メゾン・ランドゥメンヌ トーキョー;エクレア・ショコラ

港区麻布台にこの春新しく出来たメゾン・ランドゥメンヌ トーキョー(Maison Landemaine Tokyo)は、クロワッサンが評判のブーランジェリー。六本木駅から距離があり不便なところにあるにも関わらず、今も開店時間の朝7時から行列が途絶えません。

メゾン・ランドゥメンヌは、ブーランジェ(パン職人)の石川秀美氏と、公私共にパートナーであるパティシエのロドルフ・ランドゥメンヌ氏の二人が2006年にパリに立ち上げました。季節感を大切にしたコンセプトと品質が評価されて、グルメガイドであるピュドロ・パリ(Pudlo Paris)にて、 ブーランジェリー・オブ・ザ・イヤー パリ(パリ最高パン屋賞)を受賞しました。
クロワッサンがおいしいのはもちろんですが、こちらの本場仕込のパティスリーも見逃せません。

エクレア・ショコラ(Éclair chocolat)です。簡易包装で持ち帰ったので、チョコレートが一部はがれてしまいました。表面のグラサージュがつややかです。
メゾン・ランドゥメンヌ トーキョー;エクレア・ショコラ
シュー生地はしっとりとしていて、やや重め。中にはミルクチョコレートのクリームがたっぷり入っています。生地の塩っぱさとクリームの甘さが絶妙。最近は軽さを求めたエクレアが流行っていますが、こういうエクレアは食べ応えがあってうれしい。エッジの効いた味でコーヒーがすすみます。しばらくこのエクレアを基準にして好き嫌い評価しそう。
お値段は380円。
総合点:☆☆☆☆☆
外観:☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆☆☆
風味:☆☆☆☆
値段:☆☆☆☆
その他:クロワッサンだけ買ってる場合じゃありませんよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください