ドゥバイヨル;ボンボンショコラ4種

ベルギーにアトリエを構えるドゥバイヨル(DEBAILLEUL)は、1983年にM.O.Fの重鎮マルク・ドゥバイヨル氏によって創設されました。現在は創設者の精神を忠実に守り、ロイック・ブランダン(Loïc Blandin)氏がシェフ ショコラティエを務めています。

皇居の大嘗宮一般参観に行った後、大手門を出たら足が勝手に丸の内オアゾに向かって、ドゥバイヨルに着きました。不思議ですね。

席につき、店員さんに渡されたメニューが既に可愛らしくて、ページをめくるまでに時間がかかるという。良いんですけどね。カフェに入る前からクリスマス限定メニューのパフェを頂こうと決めていたから。

見てください、表紙が素敵でしょう。
ベルギーのグランプラス店を中心に、翼を生やしたボンボンショコラが飛びまわり、雲にぶら下がったポットやシュガーポット、ワッフル坊や、ブリュッセル名物の小便小僧等々が華やかなティータイムを演出してくれています。

フランドル絵画の伝統を踏まえたエングレービング風のイラストです。ひとつひとつのモチーフがとてもよく考え抜かれて、ジョン・テニテルの描いた『不思議の国のアリス』の挿絵に通じる愛嬌があるところも気に入っています。メニューを観ているだけですっかり気分良くなってしまいました。

コースターも素敵でしょう。使わず、持って帰りたくなりますよね。

クリスマス期間限定のパフェ ドゥ ノエル(Parfait de Noël)です。

商品説明によると「ソルベ フランボワーズにピスタチオクリームを合わせ、軽やかな食感のショコラクランブルとキャラメリゼしたヘーゼルナッツをトッピング。マカロンも楽しめる、クリスマス限定の贅沢なパフェ」とのこと。

あまりによい気分になったので、ボンボンショコラ等ちょこちょこ買い込んでしまいました。

ほら、バッグまで可愛い!

ボンボンショコラは、クリスマスシーズン限定の赤と緑のカラーリングが素敵なバロタンに入れて貰った上、リボンまで飾ってもらえました。

またまたこのバロタン・ボックスのイラストも繊細で愛らしいのです。
靴下じゃなくハイヒールに入ったプレゼントボックス。ボンボンショコラのついたヤドリギ。フルーツやナッツ、ボンボンショコラで出来たクリスマスツリー。柔らかいカーブを描くフォントで出来た DEBAILLEUL のロゴがリボンに見えてきます。

ボンボンショコラはグラシンカップに入れられた上に、ペーパークッションで保持さているので、多少の揺れにも安心です。商品の取り扱いにも最後まで心が込められています。

ドゥバイヨルに関しては毎度のことながら、徹底したブランディングに頭が下がるのでした。
ここまでできるブランド、他にはありませんよ。

クリスマス限定販売。スペキュロス オランジュ ノワールです。ボンボンショコラがついたヤドリギのイラストがプリントされています。

ドゥバイヨルでは、このシーズンになると必ずスペキュロスを使ったボンボンショコラが登場します。いわば隠れた定番で、私のお気に入りのひとつでもあります。
ボンボンショコラのセンターはシナモンやカルダモン、クローブ等が効いたプラリネ。苦味を伴ったオレンジの風味はコアントローかもしれません。その回りを深いローストの甘いダークチョコレートで薄くコーティングしてあります。力強いスパイスたっぷりのチョコレートが体を温めてくれそうです。
お値段は324円
総合点:☆☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆☆
苦味:☆☆☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆☆
その他:この苦味が癖になる

ラ レーヌ(LA REINE)はハート型のチョコレート。商品説明によると「なめらかなヘーゼルナッツのプラリネ入り」とのこと。

型抜きボンボンショコラなので、コーティングの甘いミルクチョコレートはやや厚め。センターはなめらかな口溶けが魅力のプラリネです。軽く噛むとまろやかなミルクチョコレートの甘い香りが広がり、その後にプラリネの軽い苦味を伴ったナッツの香り、それらが混ざって長く余韻を作ります。
お値段は302円
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆
甘味:☆☆☆☆
風味:☆☆☆
その他:一粒の満足感がすごい

フェリシテ(FÉLICITE)商品説明によると「たっぷりのハチミツを使用したガナッシュ入りミルクチョコレート」とのこと。

センターはフローラルなハチミツの香るミルクがたっぷりはいったチョコレート。ハチミツの甘く奥行ある香りがたまりません。ミルクチョコレートの清涼感と合わさって、すっかり夢見心地です。幸せという名前なだけあります。余韻もおいしくて、いつまでも鼻をピクピクさせてしまいました。
お値段は324円
総合点:☆☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆
甘味:☆☆☆☆☆
風味:☆☆☆☆
その他:山のハチミツ使用

クリスマス限定販売。サンショウ ノワールです。カップにスプーンでお砂糖を振りかけているのは、なんと、手の形をしたフォーク。人の存在を匂わせつつ華やかなパーティを表現しているところが、うまいなと。

センターは山椒が香るプラリネ。一口食べて軽く噛んだら、山椒の柑橘に似た鮮やかな香りがパッと開いて、思わず驚きの声が漏れるほど。甘さは控えめ。ビターチョコレートで厚めにコーティングしてあります。ドゥバイヨルらしい深いローストでシックな印象のある味だから、このインパクトあるプラリネをしっかりと包み込んでいます。余韻はともかく、舌に痺れが残りました。
お値段は324円
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆☆☆
甘味:☆☆
風味:☆☆☆☆
その他:渋くまとめたなあ

人気ブログランキングへ にほんブログ村 スイーツブログ チョコレートへ

総合点:☆☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆☆
値段:☆☆☆☆
その他:すっかりクリスマス気分です


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください