日本のチョコレート」タグアーカイブ

レガル・ド・チヒロ;ビスキュイ・ブール・ショコラサントメ

レガル・ド・チヒロ(RÉGAL DE CHIHIRO)は名古屋にある1963年創立のカフェ・タナカのブランドです。シェフ田中千尋氏は「父のコーヒーに合うフランス菓子を作りたい!」という想いでフランス菓子を学び、今や日本で最も熱い視線(クリック数?)が注がれるパティスリーとなりました。

公式通販サイトでビスキュイ・ブール・ショコラサントメ(Biscuit Beurre Chocolat São Tomé)を買いました。大人気の小クッキー缶 RÉGAL DE CHIHIRO に入っているディアマンショコラが美味しかったので、食べ比べしたくなったのです。

パッケージはダークブラウンの身蓋一体型の貼箱で、高さがある角背表紙のブック型です。植物文様で装飾されたブランドロゴが銀色で箔押しされ、クラシカルなコットンリボンが架けられています。蝋引きに似た質感までもが実に優雅です。

箱を開くと、扉部分にカカオの花とカフェタナカの紹介文が書かれていました。中には密閉されたクッキーと、商品紹介のカードが入っています。

内包装の中にはプラスチックトレイに入れられて、16弁花型のチョコレートクッキーが12枚入っています。商品説明によると「自社農園をスタートしたサントメ島でとれるウッディな香りのカカオをふんだんに使用し、さっくり濃厚なクッキーに」とのこと。

しっかり焼き固めたクッキーでパリッと軽やかな食べ心地。まずココア香が先行し、塩味の中からバターの風味が現れます。甘いバターの香りにいつまでもミネラル感が続き、余韻も長く楽しめます。
見事なまでに日本的な味わい。まるで懐石料理のようだと思いました。素味を生かし、最低限の甘みから計算した味のバランスが見事です。フランス産のバターの旨味をどこまでも効かせてくるクッキーとは方向が違うけれど、こういうしみじみと美味しいのもいいなあ。どれだけでも食べられるので、かなり危険な存在かもしれません。
お値段は1,080円
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆
風味:☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:絶対もたれないクッキー
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:ビスキュイ・ブール・ショコラサントメ
種類別名称:焼菓子
原材料:小麦粉(国内製造)、砂糖、バター、チョコレート、ココアパウダー、塩、転化糖、生クリーム/乳化剤、重曹、香料、(一部に小麦・乳成分・大豆を含む)
内容量:12枚
製造者:(株)タナカ
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

人気ブログランキングへ にほんブログ村 スイーツブログ チョコレートへ

ママノチョコレート;ボンボンショコラ アリバアソート10個

東京・赤坂のママノチョコレート(MAMANO CHOCOLATE)はエクアドル産ファインアロマカカオである希少品種アリバカカオを使用したチョコレート専門店です。

オンラインショップでボンボンショコラ アリバアソート10個を買いました。パッケージは白を貴重にした蓋身式化粧箱で、中央部分に金字でブランドロゴが入っています。

中には 6 種類のドーム型ボンボンショコラ 10 個と商品説明が書かれたリーフレットが入っています。
色とりどりのマーブルカラーがきれい。

整形も美しく、カラーリングで種類が見分けやすくできています。プラスチック製の仕切り枠とグラシンカップでしっかり固定されているので輸送にも十分堪えます。購入者が口に運ぶまでの過程をよく理解して、商品設計しているのが感じられます。
コンビニ菓子であれば当たり前ことですが、こういうのってなかなか出来ないことなんですよ。

モロッコ産アルガンオイルは緑のドーム型ボンボンショコラ。商品説明によると「最高級フェアトレード アルガンオイルを使用。香ばしい香りが特徴(アルコール1.9%)」とのこと。

型抜きボンボンショコラですが、ドーム型のシェルが薄く作られているので、口に入れてからの溶け方がスムーズです。すばらしい。センターはアルガンオイルを使ったガナッシュです。
アルガンオイルはアルガンノキの種子から得られる植物油です。食べ慣れない食材なので、最初その香りを受け止められませんでした。余韻に広がるナッツ系の香りを辿って、二個目はかすかに青みのあるアルガンオイルの風味をキャッチ。確かにこれはママノのチョコレートと相性が良い香りです。うまく両者が引き立てあって豊かな風味を広げていました。

ヘーゼルナッツはオレンジ色のドーム型ボンボンショコラ。商品説明によると「ローストしてキャラメリゼしたザクザクの食感と、香ばしいナッツの風味が特徴のプラリネ(ノンアルコール)」とのこと。

このアソートの中で唯一センターがプラリネです。アリバカカオのチョコレートによるフローラルな風味にへーセルナッツとキャラメルの甘みが加わって食べやすいお味に仕上がっています。ザクザクとした食感がどこか上品で微笑ましく思いました。

パッションは赤いドーム型ボンボンショコラ。商品説明によると「種子島産パッションフルーツの爽やかな明るい酸味(アルコール2%)」とのこと。

パッションフルーツの酸味が華やかな風味を広げます。パッションフルーツには柑橘を連想させる鮮烈な酸味があるので、赤い着色なのを不思議に思いましたが、食べてみたらまるでラズベリーのような華やかな香りで納得。酸味は極々控えめ。洋酒の香りが余韻に広がって良い気分になれます。

ゲラントの塩は青いドーム型ボンボンショコラ。商品説明によると「ゲラントの塩でほのかに塩気を感じるガナッシュ(アルコール2.6%)」とのこと。

センターが旨味のある塩を含んだガナッシュです。アルコール分が高めで、センターには幾分弾性も感じられ、このアソートの中では最も濃厚なチョコレート気分を味わえました。一粒食べるともっと食べたくなるような、後を引く味だと思いました。
禁断の味。危険、危険。

日本にみつばちの蜂蜜は黄色のドーム型ボンボンショコラ。商品説明によると「香川県産金比羅山周辺から採集。濃厚ですっきりとした味わいの蜂蜜を使用(アルコール2.4%)」とのこと。

とろりとなめらかに広がるガナッシュ。鼻に軽くハチミツの香りが立ち上りました。洋酒が最初から強めに広がって、まるで花々に満ちた温室に迷い込んだみたいな気分です。余韻にまでハチミツの香りがしっかりと残ります。

スイートは白いドーム型ボンボンショコラ。商品説明によると「アリバカカオ特有の華やかな香りをシンプルに表現したガナッシュ(アルコール2.6%)」とのこと。

口の中でコーティングが割れた瞬間、まろやかなガナッシュが広がり、洋酒の香りとアリバカカオ特有の優美な香りが絡みあって広がります。後半にコーティングのチョコレートが、レーズンを思わせる深い香りを放ちます。もう一個食べたかったなあ。

様々な産地の特徴あるカカオを使ったチョコレートを気軽に食べ比べできるようになりました。そんな中で希少なアリバカカオだけを使って商品開発されているママノチョコレートは稀有な存在です。ひとつのチョコレートを軸に、様々な素材を組み合わせてその魅力を丁寧に引き出していく探究心にいつも驚かされています。創造主の慈愛に満ちた手がカカオ発祥の地エクアドルでアリバカカオを生み出したように、ママノチョコレートに携わるひとりひとりの作り手の慈しみが伝わってくるアソートでした。

お値段は3,800円
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:味もカラフル
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:神様のボンボンショコラ 10個
種類別名称:チョコレート
原材料:チョコレート(エクアドル)、生クリーム、水飴、転化糖、全粉乳、バター、蜂蜜、ヘーゼルナッツ、パッションフルーツ、アルガンオイル、砂糖、スピリッツ、塩/着色料(カカオバター、二酸化チタン、黄4、赤40、青1、青2)
内容量:10個
製造者:ママノチョコレート(株式会社コータロー)
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

人気ブログランキングへ にほんブログ村 スイーツブログ チョコレートへ

ショコラトリー ヒサシ;メレンゲショコラ

ショショコラトリー ヒサシ(Chocolaterie HISASHI)は京都市東山に2018年4月にオープン。シェフ小林林範氏は、製菓の国際コンクールであるワールドペストリーチームチャンピオンシップ(WPTC)の2012年大会に日本代表出場して優勝、さらに、フランスで開催されたワールドチョコレートマスターズ2015で準優勝の実績を持っています。

夕方に寄ったので商品数は少なめでした。キャラメルポワールのグリーンがきれいだったので、こちらのアソートを一箱購入。

キャラメルポワール、カフェ、抹茶、紅茶です。お値段は4粒入りで1,492円でした。

もうひとつ、メレンゲショコラも買いました。

約2×7センチのかりんとうのような見た目ですが、スティック型チョコレート菓子です。

中身はサクサクとしたメレンゲで、軽く歯を立てるとすぐに溶けていきます。チョコレートに混ぜられたカカオニブがよい歯ごたえをもたらしてくれるところが、実に心憎い。優しい溶け心地に、ついつい手が伸びてしまう危ないお菓子です。
お値段は756円。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:手が止まらない
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:メレンゲショコラ
種類別名称:チョコレート菓子
原材料:チョコレート、卵白、グラニュー糖、カカオニブ、ココナッツパウダー、乳化剤、(原材料の一部に卵を含む)
内容量:130g
製造者:Chocolaterie HISASHI
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

人気ブログランキングへ にほんブログ村 スイーツブログ チョコレートへ

メゾンダーニ―;ディアマンショコラ

メゾンダーニ(MAISON D’AHNI)は東京、白金にあるガトーバスクが人気のパティスリです。早朝から開いているので、大変重宝しています。

日本橋髙島屋の洋菓子のセレクトショップ THE BEST CHOICE で、ディアマンショコラを買いました。パッケージは透明の筒状で、ブランドロゴ入りのシールが貼られています。

中には9枚のアイスボックスクッキーが入っています。商品説明によると「ディアマン、は周りに砂糖をまぶして焼き上げたダイヤモンドに見立てたクッキー。念入りにキメ細かく仕上げた生地は歯切れの良さにとことんこだわって」いるとのこと。

サクサクというよりホロホロした食感のクッキーで、チョコレートの香りが上品に漂います。バターの風味と軽い塩加減が後味をよりおいしくしてくれています。スノーボールみたいに口当たりが軽いので、てっきりアーモンドプードルが入っているのかと思いましたが、そんなことはなく。細やかな手仕事がされているんだなあと感心しました。
原材料を見て、卵がたっぷり使われていることに気が付きました。とても意外。
お値段は870円。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆
風味:☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:軽い食感がみごと
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:ディアマンショコラ
種類別名称:焼菓子
原材料:バター、卵、砂糖、小麦粉、ココアパウダー、ベーキングパウダー
内容量:120g
製造者:(株)メゾン・ビー
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

人気ブログランキングへ にほんブログ村 スイーツブログ チョコレートへ