サロン・デュ・ショコラ2016 イートイン その5

サロン・デュ・ショコラのイートインの紹介が続きます。

ヨシノリ・アサミ(Yoshinori Asami)のクレームグラッセショコラを買いました。ヨシノリ・アサミはパティシエ浅見欣則氏が率いるブランドで2015年に東京の巣鴨にお店を開きました。クレームグラッセショコラはミルクチョコレートとアールグレー二種類のアイスの組み合わせ。クルミのパンワークをトッピング。お値段は670円。入場してすぐに行ったので待ち時間なし。ラッキー。
ヨシノリ・アサミ;クレームグラッセショコラ
クレームグラッセは卵黄の入らないアイスクリームのこと。名前のとおり軽い口当たりが魅力のアイスクリームです。アールグレイのフローラルな香りもさっぱりしたミルクチョコレートも、どちらも申し分なくおいしい。チョコレート色のコーンは内側にチョコレートの層があって見た目以上にチョコレート味。キャラメルがけした大きなピーカンナッツのパンワークは連れに食べられちゃいました。

クリスチャン・カンプリニ(Christian CAMPRINI)のシュシュショコラも買いました。クリスチャン・カンプリニは2004年にM.O.F.を取得。2012年、南仏のヴォルヴォンヌにお店をオープンしました。シュシュショコラはハイアット・リージャンシー東京(Hyatt Regency Tokyo)の佐藤浩一シェフとタイアップして作られた商品です。お値段は540円。
クリスチャン・カンプリニ;シュシュショコラ
空腹に染み入るおいしさです。一口サイズの丸いベニエ(果物を詰めた生地を油で揚げたお菓子)は食べやすさも魅力です。甘くて口当たりのよい柔らかな生地にミルクチョコレートが注入されています。甘い生地とチョコレートの組み合わせでフライしてあるのにクドさを感じないどころか清涼感を感じるのはオレンジの香りがあるからですね。お口に幸せが訪れました。
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:シュシュショコラ
種類別名称:油菓子
原材料:砂糖、小麦粉、生クリーム、バター、卵、サラダ油、カカオ豆、転化糖、カカオバター、オレンジフラワーウォーター、イースト、食塩、乳化剤(大豆由来)
内容量:5個
製造者:(株)三越伊勢丹
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください