1501~3000円」タグアーカイブ

エリタージュ;チュラック70% モノプランテーション

エリタージュ(ERITHAJ)はフランスのストラスブールを拠点にしてチョコレートの製造を手掛けながら、ベトナムベンチェ省にカカオの発酵施設を所有する Bean to Bar ブランドです。

日本橋三越本店で開催されたフランス展に行った時に、販売員さんにオススメされたのでエリタージュのチュラック70% モノプランテーション(CHO LÂCH 70% MONO-PLANTATION CHOCOLAT NOIR)を買いました。ベトナムの単一農園のカカオだけを使って作られたビーントゥバーです。

パッケージは草叢のペン画が印象的な包み紙です。

エリタージュ;チュラック70% モノプランテーション

包み紙の裏には、ビーントゥバーのイラストが描かれています。中身はアルミ箔に包まれたビターチョコレートで、モールドは 4×6のブロックに分かれたシンプルなものです。商品説明によると「酸味が穏やかで、カカオ感があり、ナッティー&チョコレーティーな味わい」とのこと。

エリタージュ;チュラック70% モノプランテーション

ココアの香りにラズベリーを思わせる酸味と甘み、穏やかな苦味が特徴のチョコレートです。わずかに燻製香も。噛むとわずかに粒子感を覚えます。食べやすいタブレットだと思いますが、ビーントゥバーを食べ慣れた口にはそれほど特別感がありませんでした。シングルオリジンとしてのブランド化をめざした製品なのかな。農園を軸にした様々な文化や味の展開が見られるようになると、面白そうですね。
お値段は1,944円
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆
風味:☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:農園名が出てきたら楽しいのに
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:エリタージュ チュラック70% モノプランテーション
種類別名称:チョコレート
原材料:カカオ豆、砂糖、カカオバター
内容量:100g
原産国:フランス
輸入者:(株)トモエサヴール
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

人気ブログランキングへ にほんブログ村 スイーツブログ チョコレートへ

ママノチョコレート;ボンボンショコラ アリバアソート10個

東京・赤坂のママノチョコレート(MAMANO CHOCOLATE)はエクアドル産ファインアロマカカオである希少品種アリバカカオを使用したチョコレート専門店です。

オンラインショップでボンボンショコラ アリバアソート10個を買いました。パッケージは白を貴重にした蓋身式化粧箱で、中央部分に金字でブランドロゴが入っています。

中には 6 種類のドーム型ボンボンショコラ 10 個と商品説明が書かれたリーフレットが入っています。
色とりどりのマーブルカラーがきれい。

整形も美しく、カラーリングで種類が見分けやすくできています。プラスチック製の仕切り枠とグラシンカップでしっかり固定されているので輸送にも十分堪えます。購入者が口に運ぶまでの過程をよく理解して、商品設計しているのが感じられます。
コンビニ菓子であれば当たり前ことですが、こういうのってなかなか出来ないことなんですよ。

モロッコ産アルガンオイルは緑のドーム型ボンボンショコラ。商品説明によると「最高級フェアトレード アルガンオイルを使用。香ばしい香りが特徴(アルコール1.9%)」とのこと。

型抜きボンボンショコラですが、ドーム型のシェルが薄く作られているので、口に入れてからの溶け方がスムーズです。すばらしい。センターはアルガンオイルを使ったガナッシュです。
アルガンオイルはアルガンノキの種子から得られる植物油です。食べ慣れない食材なので、最初その香りを受け止められませんでした。余韻に広がるナッツ系の香りを辿って、二個目はかすかに青みのあるアルガンオイルの風味をキャッチ。確かにこれはママノのチョコレートと相性が良い香りです。うまく両者が引き立てあって豊かな風味を広げていました。

ヘーゼルナッツはオレンジ色のドーム型ボンボンショコラ。商品説明によると「ローストしてキャラメリゼしたザクザクの食感と、香ばしいナッツの風味が特徴のプラリネ(ノンアルコール)」とのこと。

このアソートの中で唯一センターがプラリネです。アリバカカオのチョコレートによるフローラルな風味にへーセルナッツとキャラメルの甘みが加わって食べやすいお味に仕上がっています。ザクザクとした食感がどこか上品で微笑ましく思いました。

パッションは赤いドーム型ボンボンショコラ。商品説明によると「種子島産パッションフルーツの爽やかな明るい酸味(アルコール2%)」とのこと。

パッションフルーツの酸味が華やかな風味を広げます。パッションフルーツには柑橘を連想させる鮮烈な酸味があるので、赤い着色なのを不思議に思いましたが、食べてみたらまるでラズベリーのような華やかな香りで納得。酸味は極々控えめ。洋酒の香りが余韻に広がって良い気分になれます。

ゲラントの塩は青いドーム型ボンボンショコラ。商品説明によると「ゲラントの塩でほのかに塩気を感じるガナッシュ(アルコール2.6%)」とのこと。

センターが旨味のある塩を含んだガナッシュです。アルコール分が高めで、センターには幾分弾性も感じられ、このアソートの中では最も濃厚なチョコレート気分を味わえました。一粒食べるともっと食べたくなるような、後を引く味だと思いました。
禁断の味。危険、危険。

日本にみつばちの蜂蜜は黄色のドーム型ボンボンショコラ。商品説明によると「香川県産金比羅山周辺から採集。濃厚ですっきりとした味わいの蜂蜜を使用(アルコール2.4%)」とのこと。

とろりとなめらかに広がるガナッシュ。鼻に軽くハチミツの香りが立ち上りました。洋酒が最初から強めに広がって、まるで花々に満ちた温室に迷い込んだみたいな気分です。余韻にまでハチミツの香りがしっかりと残ります。

スイートは白いドーム型ボンボンショコラ。商品説明によると「アリバカカオ特有の華やかな香りをシンプルに表現したガナッシュ(アルコール2.6%)」とのこと。

口の中でコーティングが割れた瞬間、まろやかなガナッシュが広がり、洋酒の香りとアリバカカオ特有の優美な香りが絡みあって広がります。後半にコーティングのチョコレートが、レーズンを思わせる深い香りを放ちます。もう一個食べたかったなあ。

様々な産地の特徴あるカカオを使ったチョコレートを気軽に食べ比べできるようになりました。そんな中で希少なアリバカカオだけを使って商品開発されているママノチョコレートは稀有な存在です。ひとつのチョコレートを軸に、様々な素材を組み合わせてその魅力を丁寧に引き出していく探究心にいつも驚かされています。創造主の慈愛に満ちた手がカカオ発祥の地エクアドルでアリバカカオを生み出したように、ママノチョコレートに携わるひとりひとりの作り手の慈しみが伝わってくるアソートでした。

お値段は3,800円
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:味もカラフル
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:神様のボンボンショコラ 10個
種類別名称:チョコレート
原材料:チョコレート(エクアドル)、生クリーム、水飴、転化糖、全粉乳、バター、蜂蜜、ヘーゼルナッツ、パッションフルーツ、アルガンオイル、砂糖、スピリッツ、塩/着色料(カカオバター、二酸化チタン、黄4、赤40、青1、青2)
内容量:10個
製造者:ママノチョコレート(株式会社コータロー)
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

人気ブログランキングへ にほんブログ村 スイーツブログ チョコレートへ

ゴディバ;フォーシーズンズ カカオジャーニー 4粒入

日本橋髙島屋のアムール・デュ・ショコラ2020でフォーシーズンズ カカオジャーニー(Four Seasons Cacao Journey)4粒入を買いました。

商品説明によると「~カカオでめぐる、はじめての四季~ ゴディバのシェフショコラティエが、⽇本の四季折々の素材とベストな相性のカカオを合わせてつくり上げた、今しか味わえないこだわりのコレクション。 ⽇本の四季を感じながら味わう新しいマリアージュをお楽しみください」とのこと。

パッケージはオレンジ色を基調に縦ストライプに植物を思わせる模様が入ったもの。独特の陰影があります。南ドイツに起源のある紙染め技法クライスターパピア作家 Schwan 森住香氏が手掛けたものです。

中には4種類のボンボンショコラが入っていました。

冬 クリーミー ストロベリーは赤いハート型のボンボンショコラ。散らされた金箔がきれい。商品説明によると「完熟いちごのクリーミーなガナッシュをまっ赤なハート形のホワイトチョコレートで包み、金箔で飾りました。爽やかな酸味と甘みがお口の中でとろける絶妙なバランスをお楽しみください」とのこと。

センターはイチゴの香りが詰まったホワイトチョコレートのガナシュ。ほんのりピンク色をしています。イチゴの甘酸っぱさがミルクのまろやかな香りに包まれて、どこまでも優美に広がります。余韻にもイチゴの甘い香りが長く続きます。洋酒が加わることで、過去のものよりも余韻に広がりが出ました。

春 ピスタチオ 桜の葉は長方体で赤い点で丸が描かれたボンボンショコラ。商品説明によると「ベネズエラ産43%カカオのミルクチョコレートとピスタチオペーストを混ぜた優しい味わいのガナッシュに桜の葉を合わせ、ミルクチョコレートでコーティング。桜をイメージしたピンクのドットを飾りました。桜の葉の華やかな香りと甘美な味わいが絶妙にバランスされ、まるで日本を旅しているかのような気分に」とのこと。

センターが妙に緑色なのに驚かされました。モスグリーンのガナッシュはミルクチョコレートとピスタチオペーストを混ぜたものだそうです。桜の葉の香りをピスタチオの味わいと清涼感で支えミルクの香りでうまく調和を取っています。すっきりとした味わいがおいしい。洋酒が入っているので余韻に華やかさがあります。やはり大分印象が変わりました。

夏 ライムは緑色をしたドーム型のボンボンショコラ。商品説明によると「夏の太陽を浴びて育った爽やかなライムのピューレに瀬戸内産レモンピールを合わせたホワイトチョコレートのガナッシュに、とろっとした口当たりのライムゼリーを重ね、ホワイトチョコレートでコーティング。鮮やかなライム色に仕上げました」とのこと。

センターはレモンの香りが詰まったホワイトチョコレート、割ると液状のライムピューレがこぼれます。コーティングもセンターもホワイトチョコレートで、フレッシュで鮮やかな柑橘の香りととろけるようなミルクの香りが口いっぱいに広がります。余韻は甘いミルクの香り。

秋 マロン ガナッシュはロゴ入りで金箔があしらわれた楕円形のボンボンショコラ。商品説明によると「和栗のペーストにベネズエラ産43%カカオのミルクチョコレートを混ぜ合わせたなめらかなガナッシュをミルクチョコレ―トでコーティングし、金箔とGODIVAロゴを飾りました。マロンの芳醇な香りで日常の喧噪から解き放たれる、大人のひとときをお楽しみください」とのこと。

センターは和栗とブランデーが香るガナッシュ。秋の輝くような日差しを感じさせます。口に入れると体温で素早く溶けていきます。ボンボンの美しさや滑らかな口当たりはそのまま、素材を印象づける雰囲気のある香りがとてもよく表現されています。新生ゴディバを象徴する一粒です。

お値段は2,160円。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:日本の四季を召し上がれ
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:フォーシーズンズ カカオジャーニー 4粒入
種類別名称:チョコレート菓子
原材料:砂糖、ココアバター、全粉乳、生クリーム、栗ペースト(栗、砂糖)、カカオマス、いちごピューレ(いちご、転化糖シロップ)、ライムピューレ、バター、洋酒、転化糖、キャラメルクリーム、ピスタチオ加工品(ピスタチオ、砂糖、水飴、植物油脂)、水飴、砂糖結合水飴、いちご顆粒、桜葉加工品、レモンの皮、植物油脂、練乳パウダー/着色料(黄4、二酸化チタン、金箔、赤3、青1、赤40、ビートレッド、青2、赤2)、乳化剤、香料、酸味料、安定剤(増粘多糖類)、ミョウバン、酸化防止剤(V.E、V.C)、(一部に乳成分・大豆・りんごを含む)
内容量:4粒
販売者:ゴディバ ジャパン(株)
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

人気ブログランキングへ にほんブログ村 スイーツブログ チョコレートへ

オー ドワ ド ジャン・バール;ドワ ド ジャン・バール

オー ドワ ド ジャン・バール(Aux Doigts de Jean Bart Patisserie)はベルギーとフランスの国境に近いダンケルクで1905年に創業。1958年に考案された「ドワ ド ジャン・バール」が大変評判を呼び、今では地方銘菓の顔として地元の方からも広く愛されているとか。現在は4代目のジャン=ダニエル・ヴァンドゥワル(Jean Daniel Vandewalle)氏が経営を引き継いでいます。今年、日本に初上陸のブランドです。

日本橋タカシマヤのアムール・デュ・ショコラ2020(Amour du Chocolat 2020)でドワ ド ジャン・バール(LE DOIGT DE JEAN BART )を買いました。ジャン・バールの指という意味です。薄いピンク色のリボンで飾られたパッケージは、ベージュ色を基調にした蓋身箱で、蓋にトリコーンをかぶりレイピアを振り上げるシルエットが入っています。

商品名に入っているジャン・バールとは、17世紀に活躍したダンケルク出身のフランス海軍大尉のことで、ルイ14世の元で活躍して名を馳せました。ダンケルクの街の中心部にはジャン・バール広場があり、シルエットの元になっている銅像が立っています。

中には二種類3本のブシェ(大型のボンボンショコラ)が入っています。おおよそ幅3×縦8センチの大きさです。商品説明によると「コーヒー風味のバタークリームをアーモンドとヘーゼルナッツ入りの生地で挟み、チョコレートでコーティングした風味豊かなチョコレート菓子」とのこと。チョコレートはヴァローナのクーベルチュールを使っています。

こちらはミルクチョコレートコーティング。表面にジャン・バール像のシルエットと商品名、創業地、創業年のプリントが施されています。

見た目からは想像もできないほどに柔らかな食べ心地です。断面を見れば一目瞭然。中身はコーヒー風味のバタークリームが大部分で、上下にダクワーズ生地が少しあるばかり。しかもクリームはホイップクリームのような柔らかさです。

ほとんどチョコレートのコーティングだけで形を保っているようなものでした。おかげで口に入れると体温ですっと溶けていきます。なんて繊細はお菓子なのでしょう。

もう一つはビターチョコレートのコーティング。ミルクチョコレートのコーティングと比べると、幾分固さがあります。

バタークリームが甘いので、私はよりさっぱりと食べられるビターチョコレートの方が好みでした。

アーモンドたっぷりの生地がシャキシャキと歯ごたえをもたらして、飽きさせない食べ応えです。
お値段は1,620円。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆☆☆
風味:☆☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:これはいくらでも食べられそう
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:ドワ ド ジャン・バール
種類別名称:洋菓子
原材料:砂糖、バター、粉糖、ココアバター、カカオマス、全卵、卵白、全粉乳、ヘーゼルナッツパウダー、皮付きアーモンドパウダー、転化糖、コーヒーエキス/乳化剤(大豆由来)、着色料(二酸化チタン、黄4、黄5)、香料
内容量:3個
原産国名:フランス
輸入者:(有)メルカート
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

人気ブログランキングへ にほんブログ村 スイーツブログ チョコレートへ
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

森のボンボン(12ピース)
価格:4860円(税込、送料別) (2020/11/14時点)