スローウォーターカフェ;パナバ帽をかぶった酔っぱらいおじさん

スローウォーターカフェ(Slow Watter Cafe)は、日本とエクアドルで環境運動を展開するNGOナマケモノ倶楽部が母体となっている企業です。エクアドルからのフェアトレード商品と、ハチドリ印のエコグッズを取り扱っています。

スローウォーターカフェのチョコレートはエクアドルのボリバル州サリナス村で作られています。チョコレート工場の技術をスイスから導入し、近隣の村で収穫された高品質なカカオをトラックで運搬しています。カカオを焼き、溶かし、混ぜ、袋詰めをする。原料供給だけでなく、製品化までの全行程がサリナス村で行なわれているそうです。

使われているカカオは、アリバ種です。一般にカカオの品種というと、生産量が多い順に生産量が多い順にフォラステロ種、トリニタリオ種、クリオロ種を言います。アリバ種は第四の品種と呼ばれる極希少な品種で、エクアドルの固有種であることからナショナル種(ナシオナル種)とも呼びます。てんぐ巣病で壊滅し、現在はハイブリッド(トリニタリオとアリバ種の一代交配種)が栽培されています。

渋谷ヒカリエのShinQsで開催されていたバレンタイン催事、ショコラZAKKAフェスティバルで、パナバ帽をかぶった酔っぱらいおじさんを買いました。
スローウォーターカフェ;パナバ帽をかぶった酔っぱらいおじさん

パッケージは、可愛らしい民芸細工によるもので、パナバ帽の素材で作られているそうです。輪ゴムでリーフレットが括り付けてありました。表紙にパナバ帽を斜にかぶり、お酒を手にしたナマケモノが描かれています。

赤道直下のエクアドル、最高峰チンボラソ山麓のサリナス村から、森で育った香り高いカカオのチョコレートを、フェアトレードでお届けします。
幸せを連れてくるといわれている「青い鳥」という名のラム酒入り。
パナバ帽はエクアドル発祥の民芸です。
森の中から収穫するパハトキージャという名の葉を細かくさいて糸にして編みます。
完成までに何ヶ月もかかる帽子の代わりに小さな箱を。
パナバ帽をかぶった酔っぱらいのおじさんチョコ、
一粒で踊るような美味しさのラテンの香り、どうぞおためしあれ!

パナバ帽の制作に1~3ヶ月かかるそうで、現金収入まで時間がかかります。このパッケージ制作は、編み手の技術と暮らしを支える、オルタナティブ(持続可能)な商品なんだとか。

カラフルな模様の蓋を開けると、中には青い銀紙に包まれたボンボンショコラが入っています。
スローウォーターカフェ;パナバ帽をかぶった酔っぱらいおじさん

銀紙の中には、渦巻き模様が入ったミルクチョコレートのボンボンショコラが入っています。商品説明によると「青い鳥という名のラム酒を利かせた粒チョコレートを、パナマ帽(エクアドル発祥!)素材で編んだ丸いかごにいれました」とのこと。
スローウォーターカフェ;パナバ帽をかぶった酔っぱらいおじさん
コーティングはミルクチョコレートでセンターミルクガナッシュが入っています。型抜きボンボンショコラなので、コーティングは厚め。コーティングにもラム酒が入っているのかな?口に含むと、センターに達する前からミルクの甘い香りの中に、ほんのりと温かくお酒の香り広がります。センターが溶け出すと、舌が熱く痺れるほどにアルコールが効いてきます。あー、これは間違いなく酔っ払う。口溶けはなめらかで、お酒が入っているので、余韻も長く長く続きます。

スローウォーターカフェのもう一種類のラム酒入りチョコレート、カカオの森のハチドリ トリュフ入り雫型ビターチョコレートと比べると、こちらはその三倍くらいお酒が強烈です。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

お値段は689円。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:酔っぱらい注意
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:パナバ帽をかぶった酔っぱらいおじさん
種類別名称:チョコレート
原材料:カカオマス、カカオバター、全粉乳、砂糖、ラム酒
内容量:10g(1個)
原産国:エクアドル
輸入者:スローウォーターカフェ(有)
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください