スポンサーリンク
スポンサーリンク

アティロム;富士山カヌレ 季節のフレーバーアソート

商品

人気絶頂の内に閉店したティルプス(TIRPSE)というレストランが、かつて東京・白金にありました。そちらで提供されていた評判のスイーツ富士山カヌレが、現在 アティロム(atirom)と別ブランドなって発売されています。

六本木のけやき坂を登りきった場所にブティック atirom Keyakizaka があります。ショップの壁面にブランドロゴがあります。店名の atirom を隠しているようなスタイルに、思わず興味を惹かれますが、これはこの富士山カヌレを出している完全予約制のレストラン、アティロムトーキョー(atirom Tokyo)が住所非公開であることを印象付けています。

店舗でのみ販売している季節のフレーバーアソートを買いました。

パッケージの側面には葛飾北斎の「凱風快晴」が取り入れられています。

商品説明によると「フランス・ボルドーの伝統菓子である『カヌレ』を、日本酒『而近』の酒麹を使って表現した」とのこと。

中には4種類5個のカヌレが入っています。左から富士山カヌレ、苺、ガナッシュ、塩バター、そして、もう一個の富士山カヌレです。

箱を開けると甘いお米の香りが強く広がります。

プレーン(Plain)です。名前の通り、富士山を模ってカヌレの天辺がホワイトチョコレートで覆われ、さらに、酒麹パウダーが軽く振りかけられています。

食べる前から甘く芳醇な香り。これは焦げ感を楽しむ系ではありませんね。カヌレの甘い香りをホワイトチョコレートの香りが包み込み、その後に続いて富酒粕と焼酎の豊かで柔らかな香りが強く広がります。生地は水分を多く含み全体的にしっとりとして柔らか。余韻の甘い香りがおいしくて、甘酒を飲んだような満足感に包まれました。

苺(Strawberry)です。こちらは、ホワイトチョコレートの上にフリーズドライのイチゴがトッピングされています。

芳醇な酒粕の香りにイチゴジャムが軽く酸味を加え、よいアクセントになっています。酒粕を使ったこちらのカヌレはとても香りが高いので、ベリーの酸味がより心地よく感じました。

ガナッシュ(Ganache)です。見るからにチョコレートたっぷりなカヌレ。要冷蔵品です。

酒粕の香り漂うチョコレートカヌレにガナッシュを乗せ、さらにチョコレートで覆われています。チョコレートと生クリームが作る深みのあるまろやかな香りの後に、酒麹の芳醇な甘い香りが続き余韻を形作ります。要冷蔵品なので、先行した2個よりも生地が引き締まっていました。冷やしたまま頂く方が私は好みです。

塩バター(Salt Butter)です。ブロンドチョコレートで覆われています。こちらも要冷蔵品。

酒粕カヌレにキャラメルソースとバタークリームが詰められ、表面をブロンドチョコレートで覆ってあります。鼻に抜けるバターの香りの温かさ。塩が程よく響いて、甘味やバターの香りをより引き立てます。余韻に酒粕と焼酎の香りがよく広がり、いつまでも鼻をくすぐります。

お値段は2,500円。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆☆
値段:☆☆☆☆
その他:スイートな香りがいつまでも鼻をくすぐります
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:富士山カヌレ 季節のフレーバーアソート
種類別名称:焼菓子
原材料:[プレーン] 牛乳(国産)、砂糖、小麦粉、卵、酒粕、焼酎、バター、ホワイトチョコレート、バニラビーンス/乳化剤(大豆由来)[苺] 牛乳(国産)、砂糖、苺、小麦粉、卵、酒粕、焼酎、バター、ホワイトチョコレート、バニラビーンス/乳化剤(大豆由来)[ガナッシュ] 牛乳(国産)、砂糖、チョコレート、小麦粉、卵、生クリーム、酒粕、ココアパウダー、バター、焼酎、バニラビーンス/乳化剤(大豆由来)[塩バター] 牛乳(国産)、砂糖、小麦粉、卵、バター、酒粕、生クリーム、ブロンドチョコレート、バニラビーンス、ホワイトチョコレート、食塩/乳化剤(大豆由来)
内容量:5個
製造者:(株)Atirom
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

人気ブログランキングへにほんブログ村 スイーツブログ チョコレートへ
スポンサーリンク
商品
lovechocoをフォローする
Love Choco

コメント

タイトルとURLをコピーしました