モンゴチョコレート;セントラル・ジャバ・スーベニア・ボックス ベチャ

インドネシアのお土産でモンゴチョコレート(Monggo chocolate)を頂きました。

インドネシアのジョグジャカルタに拠点をかまえるモンゴチョコレートは、ベルギー出身のティエリ(Thierry)を含む3人が2005年に始めたショコラトリーです。ブランド名のモンガ(Mongga)とはジャバ語で、英語で言うところのプリーズ(Pleasae)に相当する言葉です。

モンゴチョコレートはジャバ島の自然を守るため環境保存のための取り組みにも熱心です。節電はもちろん、出来る限り手作業で行い、無駄な資源を使いません。パッケージにもプラスティックを可能な限り使わず、利用する場合は生分解性プラスチックを採用し、包装紙はエコロジーペーパー(FSC認証紙)を使っています。

セントラル・ジャバ・スーベニア・ボックス(Central Java Souvenir Box)は板チョコレートが3種類入ったお土産用の商品です。左から、ベチャ、ペトルック、ボロブドゥールです。100gのチョコレートバーが3枚ですから、それなりの重量感。パッケージも雰囲気があっておしゃれです。

3種類のうち、今回はベチャを紹介します。
ベチャ(Becak)とはインドネシアでよくみかける人力車のこと自転車の前カゴの位置にリアカーのような乗り物がついています。パッケージに温かみのあるイラストで描かれています。

中身はカシューナッツ入り58%カカオのダークチョコレートです。100gの重量感がうれしいです。ブロックは小さめですが厚みがあるので割るのに苦労します。

ダークチョコレートは程よい甘み。酸味はなく、チョコレートそのものがナッツ系のテイスト。そのため、違和感なくカシューナッツの風味を閉じこめています。カシューナッツのまろやかな甘みと香ばしさが楽しい。コーヒーとの相性が良さそうです。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆☆
その他:まろやかさを追求したような
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:セントラル・ジャバ・スーベニア・ボックス ベチャ
種類別名称:チョコレート
原材料:ダークチョコレートクーベルチュール(58%カカオ:砂糖、カカオマス、ココアバター、乳化剤(大豆レシチン)、バニラ)、カシューナッツ
内容量:100g
原産国:インドネシア
製造元:モンゴチョコレート
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください