トーキョーチョコレート;ミナモ

トーキョーチョコレート(Tokyo Chocolate)はメリーチョコレートが手がける新ブランド。パリのサロン・デュ・ショコラで大盛況をおさめました。

ミナモ(MI-NA-MO)は「川の水面にうつり、時間によって変わりゆく東京の繊細な空の色を表現しました。ガナッシュの上にパート・ド・フリュイを重ねた2層仕立ての彩りのよいチョコレートです。サロン・ド・ショコラ パリで最も注目された、今年の新作です。」

水引きで飾られた白い箱。清楚な雰囲気がとても良い。

4色の潤いのある表面の光沢が目を惹きます。とにかく美しいチョコレート。今年のサロン・デュ・ショコラで最もビジュアルに秀でていました。日本の四季折々を映す水面のように、表面のパート・ド・フリュイが透けて見えるという素晴らしいアイディア。

「お酒とフルーツを使ったシリーズ。ガナッシュにパート・ド・フリュイをのせて、チョコレートでまわりをコーティング。フランスのメディアに『宝石みたいなチョコレート』と言わしめた作品」です。

赤のチョコレートは、しそ&梅酒。「紫蘇のエキスと梅酒を合わせたビターガナッシュとパート・ド・フリュイを重ねた個性的な味わい」です。

シソと梅酒のフルーティーな甘酸っぱさが魅力。カカオの風味に赤い果実を思わせる酸味が素敵な調和生み出しています。やさしく溶けるガナシュと口の中に最後まで残るパート・ド・フリュイの弾力ある食感が面白いです。お酒の風味はわずかです。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆
その他:ベリーのような甘酸っぱさに癒されます

緑のチョコレートはぶどう&ワイン。「葡萄果汁とワインを加えたビターガナッシュにパート・ド・フリュイを重ねた深い味わいのチョコレート」です。

ブドウ果汁にブドウで出来たお酒の組み合わせで、とってもブドウなチョコレートってところでしょうか。ガナッシュからほんのりとワインの香りが漂います。後味に、パート・ド・フリュイの酸味がちょっと残る所がおいしいですが、全体的に香りの弱さを感じました。香りが飛びやすいのかもしれません。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆
その他:もう少しお酒が効いてもいいのに

青のチョコレートは柚子&日本酒。「柚子の果汁に日本酒を加えたビターチョコレートガナッシュにパート・ド・フリュイを重ねた2層仕立てのチョコレート」です。

青のパート・ド・フリュイが水面のようでとても美しいチョコレートです。日本酒の温かい香りが広がります。パート・ド・フリュイを噛むごとに広がる柚子の香りと酸味で日本酒のまろやかさがさらに強調されます。素材の組み合わせも良いし、柚子をパート・ド・フリュイに使うことで後味がすっきりとするのも素敵。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆☆
その他:これが一番おすすめ

橙色のチョコレートはりんご&カルバドス。「りんごの果汁とカルバドスを加えたミルクビターガナッシュ&パート・ド・フリュイのフルーティーなコンビネーション」です。

ガルバドスはリンゴのお酒ですから、リンゴぎっしりなチョコレートです。ガナッシュからリンゴの優しい香りとお酒の苦味が心地よく広がります。パート・ド・フリュイからは甘みを伴うやさしいリンゴの香り。全てを包み込むようなミルクチョコレートのまろやかさが響きます。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆☆
その他:まろやかで優しい風味が沁みます

お値段は1680円。
総合点:☆☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆
値段:☆☆☆☆
その他:手作りで量産できないそうです
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:MI-NA-MO(みなも)
種類別名称:チョコレート菓子
原材料:砂糖、カカオマス、クリーム、ココアバター、水あめ、洋酒、果汁(ぶどう、りんご、柚子)、日本酒、全粉乳、還元水あめ、植物油脂、転化糖、梅酒、赤しそエキス、乳糖、脱脂粉乳、クリームチーズ、ホエイパウダー、デキストリン、トレハロース、乳化剤、着色料(赤40、黄4、青2、青1、酸化チタン)、酸味料、香料、安定剤(ペクチン)、pH調整剤、調味料(アミノ酸等)、(原材料の一部に大豆を含む)
内容量:4個
製造剤:(株)メリーチョコレートカムパニー
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください