スポンサーリンク
スポンサーリンク

GBCキリヤマベース;産地別タブレット3種、カカオ70%

商品

愛媛県四国中央市のGBCキリヤマベースはコーヒーとチョコレート両方を扱う工房です。四国中央市の店舗で買ったものを分けていだきました。

パッケージはクラフトのアルミ蒸着袋で表面にブランドロゴを貼ったシンプルなもの。裏の品名を見ないとチョコレートの種類を区別できません。

袋の中には、斜め格子が刻まれた正方形の薄片が4枚入っています。お値段は450円と実にお財布に優しいBean to barです。

アンバンジャ(マダガスカル)カカオ70%です。商品説明によると「マイルドな苦味とストロベリーのような甘み。バナナ、レーズン、ヨーグルト、ベリー系の強い酸味、そしてかすかなメープルと醤油豆。フィニッシュにかけて苦味と渋みの中に程よいナッツ感が加わる」とのこと。

味が軽やかでベリーを感じさせる酸味がおいしいチョコレートです。ここ数年エクアドルやペルーのカカオを使ったものを食べることが多かったせいか、このフルーティーな香りをやたら新鮮に感じて、改めておいしいと思いました。軽い収れん味があります。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆
風味:☆☆☆☆
値段:☆☆☆☆
その他:甘い香りが軽やかです
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:アンバンジャ(マダガスカル)カカオ70%
種類別名称:チョコレート
原材料:カカオ豆、砂糖
内容量:4枚入り
製造者:(株)GBC 髙橋賢次
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

ベンチェ(ベトナム)カカオ70%です。商品説明によると「深いコクから始まり、アセロラのような酸味。レーズン、アプリコットを思わせるドライフルーツの風味。フィニッシュにかけてスパイシーなトウガラシ、クランベリーの香りが広がる」とのこと。

プルーンを思わせる香りと炒ったピーナッツのようなまろやかな渋み、アセロラのような軽い酸味を併せ持った風味です。口溶けも優しく食べやすい仕上がりです。アンバンジャよりももう少し深みがほしい人に。舌に収れん味を感じます。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆
風味:☆☆☆
値段:☆☆☆☆
その他:酸味が心地よい
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:ベンチェ(ベトナム)カカオ70%
種類別名称:チョコレート
原材料:カカオ豆、砂糖
内容量:4枚入り
製造者:(株)GBC 髙橋賢次
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

バイーア(ブラジル)カカオ70%です。商品説明によると「心地よい苦味と、適度な酸味。味わいは濃厚でクリーミー。あんず、ヘーゼルナッツ、ブラジルコーヒーを思わせる味わいから、フィニッシュにかけてクチナシの花の香り、グロゼイユの酸味が広がる」とのこと。やや明るめの色をしたダークチョコレートです。

穏やかな酸味と燻製香を思わせるまろやかさの中にヨモギのようなグリーンな風味が感じられる、フローラルな印象のチョコレート。かなり稀な味わいです。

食べ初めのけぶい渋みで途中からは味覚が麻痺しました。本ブランドはカカオを焙煎するのではなく、スチームで炊き上げているそうです。香りの良さと引き換えに収斂味が徐々に舌に効いてくる。渋味が苦手な人は、人肌程度のお湯で舌を流しながら食べると、フローラルな紅茶を飲んでいる感じがして楽しめます。

渋味の許容は個人差があるので難しいところですが、香り高いチョコレートのひとつとしてこちらも印象深い味でした。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆
風味:☆☆☆☆
値段:☆☆☆☆
その他:収れん味強め
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:バイーア(ブラジル)カカオ70%
種類別名称:チョコレート
原材料:カカオ豆、砂糖
内容量:4枚入り
製造者:(株)GBC 髙橋賢次
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

人気ブログランキングへ にほんブログ村 スイーツブログ チョコレートへ
スポンサーリンク
商品
lovechocoをフォローする
Love Choco

コメント

タイトルとURLをコピーしました