焼き菓子」タグアーカイブ

ママノ;アリバチョコスコーン2種12個セット

ママノ(MAMANO CHOCOLATE)は、東京の赤坂見附にブティックを構えるエクアドル産のファインカカオ、アリバ種専門のチョコレート店です。

そんなチョコレート専門店でスコーンを通販しました。アリバチョコスコーン2種12個セットです。冷凍のクール便で到着です。チョコチップとショコラオランジュの2種がそれぞれ2個ずつパックされて入っていました。説明書によると袋ごとレンジで温められるそうです。

マフィンのようにカールカップに入った形で焼かれています。左がチョコチップ、右がショコラオランジュです。
商品説明によると「ベーシックな『チョコチップ』と、チョコ好きにはたまらない『ショコラオランジュ』。ショコラオランジュは生地にココアパウダーは一切使わず73%アリバチョコを生地に練り込み、バレンシアオレンジをトッピングした贅沢仕様。どちらにもたっぷりのチョコチップが入ってい」とのこと。

スコーンについてきた説明書には、袋を少し切ってレンジで40秒と書いてありましたが、経験上、この手の冷凍品をレンジだけで温めるとすぐに固くなりがち。レンジは解凍だけにして仕上げはトースターを使うのが確実です。袋から取り出し、ラップしてレンジでまずは500Wで40秒、その後、焦げ防止にホイルを軽くかぶせてトースターで4分焼いたところ、中はほくほく外はカリッと仕上がりました。ご家庭の調理器でそれぞれ異なるとは思いますので、目安にしていただければと思います。

チョコチップです。プレーンの生地にチョコチップが入っています。スコーンといえばオオカミの口ですが、カップに入っているのでこちらはキノコ型です。

断面を見ると、中にもしっかりとチョコチップが入っています。

手で持てないくらいホカホカに焼きたてたのを頬張ってみましたが、スコーンにしては割合しっとりとしたタイプ。卵も入ってるしバターの割合も多そう。質感としてはスコーンとマフィンの中間といった感じ。ただし、マフィンほど甘くなく、アリバチョコレートの風味がよく感じられます。
そのまま食べても美味しいのですが、多少水分がほしくなりました。バターの風味が十分なので、生クリームを撹拌分離させて固めた軽めのクロテッドクリーム的なものを作って合わせたところ、紅茶によく合いました。おすすめです。

ショコラオランジュです。アリバチョコレートを練り込んだ生地にチョコチップが混ぜ込まれ、オレンジの砂糖漬けをトッピングしています。まさに、チョコレート好きのためのスコーンです。

「チョコチップ」に劣らず、こちらにも中にしっかりとチョコチップが入っています。

甘さ控えめな分、オレンジのコンフィがよいアクセントになっています。

こちらも手作りのクロテッドクリームがよく合いました。
お値段は4,500円。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:チョコホリックのためのスコーンです
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:アリバチョコスコーン2種12個セット
種類別名称:チョコレート
原材料:【ショコラオランジュ】小麦粉、バター、チョコレート(エクアドル)、全卵、蜂蜜、水飴、モルトパウダー、ベーキングパウダー、塩【チョコチップ】小麦粉、バター、チョコレート(エクアドル)、全卵、蜂蜜、水飴、モルトパウダー、ベーキングパウダー、塩 
内容量:80g(40g×2枚)
製造者:ママノチョコレート (株)コータロー
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

人気ブログランキングへ にほんブログ村 スイーツブログ チョコレートへ

ダヴィド・カピィ;サブレ シトロン デュルセイ

ダヴィド・カピィ(David Capy)氏は2007年にMOFを取 得。2005年から2012年に「ヴァローナ」で指導員を務める。2012年にボルドーに1号店、2016年に2号店をオープン。クーベルチュールの使い手としても、パティシエ&ショコラティエとしても高く評価されています。

サロン・デュ・ショコラ東京2020でサブレ シトロン デュルセイを買いました。パッケージは透明の円筒型。ブランドロゴのシールが張られています。中身がわかりやすい上にスタイリッシュです。お店側も使いやすいのではないかと思います。

ダヴィド・カピィ;サブレ シトロン デュルセイ
ダヴィド・カピィ;サブレ シトロン デュルセイ

中には細長いスティック状のクッキーが入っています。商品説明によると「 レモンゼストが入ったサブレを、コクのあるデュルセイのチョコレートで包みました。サブレに少し砂糖をふってからコーティングすることで、カリッとした食感に。チョコとサブレのバランスが絶妙」とのこと。
デュルセイ(Dulce)というのはキャラメルの意味で、デュルセイのチョコレートとはつまりブロンドチョコレートのことです。ヴァローナ社のブロンドチョコレート(フランス名ドゥルセ)が有名ですが、実はそれこそカピィ氏がヴァローナ在籍中に開発されたものなんだとか。カピィ氏のデュルセイは彼オリジナルのブロンドチョコレート。原材料にはホワイトチョコレートと書かれています。

ダヴィド・カピィ;サブレ シトロン デュルセイ
ダヴィド・カピィ;サブレ シトロン デュルセイ

蓋を開けた瞬間にレモンとバターの香りが広がって、それだけでもかなりの満足感。クッキーの食感はとても軽い。口に入れた瞬間に溶けるブロンドチョコレートと相まってメレンゲのように溶けていくのが、実に官能的。ほのかに効いた塩が上質なバターの香りをより一層魅力的にしています。余韻に残るバターの香りにもレモンが漂い続けます。
一個が大きめのクッキーなのに、次々と食べてしまいそうになるのが怖い。誰かが長い賞味期限の意味がないって言っていたけれど、その通りだと思います。
お値段は4,320円。
総合点:☆☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:毎年人気のサブレです
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:サブレ シトロン デュルセイ
種類別名称:チョコレートがけ焼き菓子
原材料:小麦粉、バター、ホワイトチョコレート(砂糖、ココアバター、全粉乳)、レモン果皮、砂糖、食塩、バニラビーンズ、乳化剤(大豆由来)、香料
内容量:1箱
原産国名:フランス
輸入者:(株)センチュリートレーディングカンパニー
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

人気ブログランキングへ にほんブログ村 スイーツブログ チョコレートへ

ニコラ・ベルナルデ;サブレ ショコラ

ニコラ・ベルナルデ(Nicolas Bernardé)は 2004年にMOFを取得。2005年のワールド・グルメ・サミットでは世界最高シェフの一人に選出されました。コルドンブルーパリ本校や、日本でルノートルの菓子学校で講師の経験があります。2011年パリ郊外にラボ兼ショップをオープンさせました。サロン・デュ・ショコラ東京では毎年大行列ができるブランドのひとつです。

サロン・デュ・ショコラ東京2020でサブレ ショコラを買いました。パッケージはプラスチック製で透明なもの。白でブランドロゴが入っていて、底にだけアクセントカラーとして赤が入っています。中身が見えて購入者にわかりやすいパッケージです。

ニコラ・ベルナルデ;サブレ ショコラ
ニコラ・ベルナルデ;サブレ ショコラ

中のトレイに17枚のクッキーが並べられています。

ニコラ・ベルナルデ;サブレ ショコラ
ニコラ・ベルナルデ;サブレ ショコラ

ホロホロとした軽い歯ごたえのアイスボックスクッキーです。チョコレートとバターの香りが心地よく広がり、塩が味に奥行を与えています。バターの香りが実に優雅。余韻にバターの香りがいつまでも甘く広がります。こういうのは日本のパティスリではなかなか見つかりません。一枚を口に運ぶごとに夢見心地になりました。
お値段は2,700円。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:他でクッキーを食べられなくなっちゃう
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:サブレ ショコラ
種類別名称:焼き菓子
原材料:バター、小麦粉、砂糖、ココアバター、全卵、食塩
内容量:1箱
原産国名:フランス
輸入者:(株)センチュリートレーディングカンパニー
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

実は、サロン・デュ・ショコラ会場でショコラ・ディアモンと間違えて買ってしまったものです。クッキーの周りにお砂糖がついていないことに箱を開けてから気が付きました。あわてて伊勢丹に問い合わせたところ、なんとサロン・デュ・ショコラのオンラインショップやカタログではショコラ・ディアモンを出しておきながら、会場ではサブレ ショコラのみの取り扱いだったとか。なんて紛らわしい。(伊勢丹は言いませんでしたが)たぶんブランド側が納入品を間違えたんでしょう。果たして、通販で購入した方にはディアモンが届いたんでしょうか?

人気ブログランキングへ にほんブログ村 スイーツブログ チョコレートへ

フランク・ケストナー;サブレ ショコラ ドン・ファン

フランク・ケストナー(Franck Kestener)は2003年に当時最年少の27歳でMOFを取得し「ロレーヌの若き天才」と注目されました。その後、ドイツと国境を接する地元サルグミン村に広大なアトリエ兼ショップを構え、現在では地元の他、パリとドイツのザールブリュッケンに店舗を構えています。近年ではボンボンショコラだけでなくカラフルなタブレットも注目の的。多くの日本人ファンがパリのお店に集まるほどの人気者です。

サロン・デュ・ショコラ東京2020でサブレ ショコラ ドン・ファン(Chocolat sablé Don Juan)を買いました。パッケージは透明の筒型でブランドロゴが入っています。中身がわかりやすい上にスタイリッシュです。

中には花型のクッキーが二種類入っています。商品説明によると「女ごころをくすぐるサブレ。サクサク生地のショコラサブレを、ビターなショコラでさらにコーティング。モリエールの戯曲に出てくる有名なプレーボーイ、ドン・ファンから名付けたというサブレ。たまらな~い魅力いっぱいの誘惑スイーツ」とのこと。

コーティング違いでビターとミルクの二種類があります。チョコレートクッキーにチョコレートのコーティングだから、焼き菓子だけれどチョコレート欲は十分に満たされます。このクッキー、どうしても指にチョコレートが付いちゃうんだけど、たぶん指を舐めるところまで計算ずく。だって、ドン・ファンだもの。
賞味期限が3ヶ月程あるのでゆっくり食べられるかなと思って買ったけれど、結局美味しいと先に食べてしまうので賞味期限なんて関係ありませんでした。
お値段は3,024円。
総合点:☆☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:たらしこまれました
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:サブレ ショコラ ドン・ファン
種類別名称:チョコレート菓子
原材料:小麦粉、バター、ミルクチョコレート(砂糖、全粉乳、ココアバター、カカオマス、乳清)、砂糖、ブラックチョコレート(カカオマス、砂糖、ココアバター)、アーモンド、全卵、食塩、乳化剤(大豆由来)
内容量:1箱
原産国名:フランス
輸入者:(株)センチュリートレーディングカンパニー
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

人気ブログランキングへ にほんブログ村 スイーツブログ チョコレートへ