。バタークリームの模様を修道服の襟に見立てて、修道女という意味の名前がついたとか。

帯を抜きます。白い蓋には、光沢のあるピンク色で LES MINI-ARDISES と商品名が書かれていました。中には商品説明が書かれたリーフレットと、3 種類 5 個のルリジューズ型のボンボンショコラが入っています。

ルリジューズ キャラメルは、茶色のボンボンショコラ。商品説明によると「ダークショコラのキャラメルとジャンドージャ」とのこと。

食べるのに躊躇するくらい愛らしい形。ビターチョコレートとミルクチョコレートが交互に重なってピラミッド型を作っています。ナイフで断面を出してみたところ頂点のダークチョコレート以外の3層に詰め物がありました。基層にジャンドゥーヤ、その上の 2 層にキャラメルソースがです。つまり、四つのパーツを別々に作って組み合わせているのでしょう。こんなに小さいのに、凝った作りに驚かされます。
口に入れて軽く噛むと、チョコレートの甘さにキャラメルソースとナッツの香りが加わって、甘くてナッティーな香りに包まれました。
こんなに甘くてミルキーなお菓子は久しぶりで、新鮮な気分にさせられました。早速コーヒーを淹れたのは言うまでもありません。
総合点:☆☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆☆
苦味:☆☆
甘味:☆☆☆☆☆
風味:☆☆☆
その他:センターも分かれています

ルリジューズ ストロベリーは、ピンク色のボンボンショコラ。商品説明によると「自家製ストロベリーショコラにストロベリーキャラメルとジャンドージャ」とのこと。

ピンク色のイチゴチョコレートとミルクチョコレートが交互に重なってピラミッド型を作っています。ピンク色でますますキュート。後ろを向いたサンタさんのようにも見えてきます。こちらも各層に詰め物があり、イチゴのソースとジャンドゥーヤが入っていました。イチゴの甘い香りとミルクチョコレートがひたすらに甘い。普段ハイカカオばかり食べている口には、なかなか新鮮。お菓子とはそもそもこういうものですよね。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆☆
苦味:
甘味:☆☆☆☆☆
風味:☆☆☆
その他:コーヒーを啜りながら齧って

ルリジューズ アプリコットは、黄色のボンボンショコラ。商品説明によると「自家製マンゴーショコラにアプリコットキャラメルとジャンドージャ」とのこと。

黄色のチョコレートはマンゴーの香りがついたホワイトチョコレートです。ミルクチョコレートと交互に重なってピラミッド型を作っています。こちらも各層に詰め物があり、アプリコットのソースとジャンドゥーヤが入っていました。断面だけ見ると、まるでタケノコのよう(笑)口にすると、ミルクの香りが広がります。ナッツの香りに包まれて、マンゴーもアプリコットもそれほど響きません。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆☆☆
苦味:
甘味:☆☆☆☆
風味:☆☆☆
その他:酸味は極々控えめ

お値段は2,916円
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆☆
値段:☆☆☆☆
その他:ひたすら愛らしい
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:ルリジューズ
種類別名称:チョコレート菓子
原材料:砂糖、ココアバター、全粉乳、バター、アーモンド、生クリーム、ヘーゼルナッツ、乳清、グルコースシロップ、ストロベリー、カカオ豆、小麦粉、アプリコット、マンゴー/ソルビトール、乳化剤、香料、(一部に小麦・乳成分・大豆・アーモンドを含む)
内容量:5個
原産国:フランス
輸入者:ベーグジャパン(株)
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

人気ブログランキングへ にほんブログ村 スイーツブログ チョコレートへ
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【フレデリック・カッセル】ショコラアソート10個入り
価格:3672円(税込、送料別) (2021/3/1時点)


洋菓子マウンテン;杏と塩

日本で定番のドライフルーツと言ったらウメとカキとアンズ。アンズは青果として見かけることは少ないものの、子供の頃にあんずボー、あんず飴等の駄菓子を好んで食べていた人は多いでしょう。私は、お店で出てきたあんみつの黄色が缶詰ミカンではなくアンズだと、うれしくなります(どっちも入ってたら最高ですけど)。
つい先日、古くからある駄菓子屋さんで、このところ滅多に見かけなかったアンズの砂糖掛けを目にして思わず手に取りました。

あんず砂糖掛け
あんず砂糖掛け

懐かしい甘酸っぱさを噛み締めていたら、有名なアンズのチョコレートのことを思い出したのでお取り寄せしました。

洋菓子マウンテン(洋菓子マウンテン × CELLAR DE CHOCOLAT by Naomi Mizuno)は、京都府福知山市にブティックを構えるパティスリーです。現シェフ・パティシエの水野直己氏は、ワールドチョコレートマスターズ2007の世界大会で総合優勝を獲得。ベスト・アントルメショコラ、ベスト・チョコレートピエスモンテの両部門賞も受賞する快挙を成し遂げました。
洋菓子マウンテンは、2013年、2014年と立て続けに豪雨被害を受け長く仮店舗で営業していましたが、2016年に「ゆらのガーデン」内に新店舗がオープンしました。

公式通販で杏と塩を買いました。パッケージは縮紙の蓋身箱。黒が基調で、蓋に金色でブランドロゴが入った高級感のあるもの。金の細紐で飾られ、ブランドカードがついていました。

中には 5 個のボンボンショコラと商品説明が書かれたリーフレットが入っています。商品説明によると「ワールドチョコレートマスターズ2007受賞作品。ミルクチョコレートに爽やかな杏の香り。フルーティーな杏を引き立たせるのは厳選された’死海の塩’」とのこと。

ミルクチョコレートの表面に塩の結晶がトッピングされています。

ミルクチョコレートのコーティングは薄めで、中にはアンズの香りが詰まったミルクチョコレートのガナッシュ。ミネラルを気配に感じつつ、すっきりとしたミルクチョコレートの香り、まろやかな甘味、そこにアンズの柔らかい酸味が続きます。清々しくもまろやかな口溶けに浸っていると、所々で塩の結晶が弾けて味にアクセントを与えてくれます。余韻にはミルクの香りが長く残ります。
淡く可憐なアンズの香りに塩が絶妙に響きます。もしかしたら「安寿恋しやホゥヤレホ。厨子王恋しやホゥヤレホ」と歌う母の涙の味かもしれません。
お値段は1,701円
総合点:☆☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆☆
苦味:☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:極めて滑らかな口溶け
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:杏と塩 5個入り
種類別名称:チョコレート
原材料:砂糖、カカオマス、ココアバター、生クリーム、牛乳、転化糖、アプリコット濃縮果汁、アプリコットリキュール、全粉乳、塩/乳化剤(レシチン)、香料、(一部に乳成分・大豆を含む)
内容量:5個
製造者:水野直己(洋菓子マウンテン)
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

人気ブログランキングへ にほんブログ村 スイーツブログ チョコレートへ

セバスチャン・ブイエ;タルトレットショコラ 8個

セバスチャン・ブイエ(Sebastien Bouillet)は世界のトップパティシエで構成される国際的な菓子職人協会「ルレ・デセール」のメンバーに当時最年少で認定。リヨンの本店の他、ショップデザイン賞を受賞するほどおしゃれなショコラ専門店「chokola」をフランスで展開しています。2006年に伊勢丹新宿店にブティックをオープンしています。

三越伊勢丹の通販でタルトレットショコラ 8個を買いました。パッケージは滑らかな質感の蓋身式の化粧箱。グレーを基調にグレーッシュなピンクをアクセントカラーに施したデザインで、落ち着きのあるモダンな印象があります。

箱の中には、8種類のボンボンショコラとリーフレットが入っていました。商品説明によると「フランス・リヨンと日本のお店でも人気の焼菓子タルトレットを、ショコラで表現」「ただタルトレットの形を模すのではなく、一口サイズの可愛い見た目にタルトレットの要素をぎゅっと詰め込んだ、こだわりたっぷりの新作ショコラです」「ショコラの中にはキャラメルやジャンドゥージャ、ガナッシュなどが入っており、フィヤンティーヌやパートシュクレを入れ食感を楽しむショコラや、トロッと流れ出るジャンドゥージャガナッシュ、キャラメルを楽しむショコラまで様々な味わいをご堪能いただけます」とのこと。
リーフレットは詰められた順番通りに写真付きの説明が書かれていて、とてもわかりやすいものでした。

フレーズです。商品説明によると「イチゴ風味のジャンドゥージャガナッシュ」とのこと。

ドライストロベリーと赤いイチゴのゼリーの下はタルト型のブロンズチョコレートで、中にイチゴ風味のジャンドゥージャガナッシュが詰められています。口に入れると甘い甘いミルクの香りにナッツの芳しいまろやかさが広がり、イチゴが柔らかい酸味をもたらします。見た目も味も可愛らしい。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆☆
苦味:
甘味:☆☆☆☆☆
風味:☆☆☆
その他:甘くて優しいタルト

テヴェールです。商品説明によると「抹茶風味のジャンドゥージャガナッシュ」とのこと。抹茶のプレートにはラインが二本入り、金粉が輝いています。

小豆を乗せた抹茶のチョコレートプレートの下はタルト型のブロンズチョコレートで、中に抹茶風味のジャンドゥージャガナッシュが詰められています。甘い甘いミルクの香りの中から抹茶のパウダリーな香り、まろやかなナッツの風味と喉を刺激するような甘さが広がりました。余韻に残る、ほのかに苦味を伴った緑の香りが心地よい。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆
甘味:☆☆☆☆☆
風味:☆☆☆
その他:金粉キラキラ

オランジュです。商品説明によると「オレンジ風味のジャンドゥージャガナッシュ」とのこと。

オレンジの砂糖漬けを乗せたオレンジのゼリーの下はタルト型のブロンズチョコレートで、中にオレンジ風味のジャンドゥージャガナッシュが詰められています。甘い甘いミルクの香りにナッツのなめらかさとオレンジの柔らかい酸味と爽やかな清涼感が添えられ、わずかに加えられた洋酒が華やかさをもたらします。ゼリーのみずみずしさも加わって、甘いオレンジミルクセーキを味わってる気分です。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆☆
苦味:
甘味:☆☆☆☆☆
風味:☆☆☆
その他:不思議と懐かしい味

シトロンです。商品説明によると「シトロン風味のジャンドゥージャガナッシュ」とのこと。

レモンの砂糖漬けを乗せたレモン風味のチョコレートプレートの下はタルト型のブロンズチョコレートで、中にレモン風味のジャンドゥージャガナッシュが詰められています。甘い甘いミルクの香りの中からナッツのまろやかさに包まれてレモンの爽やかな酸味が弾けます。レモンの香りが清々しくて、余韻に長く浸れます。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆
苦味:☆
甘味:☆☆☆☆
風味:☆☆☆☆
その他:甘いだけじゃないよ

ガトーバスクです。商品説明によると「塩をきかせたガナッシュにパートシュクレ」とのこと。

網目模様の入ったタルト生地の下はタルト型のブロンズチョコレートで、中にブロンズチョコレートのガナッシュとダークチェリーのソースが詰められています。塩味の効いたタルトにブロンズチョコレートのミルク感、そこにチェリーの酸味が響いておいしい。チョコレートを味わいつつ、まるで焼菓子を食べたような満足感が得られます。
総合点:☆☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:
甘味:☆☆☆☆
風味:☆☆☆☆
その他:ガトーバスクの再現度に驚かされました

ショコラです。商品説明によると「ビターガナッシュとフィヤンティーヌ」とのこと。

金粉を散らしたビターチョコレートのプレートの下はタルト型のビターチョコレートで、中身もビターチョコレートのガナッシュ。これだけが、どこからどこまでもチョコレート。深くすっきりとした苦味が心地よい。後半、奥歯にサクサクと軽い歯ごたえがありました。フィアンティーヌ入りだったようです。上質なチョコレートを堪能しました。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆
苦味:☆☆☆☆
甘味:☆☆
風味:☆☆☆
その他:すっきりとした苦味

プラリネローズです。商品説明によると「プラリネローズのキャラメル」とのこと。

赤いシロップで煮たプラリネの下はタルト型のブロンズチョコレートで、中には赤いキャラメルソースが詰められています。甘い甘いキャラメルの香るプラリネが口いっぱいに広がります。シャキシャキとしたナッツの歯ごたえが終わっても、ミルキーな香りが長く続きます。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆☆☆
苦味:
甘味:☆☆☆☆☆
風味:☆☆☆
その他:赤いプラリネが可愛らしい

プラリネです。商品説明によると「バニラ風味のキャラメルとフィヤンティーヌ」とのこと。

カカオニブ入りのプラリネの下はタルト型のビターチョコレートので、中にはバニラ風味のキャラメルソースが詰められています。ナッツのシャキシャキとした食感と渋み、チョコレートの苦味、キャラメルのとろけるような甘さが調和しています。リズムのある噛みごたえまで楽しめます。余韻もチョコレートの香りが長く続きました。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆☆☆
風味:☆☆☆☆
その他:すっきりとした食べごたえに満足

お値段は2,700円
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:コーヒー片手に召し上がれ
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:タルトレットショコラ 8個
種類別名称:チョコレート菓子・チョコレート
原材料:砂糖、ココアバター、全粉乳、カカオマス、バター、クリーム、ヘーゼルナッツ、水あめ、牛乳、いちごピューレ、さくらんぼ砂糖漬け、乳糖、ホエイパウダー、オレンジピューレ、小麦粉、脱脂粉乳、アーモンド、いちご砂糖漬け、オレンジ砂糖漬け、レモン砂糖漬け、アプリコットピューレ、レモン果汁、レモンピューレ、奮闘、フィアンティーヌ、オレンジ風味ペースト、レモン風味ペースト、いちご濃縮シロップ、アーモンドパウダー、カカオニブ、鶏卵、温州みかんピューレ、バターミルクパウダー、レモンパウダー、植物油脂、抹茶、バターオイル、ぶどう糖、転化糖、食塩、卵黄、グルコースシロップ、ココアパウダー、抹茶パウダー、ライムパウダー、砂糖混合異性化液糖、乾燥小豆/トレハロース、ソルビット、乳化剤、香料、糊料(増粘多糖類)、クエン酸、酸味料、着色料(赤40、赤102、紅花黄、青1、赤102、金、銀、カラメル)、酸化防止剤(V.C、糖添加ルチン、V.E、茶抽出物)膨張剤、pH調整剤、乳酸Ca、(一部に小麦・卵・乳成分・アーモンド・オレンジ・大豆・りんごを含む)
内容量:8個
販売者:ジェイインターナショナル(株)
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

人気ブログランキングへ にほんブログ村 スイーツブログ チョコレートへ

レガル・ド・チヒロ;オランジェット・グランクリュ

レガル・ド・チヒロ(RÉGAL DE CHIHIRO)は名古屋にある1963年創立のカフェ・タナカのブランドです。シェフ田中千尋氏は「父のコーヒーに合うフランス菓子を作りたい!」という想いでフランス菓子を学び、今や日本で最も熱い視線が注がれるパティスリーとなりました。

公式サイトの通販でオランジェット・グランクリュを買いました。パッケージは紙製のブック型化粧箱で、やや青みのあるピンク色。表紙部分に金色でブランドロゴが入っているクラシカルで可愛らしいデザインです。金色のオリジナルリボンで飾られています。

内表紙もきれい。カカオの樹が描かれていて大変凝っています。中身を食べ終わった後も大事に取っておきたくなりますね。
中には二種類のオランジェットが入っています。種類違いでも、太さ長さ共に揃っていて実に美しい。

ノワール・グリュエはカカオニブがまぶされています。商品説明によると「ベネズエラ産のナッツやコーヒーのコクを思わせるショコラが、オレンジの苦みとベストマッチ。カカオニブの食感の面白さも楽しめ」るとのこと。

なんてフォトジェニックなオランジェット。丁寧に作られたオレンジピールが上質なチョコレートで美しくコーティングされています。ビターチョコレートの苦味と爽やかなオレンジの香りと甘さが口いっぱいに広がりました。チョコレートを十分に味わえつつ、カリカリとした食感のカカオニブがよいアクセントになって、軽い食べごたえに仕上がっています。オランジェットとカカオニブの組み合わせは最高ですね。

ショコラ・オレです。商品説明によると「ドミニカ産の華やかな味わいのショコラが、オレンジの酸味とうま味を引き立たせます。口溶けの良いシンプルなテイスト」とのこと。

こちらはミルクチョコレートでコーティングしたもので、ノワール・グリュエと比べるとオレンジの味わいは幾分控えめですが、鼻に抜ける香りが甘美です。オレンジの香りがミルクチョコレートの甘い香りとよく調和しているので、食べやすい。余韻がとても長く続きます。

お値段は2,250円
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:オランジェットにカカオニブは必須にしましょう
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:オランジェット・グランクリュ
種類別名称:チョコレート
原材料:チョコレート(フランス、イタリア製造)、オレンジ果皮、砂糖、グルコースシロップ(小麦由来)、ブドウ糖、カカオ豆/乳化剤、香料、(乳製品・小麦・オレンジ・大豆を含む)
内容量:12本
製造者:(株)タナカ
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

人気ブログランキングへ にほんブログ村 スイーツブログ チョコレートへ