1501~3000円」タグアーカイブ

ママノ;チョコクッキー ダーク&ミルク 13枚BOX

ママノ(MAMANO CHOCOLATE)は、東京の赤坂見附にブティックを構える、エクアドル産のファインカカオ、アリバ種だけを使ったチョコレート店です。

今回ママノ代表の江沢様から、特別にクッキーのご提供がありました。ありがたく頂き、いつものように商品を紹介します。

チョコクッキー13枚 BOX は、紙製の化粧箱に茶色の巻紙が巻かれています。

巻紙を外しました。化粧箱は、温かみのある白を基調の蓋身式。高級感あるかぶせ蓋の中央にブランドロゴが金色に光ります。

深さのある蓋を開けると、中には個別包装されたクッキーが隙間なく入っていました。輸送にも強そうです。

二種類のクッキーが入っています。左がミルク、右がダークです。

個包装からクッキーを取り出しました。直径4センチの円盤型をしたプレーンなクッキーです。
商品説明によると「ミルクは、しっかりと甘さも感じられるクッキー。南国を感じるバナナのようなフレーバーを持つコロンビア産ホワイトチョコを生かしながら、アリバカカオで味に厚みと複雑さを加えています。粉乳由来のサクサクした食感」で、「ダークは、エクアドル産アリバカカオの力強さとフローラルな香りをダイレクトに感じられます。チョコレートをそのままクッキーにしたような、ビターな味わいで、ホロっとくずれるような食感」とのこと。

ミルクから頂きます。冷蔵庫から出したばかりで、ひんやり冷たい。口に入れるとホロホロと崩れて、バナナやヨーグルトを連想させるわずかに青みのあるクリーミーな甘味が広がりました。甘さは極めて控えめ。自然にナッツの柔らかな甘みを感じ取れます。

ダークも極々甘さ控えめな仕上がりです。スノーボールクッキーのように口の中でホロッと崩れ、上質なチョコレートが生み出す豊かな香りが広がります。軽やかな酸味、赤ワインを思わせるタンニンが生み出す味の深み、そして、アリバカカオ独特のフローラルな香りが余韻にまで長く続きます。

チョコレートをふんだんに使っています。クッキーといいつつも本質は焼きチョコのようで、最初冷蔵庫から出して室温に戻してみたら、表面がベタついて食感が緩くなりました。夏は冷蔵庫から出してすぐに食べるのが正解のようです。白茶あたりと相性が良さそうですが、私は最終的に凍らせてから冷たい牛乳と合わせて食べるところに落ち着きました。

お値段は2,900円。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:冷凍もイケます
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:アリバチョコクッキー 2種 13枚入り
種類別名称:チョコレート菓子
原材料:【アリバチョコクッキーダーク】チョコレート(エクアドル)、アーモンド、粉糖、本くず粉 / ひまわりレシチン
【アリバチョコクッキーミルク】ホワイトチョコレート、カカオマス(エクアドル)、アーモンド、粉糖、本くず粉 / レシチン(大豆由来)
内容量:13枚
製造者:ママノチョコレート (株)コータロー
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

人気ブログランキングへ にほんブログ村 スイーツブログ チョコレートへ

チョコラ;ツヴィトーク

チョコラ(CHOCOLA)のエレナ・オフシャニコワ(Elena Ovsyannikova)氏は店舗は持たず、モスクワ市内にアトリエを構えるフリーランスのショコラティエです。ジャーナリストとして活躍後、ショコラティエに転身。地元を愛し、家族を愛するママショコラティエは、今モスクワで最もモダンなショコラを作り出します。

サロン・デュ・ショコラ東京2020でチョコラ(CHOCOLA by Elena Ovsyannikova)のツヴィークを買いました。ツヴィトーク(Tsvetok)は花という意味です。
パッケージはパールカラーを貴重にした蓋身箱で、青いスリーブがアクセントカラーとしてついています。

チョコラ;ツヴィトーク
チョコラ;ツヴィトーク

中にはカラフルなボンボン3種類が二つずつ入っています。商品説明によると「気分が華やかになる。ラベンダー×パッションフルーツ、ローズ×赤ワイン、バタフライピー×ライチ。3種の花にマッチする素材を合わせ個性的なショコラに」とのこと。ボンボンの写真と名前が入ったリーフレットが入っています。

チョコラ;ツヴィトーク
チョコラ;ツヴィトーク

パッションフルーツとラベンダーは三段タワー型のホワイトチョコレートを使ったボンボンショコラです。斜めに黄色と紫色で彩色されています。

チョコラ;ツヴィトーク
チョコラ;ツヴィトーク

型抜きチョコレートなのでコーティングは厚め。口の中に入れたらしっかり噛み砕いて頂きます。真っ先にホワイトチョコレートの甘い香り、その直後にパッションフルーツの輝くような酸味が広がります。ラベンダーの香りはかすか。ボンボンショコラを噛んでいる間に鼻にふっと立ち上がる程度なので、それほど印象には残りません。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:
甘味:☆☆☆☆
風味:☆☆☆
その他:ラベンダーを感じるために集中しましょう

ローズ入りワインマーマレードは赤いゼリーです。粘り気があってカップシートに張り付いていました。

チョコラ;ツヴィトーク
チョコラ;ツヴィトーク

表面にグラニュー糖が散らされています。しっかりとした食感のゼリーにはフリーズドライのバラが入っていて、一口食べると赤ワインの温かな酸味と共に、ローズの香りが一気に立ち上がります。バラと赤ワインは最高の組み合わせ。いつまでもこの香りに包まれていたい気分になりました。

ライチとバタフライピーはドーム型の型抜きボンボンショコラでフリーズドライのバタフライピーが丸ごとトッピングされています。

チョコラ;ツヴィトーク
チョコラ;ツヴィトーク

型抜きチョコレートなのでコーティングは厚め。センターには二層になっていて上層にオレンジリキュール、下層に青いバタフライピーのクリームが入っています。鮮やかな青が印象的です。

チョコラ;ツヴィトーク
チョコラ;ツヴィトーク

ビターチョコレートの上質な苦味にリキュールの温かく甘い香りが混ざり、それを包み込むようにバニラの香りが広がります。歯ごたえに繊維質を感じながらバタフライピーを噛みしめまたらナッツ系の香りが広がりました。フリーズドライの花弁そのものではなく、それを固定していたチョコレートに由来している気がします。花の香りを閉じ込めるのは難しいですね。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆
その他:青色に惹かれました

お値段は2,430円。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:お花をもっと感じたかった
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:ツヴィトーク(花)
種類別名称:チョコレート菓子
原材料:砂糖、ココアバター、赤ワイン、クリーム(乳製品)、全粉乳、カカオマス、ブドウ糖液糖、花弁(バラ、バタルライピー)、バター、ライチ、ブドウ果汁、パッションフルーツ、オレンジリキュール、オレンジ、ワインビネガー、コーンスターチ、乳化剤(大豆由来)、着色料(ラズベリー色素、バタフライピー色素、ウコン色素、二酸化チタン)、ゲル化剤(ペクチン)、香料(ラベンダー、バニラ)、酸味料
内容量:6個
原産国名:ロシア
輸入者:世界チーズ商会(株)
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

人気ブログランキングへ にほんブログ村 スイーツブログ チョコレートへ
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

メサージュ・ド・ローズ ぺタル・ベリー【7日前後お届け】
価格:2149円(税込、送料別) (2020/1/30時点)


ニコラ・ベルナルデ;シュセット ショコラ ノワゼット

ニコラ・ベルナルデ(Nicolas Bernardé)は 2004年にMOFを取得。2005年のワールド・グルメ・サミットでは世界最高シェフの一人に選出されました。コルドンブルーパリ本校や、日本でルノートルの菓子学校で講師の経験があります。2011年パリ郊外にラボ兼ショップをオープンさせました。サロン・デュ・ショコラ東京では毎年大行列ができるブランドのひとつです。

サロン・デュ・ショコラ東京2020でシュセット ショコラ ノワゼットを買いました。

ニコラ・ベルナルデ;シュセット ショコラ ノワゼット
ニコラ・ベルナルデ;シュセット ショコラ ノワゼット

商品説明によると「ヘーゼルナッツがたっぷりついた棒付チョコレート」とのこと。

ニコラ・ベルナルデ;シュセット ショコラ ノワゼット
ニコラ・ベルナルデ;シュセット ショコラ ノワゼット

袋から出した側からポロポロと表面のナッツがこぼれます。
せっかくの棒付きなので思い切ってガブッといきたいところだけど、念の為断面を確認。

ニコラ・ベルナルデ;シュセット ショコラ ノワゼット
ニコラ・ベルナルデ;シュセット ショコラ ノワゼット

センターは二層になっていました。棒がさしてある部分は滑らかな口溶けのジャンドゥーヤ、上半分はフィユティーヌ入りのプラリネです。二つをビターチョコレートでコーティングした上に粗く砕いたヘーゼルナッツが振りかけられていました。見た目以上に凝っています。
せっかくの大きなポーションです。口の中いっぱいに美味しさを詰め込む贅沢をしてみましょう。粗く砕いたナッツの粒を感じながらかぶりつくと、まずはフィユンティーヌのザクザクとした歯ごたえ。それに混ざると粗いナッツがやわらかく感じるのが不思議。滑めらかなクリームが体温で溶けてチョコレートとナッツが口いっぱに広がったかと思うと、次はナッツの暖かな油脂の甘みが鼻に残ります。最後まで残るのがヘーゼルナッツの粗い粒なので、余韻は案外さっぱりしていました。
お値段は1,512円。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:すごく贅沢した気分
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:シュセット ショコラ ノワゼット
種類別名称:チョコレート菓子
原材料:砂糖、アーモンド、ヘーゼルナッツ、ジャンドゥージャ(ヘーゼルナッツ、砂糖、全粉乳、ココアバター、カカオ豆)、チョコレート(カカオ豆、砂糖、ココアバター、全粉乳、麦芽エキス)、フィユティーヌ(小麦粉、砂糖、乳脂肪、乳糖、乳たんぱく、食塩、モルトパウダー)、バター、ココアバター、食塩、膨張剤、乳化剤(大豆由来)、香料
内容量:1個
原産国名:フランス
輸入者:(株)センチュリートレーディングカンパニー
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

人気ブログランキングへ にほんブログ村 スイーツブログ チョコレートへ

これは同じタイミングで買ったチョコレートクリーム入りのマドレーヌ。お値段は378円。

ニコラ・ベルナルデ; チョコレートクリーム入りのマドレーヌ
ニコラ・ベルナルデ; チョコレートクリーム入りのマドレーヌ

家で軽く温め直してから頂きました。

ニコラ・ベルナルデ; チョコレートクリーム入りのマドレーヌ
ニコラ・ベルナルデ; チョコレートクリーム入りのマドレーヌ

とにかくバターの香りが素晴らしいのです。食べた後も長くよい香りが続きます。これは行列になるのわかるなあ。冬の日の暖かな日向でお昼寝しているような気分になりました。


チョコレート ナイーブ;カカオパルプ クランチ

リトアニアのビーントゥバーブランド、チョコレート ナイーブ(Chocolate Naive)は、「ユニークで美味しいチョコレートをつくる」というコンセプトのもと、ドマンタス・ウズパリス(Domantas Užpalis)氏によって創設されました。世界中のカカオ農園や新しい味の食材を探求し、その成果は2015年ワールド・チョコレート・アワーズ東ヨーロッパ部門で金・銀・銅賞など多数の受賞歴となって現れています。

サロン・デュ・ショコラ東京2002でカカオパルプを買いました。パッケージは、他の商品よりも厚みがあり、真ん中に覗き穴があります。そして何よりエンボス加工されたイラストがきれい。こだわった素材の意味を見事に伝えてくれます。

チョコレート ナイーブ;カカオパルプ クランチ
チョコレート ナイーブ;カカオパルプ クランチ

箱の中には I AM NAIVE と書かれた片面が透明の密閉袋に包まれて、ロゴマークのついたタブレットが入っています。ロゴマークはペニー・ファージング型の自転車に乗った男性を模ったものでアメリカ Stripe 社のデザイナーカロリス・コサス(Karolis Kosas)がデザインしたものです。フルカラーA4サイズのフレーバーノートもついていて、そのこだわりの深さに驚かされると同時に、ナイーブという名前が腑に落ちたり。

チョコレート ナイーブ;カカオパルプ クランチ
チョコレート ナイーブ;カカオパルプ クランチ

チョコレートは流線型のユニークな形をしています。タブレットは長方形という固定観念を壊したいのだとか。しかもワンパターンでなく、商品によって様々な形をしているのでその辺も注意してみてください。

裏返すと三つの大きなカカオパルプが収まり悪そうにくっついています。
商品説明によると「柔らかに仕上げたカカオパルプのフリーズドライを丸ごとトッピングしたという驚きのタブレット。ベースになっているチョコレートもホワイトカカオを使用。果実としてのカカオを愉しむことができます♪」とのこと。

チョコレート ナイーブ;カカオパルプ クランチ
チョコレート ナイーブ;カカオパルプ クランチ

カカオパルプはベージュ色をしていて多孔質です。風味はフリーズドライのリンゴに似ています。余韻にライチやシャインマスカットを思わせる爽やかな香りが広がります。

チョコレート ナイーブ;カカオパルプ クランチ
チョコレート ナイーブ;カカオパルプ クランチ


まるでミルクチョコレートのように明るい色のチョコレートバーです。ホワイトカカオでできたチョコレートはフローラスな香りを持ち、カシューナッツのようなまろやかな油脂感が楽しめます。新しいうちは若干の渋みを伴いますが、それはエイジングで次第に落ち着いてきそう。
フリーズドライのカカオパルプは食感がチョコレートと合わなくて大変食べづらい。体温で溶けたチョコレートに遅れてカカオパルプの甘酸っぱさが広がるのに閉口しました。二つの味の広りを同じタイミングにするには本来もっと工夫が必要に思えますが、この見た目のインパクトと試みの面白さに勝るものはない気がします。
カカオパルプの甘酸っぱさがホワイトカカオ渋みとのバランスを取った瞬間がおいしい。そのペアリングを楽しもうとすると結構な量のチョコレートを食べざるを得ず、Bean to Bar にしては消費スピードが早いのが悲しい。いつもならこのサイズ、もっとゆっくり楽しめるのにな。なんて贅沢なチョコレートなんだろう

とてもおもしろいチョコレートバーでした。会場で試食したポルチーニも面白かった。希少な材料を厳選し、作り手自身の喜びを込めて丁寧に作っているのがみてとれまます。どう考えても大量に作れるようなものではありません。これからもバレンタインデーシーズンの一時期しか手に入ることはないのでしょう。このブランドがこの先もっと評価されるようになったとしても、必ず私の手に入りますようにと願わずにはいられません。

お値段は2,160円。
総合点:☆☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:楽しいチョコレートをありがとう
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:カカオパルプ クランチ
種類別名称:チョコレート
原材料:カカオ豆、砂糖、カカオバター、乾燥カカオパルプ
内容量:1枚
原産国名:リトアニア
輸入者:(合)TA-WA
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

人気ブログランキングへ にほんブログ村 スイーツブログ チョコレートへ