ダリケー;トロピカルカカオキャレ

ダリケー(Dari K)は京都の三条に本店を構えるショコラトリー。「スラウェシ島から、カカオを通じて世界を変える」という想いとともに京都からチョコレートの魅力を世界に発信しています。Dari Kのブランド名の意味は、スラウェシ島が「K 」のカタチに似ていることから「Kの島の国から」という意味があるそうです。ブランドロゴはインドネシアの伝統芸能ワヤン・クリを意匠化したものです。

セブンイレブンでトロピカルカカオキャレを買いました。光沢のある紙製の蓋身式パッケージです。ワインレッドをアクセントカラーに使い、カカオとパッションフルーツが描かれています。中央にブランドロゴが金で箔押しされています。蓋の固定に使われている、右に寄せた帯にカカオポッドで形作られた七宝紋が地味に入っているのが、個人的に心躍りました。伝統の街、京都を意識したデザインが取り込まれています。

中には6個のキャレ(正方形の板チョコレート)がプラスチック製の枠に支えられて入っていました。今回、全国のコンビニで販売されるにあたり大変輸送性のある作りになっています。個包装の模様は七宝でなく、カカオの小花を中心にカカオポッドが四方に広がる形。深い赤紫と金と黒の配色が上品です。

キャレのモールドは、カカオポッドが刻まれた大変凝ったもの。光沢があり、とてもきれいです。商品説明によると「発酵の途中でパッションフルーツの果汁を加え、フルーティーな香りをまとわせた特別なカカオ豆を使用。心地よい苦みのあとに果実の華やかな香りがほのかに立ち上がる芳醇なチョコレートです」とのこと。

カリッと音を立てて割れる厚みのあるキャレ。奥歯で噛み砕くと、ココア香を伴う苦味と柔らかい甘味が広がります。後味に桃のような白い香りを伴います。酸味はあまり感じられず、余韻も実に優しい。多くの人が食べやすいチョコレートだと思います。
正直なところ、特別感がなくてやや拍子抜けしたのでした。もっとパッションフルーツの酸味があるのだと思いこんでたので。つまりは、それくらい自然な美味しさだということです。
お値段は864円
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆
風味:☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:愛されチョコ
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:トロピカルカカオキャレ
種類別名称:チョコレート
原材料:カカオマス(カカオ豆(インドネシア産))、砂糖、ココアバター、(一部に乳製品、大豆を含む)
内容量31g(6個)
販売者:クリート(株)
製造所:芥川製菓(株)
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

人気ブログランキングへ にほんブログ村 スイーツブログ チョコレートへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください