ビーントゥバー」タグアーカイブ

パンプストリートベーカリー;ミニバー サワードゥ&シーソルト

パンプストリートベーカリーチョコレート(Pump Street bakery Chocolate)はイギリスの小さな家族経営のベーカリーカフェです。直接家族経営のカカオ農園や協同組合から小ロットでカカオを購入し、カカオ豆から板チョコレートを作っています。

渋谷スクランブルスクエアのc7h8n4o2(チョコガカリ)でサワードゥ&シーソルトのミニタブレットを買いました。試食してみたかったのでミニサイズの存在がありがたい。
パッケージはベージュ色を基調にしたアルミの密閉袋です。

中にはミニタブレットが入っています。商品説明によると「HCP認証のエクアドル産ハシエダリモンの『アリバ種』のカカオを使用した66%ダークチョコレートに、自家製天然酵母パンのパン粉とイギリス海塩を混ぜ込んだ1枚。ザクザクしたパン粉の食感と海塩の塩味で病みつきになる1枚」とのこと。

サワードゥというのは、パン作りで使う天然酵母サワー種のことで、これを使うとやや酸味のあるパンができあがります。こちらのチョコレートには、そのサワー種で作ったパン粉が混ぜ込まれているというわけ。
チョコレートを口に含むと、まずは舌先に海塩のミネラル感。プラリネのようなザクザクとした歯ごたえを感じると共にエクアドル産アリバ種に特有のフローラルな香りが漂います。そのボディの強さは混ぜ込まれたパン粉によって随分とまろやかです。チョコレートにパン粉と海塩が不均一に混ざりって味のアクセントを変えるのが、純粋に面白く思いました。
チョコレートに混ぜると、パン粉ってこんなにも甘く感じるものなんですね。
お値段は486円。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆
風味:☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:パン粉の効果が面白かった
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:ミニバー サワードゥ&シーソルト
種類別名称:チョコレート
原材料:カカオ豆、砂糖、カカオバター、小麦粉、塩(シーソルト)、イースト(一部に小麦を含む)
内容量:20g
原産国名:イギリス
輸入者:(株)トモエサヴール
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

つい最近アラン・デュカスのエクアドルを食べたばかりなので、つい比べたくなります。
アラン・デュカスの方は塩がボディの強さをより強調し、ディープな味わい。パンプストリートベーカリーの方も海塩が同じ効果をもたらしていますが、パン粉が混ざることで味わいがまろやかになるので、圧倒的に食べやすかった。
ベースのチョコレートが似ているだけにブランドの個性が際立ち、比較し甲斐がありました。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 スイーツブログ チョコレートへ
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ロッテ商事 クランキーあげパン 1枚
価格:118円(税込、送料別) (2020/2/3時点)


チョコレート ナイーブ;カカオパルプ クランチ

リトアニアのビーントゥバーブランド、チョコレート ナイーブ(Chocolate Naive)は、「ユニークで美味しいチョコレートをつくる」というコンセプトのもと、ドマンタス・ウズパリス(Domantas Užpalis)氏によって創設されました。世界中のカカオ農園や新しい味の食材を探求し、その成果は2015年ワールド・チョコレート・アワーズ東ヨーロッパ部門で金・銀・銅賞など多数の受賞歴となって現れています。

サロン・デュ・ショコラ東京2002でカカオパルプを買いました。パッケージは、他の商品よりも厚みがあり、真ん中に覗き穴があります。そして何よりエンボス加工されたイラストがきれい。こだわった素材の意味を見事に伝えてくれます。

チョコレート ナイーブ;カカオパルプ クランチ
チョコレート ナイーブ;カカオパルプ クランチ

箱の中には I AM NAIVE と書かれた片面が透明の密閉袋に包まれて、ロゴマークのついたタブレットが入っています。ロゴマークはペニー・ファージング型の自転車に乗った男性を模ったものでアメリカ Stripe 社のデザイナーカロリス・コサス(Karolis Kosas)がデザインしたものです。フルカラーA4サイズのフレーバーノートもついていて、そのこだわりの深さに驚かされると同時に、ナイーブという名前が腑に落ちたり。

チョコレート ナイーブ;カカオパルプ クランチ
チョコレート ナイーブ;カカオパルプ クランチ

チョコレートは流線型のユニークな形をしています。タブレットは長方形という固定観念を壊したいのだとか。しかもワンパターンでなく、商品によって様々な形をしているのでその辺も注意してみてください。

裏返すと三つの大きなカカオパルプが収まり悪そうにくっついています。
商品説明によると「柔らかに仕上げたカカオパルプのフリーズドライを丸ごとトッピングしたという驚きのタブレット。ベースになっているチョコレートもホワイトカカオを使用。果実としてのカカオを愉しむことができます♪」とのこと。

チョコレート ナイーブ;カカオパルプ クランチ
チョコレート ナイーブ;カカオパルプ クランチ

カカオパルプはベージュ色をしていて多孔質です。風味はフリーズドライのリンゴに似ています。余韻にライチやシャインマスカットを思わせる爽やかな香りが広がります。

チョコレート ナイーブ;カカオパルプ クランチ
チョコレート ナイーブ;カカオパルプ クランチ


まるでミルクチョコレートのように明るい色のチョコレートバーです。ホワイトカカオでできたチョコレートはフローラスな香りを持ち、カシューナッツのようなまろやかな油脂感が楽しめます。新しいうちは若干の渋みを伴いますが、それはエイジングで次第に落ち着いてきそう。
フリーズドライのカカオパルプは食感がチョコレートと合わなくて大変食べづらい。体温で溶けたチョコレートに遅れてカカオパルプの甘酸っぱさが広がるのに閉口しました。二つの味の広りを同じタイミングにするには本来もっと工夫が必要に思えますが、この見た目のインパクトと試みの面白さに勝るものはない気がします。
カカオパルプの甘酸っぱさがホワイトカカオ渋みとのバランスを取った瞬間がおいしい。そのペアリングを楽しもうとすると結構な量のチョコレートを食べざるを得ず、Bean to Bar にしては消費スピードが早いのが悲しい。いつもならこのサイズ、もっとゆっくり楽しめるのにな。なんて贅沢なチョコレートなんだろう

とてもおもしろいチョコレートバーでした。会場で試食したポルチーニも面白かった。希少な材料を厳選し、作り手自身の喜びを込めて丁寧に作っているのがみてとれまます。どう考えても大量に作れるようなものではありません。これからもバレンタインデーシーズンの一時期しか手に入ることはないのでしょう。このブランドがこの先もっと評価されるようになったとしても、必ず私の手に入りますようにと願わずにはいられません。

お値段は2,160円。
総合点:☆☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:楽しいチョコレートをありがとう
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:カカオパルプ クランチ
種類別名称:チョコレート
原材料:カカオ豆、砂糖、カカオバター、乾燥カカオパルプ
内容量:1枚
原産国名:リトアニア
輸入者:(合)TA-WA
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

人気ブログランキングへ にほんブログ村 スイーツブログ チョコレートへ

フーチョコレーターズ;パン カシューミルクチョコレート

フーチョコレーターズ (foo CHOCOLATERS)は広島県尾道市にあるビーントゥバーメーカーのウシオチョコラトル(USHIO CHOCOLATL)から派生したブランドで、植物性の材料のみを使用したシンプルかつ上品なヴィーガンミルクチョコレート専門店です。広島空港内にブティックを構えています。

渋谷パルコにあるギャラリースペース COMING SOON のバレンタインデー催事 Next Cho(co)llective ネクスト チョコレクティブで PAN カシューミルクチョコレートを買いました。パッケージはウシオチョコラトルと共通して六角形のパターンですが、紙質が異なり、光沢感を伴う薄手のものを採用しています。

パッケージのデザインに使われているのは20代の気鋭写真家・石田真澄氏撮りおろしのもの。柔らかい光の表現がブランドのイメージとよく合っています。

帯を外して裏返すと、六角形のパッケージは蕾のように閉じられているのがわかります。

重なった花びらを押し広げるように開けると、極薄手のパラフィン紙で六角形になるようにチョコレートが包まれていて銀色の三角のシールで止められていました。これ、工程的にはどうやって包んでいるんでしょう。きっと治具があるんだろうな。工房を見たくなります。

意外にも、中からは丸いチョコレートバーが現れました。メルセデスのスリーポインテッド・スターのように三等分する溝が入っています。
商品説明によると「カカオ豆・有機砂糖・カシューナッツを使ったカシューミルクチョコレート。カカオ豆はグァテマラのエル・ポルヴェニル農園のものを使用。果実のようなフルーティーさが特徴です。『誰にでも愛され、愛を届ける存在になってほしい』という思いを込め、接頭辞として使用され『全』や『汎』といった意味を持つ『PAN』と名付けました」とのこと。なるほど、商品名の由来は Pan Pacific とか pandemic とかの接頭辞ですか。

ミルクチョコレートらしく質感はやわらかです。口に含むとすぐに体温で溶けていきます。プルーンを思わせる奥行のあるフルーティーな香りにナッツの旨味と芳ばしさ、そしてミルクチョコレートらしいまろやかさ。ホワイトカカオを思い出させます。
カシューナッツは一歩間違えると臭くなりがち。そこを絶妙なバランスで取り込みつつ、チョコレートに油脂のまろやかさを与えていました。上手いなあ。
お値段は734円。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:まるでポルチェラーナ
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:PAN カシューミルクチョコレート
種類別名称:チョコレート
原材料:カカオ豆(グァマテラ産)、有機砂糖、カシューナッツ、カカオバター
内容量:25g
製造者:AKATSUKI SYNDICATE(株)
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

私自身はビーガンではないけれど、乳糖不耐性なのは自覚しているので、こういった乳成分を代用した食品やアレルギー対策等の配慮が取られた商品で、しかも「おいしい」ものが作られることを嬉しく思っています。誰だって美味しいものが食べたいに決まってるものね。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 スイーツブログ チョコレートへ

アエラン チョコレート メイカーズ;ヴィーガンチョコレート ナンガイ入り

アエラン チョコレート メーカーズ(Aelan Chocolate Makers)は、社会貢献の思いとともにバヌアツ諸島のカカオ生産者を全力支援。島から調達したカカオ豆でシンプルなダークチョコレートを製造し、国際的なコンペティションでも評価を高めています。

アエラン チョコレート メーカーズの母体は、ACTIVというNGOです。彼らはバヌアツの生産物をフェアトレード取引し、バヌアツの生産者やコミュニティが持続可能な収入を得られるよう支援しています。

サロン・デュ・ショコラ東京2020でバヌアツ産ヴィーガンチョコレート ナンガイ入りを買いました。カカオが描かれた華やかな封筒型のパッケージです。

金色の内装の中にはチョコレートバーが入っています。モールドにはカカオの花がデザインされています。商品説明によると「アーモンドに似た上品なオイルを感じるバヌアツ産の『ナンガイオイル』を絶妙なバランスでプラスしました。カカオだけでなくバヌアツ特産の素材も積極的に取り入れています」とのこと。

裏を返すとナンガイナッツが散りばめられていました。

袋を開けた瞬間からすごい匂いがしました。タバコの葉とかマッシュルームとかを思い出させるドライな香りです。ラプサンスーチョンのような燻製香にも近い。トップノートが妙に臭くて、最初松の実を焦がしたようなあまりよくない印象を持ちました。ベースのチョコレート自体はトリニダード・トバゴ産のチョコレートによくあるタイプのやや癖のある系統です。品種の系統が近いのでしょう。フルーティーな酸味に黒糖やハチミツが混ざった味わい。それにナンガイのカシューナッツを合わせたような旨味を伴う焦げ臭が加わります。食べている時々にミネラル感もあるような。
ドライで焦げ臭があってミネラル感。明らかにスイーツではなく料理の枠組み。不思議なことに食べ進めるうちに癖になって、シガーをくゆらすような調子で楽しめました。食べ終わる頃にはナンガイの香りもカシューナッツのような芳ばしさになりました。甘くてまろやかなスイーツに身を委ねてリラックスするみたいに、こんなビターでドライな珍味でダウナー系の落ち着きを求めるのも案外悪くない。この手は少量じゃとても判断できないので、試食はやめて一枚買いましょう。
お値段は1,321円。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆☆☆
甘味:☆☆
風味:☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:妙に癖になる
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:バヌアツ産ヴィーガンチョコレート ナンガイ入り
種類別名称:チョコレート
原材料:カカオ豆70%、砂糖25%、ナンガイ5%
内容量:45g
原産国名:バヌアツ
販売者:(有)フルヤ物産
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

臭いに覚えがあると思ったら、ナシゴレンを作る時に入れるカピ(タイ料理に使われるエビペースト)でした。まさか甲殻類とはね。

まさかカピの香りがするとはね
まさかカピの香りがするとはね
人気ブログランキングへ にほんブログ村 スイーツブログ チョコレートへ