デュック・ドール;プラリーノ チョコバー

ベルギーのチョコレートの熱烈なファンであるヘンドリック・フェルヘルスト(Hendrik Verhelst)氏は1983年、彼の夢だった自分のチョコレート工場デュック・ドール(Ducd’O)を作りました。100%ベルギーチョコレート、100%ココアバター、100%天然香料、そして、全て自家製のフィリングを使い、最高の品質を追求しています。

プラリーノ チョコバー(PRALIN’O)は、薄茶色のパッケージが上品です。

中身もパッケージのイラスト通りのチョコレートです。3×3の升目に4種類のトッピングが凝っています。

土台のミルクチョコレートの中にプラリネが入って、板チョコレートのようですが9つのブロックに分けてボンボンショコラのように食べてねという意図が感じられます。ミルクチョコレートは癖のないミルクの香りが上品です。プラリネに入ってるナッツのパウダーが粗いのか、やや舌触りが悪いのが玉に瑕。

お値段は262円。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆☆
その他:お買い得です
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:プラリーノ チョコバー
種類別名称:チョコレート
原材料:砂糖、ココアバター、全粉乳、カカオマス、植物油、ヘーゼルナッツ、アーモンド、ミルク脂、コーヒー、乳化剤(大豆由来)、香料(原材料の一部に大豆・乳・小麦を含む)
内容量:42g
原産国:ベルギー
輸入者:(株)芳屋
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください