スポンサーリンク
スポンサーリンク

和光;コクリコ

商品

和光(WAKO Chocolate)は、銀座のランドマークとして知られる和光本館。その隣に建つ和光アネックス内に、日本のハイブランドチョコレートの先駆けである和光のチョコレートショップがあります。煌めくような眩い店内には常時30種ほどのスイーツが揃います。

通販で日本橋三越本店限定販売品のコクリコを買いました。

梱包を開けたら、こんなにも可愛らしいヒナゲシのデザインが入ったハンドバッグ型のケースが現れました。感嘆のため息しか出ません。

チョコレートでこれほど素敵なパッケージは滅多にありません。手に持って、いろんな角度から眺めてはため息の繰り返し。
私がどれほど感動したか、伝わるとうれしいのですが。

赤いリボンに飾られたパッケージは、蓋身一体型の化粧箱です。蓋の中央にブランドロゴが金色で描かれていて、大変気品あふれるデザインです。手にした時の質感も開閉の締まりの良さも全てにおいて気持ちがよいのはもちろんでしたし、箱の裏の食品表示シールが一切箱を傷めることなくスルスルと取れたのには感謝の気持ちが自然とあふれました。

商品説明によると「ポピーの一種であるヒナゲシの風味を生かした、ショコラ・フレの詰め合わせ。バニラ、フランボワーズ、エスプレッソの3種入り。ヒナゲシの花言葉は『感謝』なので、お礼として贈るのにもおすすめ」とのこと。

中には商品の説明が書かれたリーフレットと、3種類5個のボンボンショコラが入っています。お花の模様に光沢のあるパウダーがまぶされたボンボンショコラです。

並んだ姿の可愛らしいこと。食べるのが勿体ないとは、まさにこのチョコレートのことを言うのではないでしょうか。

フランボワーズは赤紫色のパウダーで色付けされた、大きなボンボンショコラです。一口で食べたら幸せな香りに包まれるのはもちろん、好奇心にかられて中身を確認するために半分に切ったとしても、このサイズなら十分に楽しめそう。

ココナッツのような香りを伴うビターチョコレートのコーティングの中に軽くフランボワーズの香りを付けたガナッシュが入っています。口の中で溶けると、パウダリーでフローラルな香りの中から赤い酸味が顔を覗かせて、頬をキュッと刺激しました。フランボワーズはとても控えめに香ります。たおやかな茎に支えられて赤いヒナゲシが僅かな風にゆらゆらと揺れるような、儚げなきらめきです。やや舌触りにざらつきが残りますが、パウダリーな香りの中で違和感はありません。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆
風味:☆☆☆
その他:赤い酸味が儚げ

エスプレッソは金色のパウダーで色付けされた、大きなボンボンショコラです。

ミルクチョコレートのコーティングの中にコーヒーの香りのガナッシュと細かく砕いたフィヤンティーヌが入っています。噛むとフィヤンティーヌがザクザクと楽しい歯ごたえをもたらし、ミルクの甘い香りと鮮明なエスプレッソの苦味が同時に広がりました。余韻にもエスプレッソの苦味が残るのは珍しい。大人向きのミルクチョコレートですね。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆☆☆
甘味:☆☆☆☆
風味:☆☆☆
その他:かなり苦め

バニラは銀色のパウダーで色付けされた、大きなボンボンショコラです。

ココナッツのような香りを伴うビターチョコレートのコーティングの中に、軽めにバニラの香りを付けたガナッシュが入っています。フローラルなチョコレートの香りの後、センターが溶け出すと口の中にバニラの香りがやや苦味を伴って広がりました。キャラメルのようなまろやかさ。やや舌触りにざらつきが残ります。余韻にまで長く甘い香りが残りました。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆☆
その他:パウダリーなチョコレート

お値段は2,916円
総合点:☆☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆☆
値段:☆☆☆☆
その他:さすが和光としか言いようがありません
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:コクリコ
種類別名称:チョコレート菓子
原材料:砂糖、カカオマス、ヘーゼルナッツ、カカオバター、ラズベリー、生クリーム、バター、転化糖、全粉乳、小麦粉、コーヒー、果糖ぶどう糖液糖、ショートニング、脱脂粉乳、バニラエキス、モルトエキス、植物油脂、食塩、バニラ、デキストリン/香料、乳化剤(大豆由来)、着色料(二酸化チタン)
内容量:5個
製造者:(株)グルメ和光
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

人気ブログランキングへにほんブログ村 スイーツブログ チョコレートへ
スポンサーリンク
商品
lovechocoをフォローする
Love Choco

コメント

タイトルとURLをコピーしました