ベネズエラのチョコレート」タグアーカイブ

ラ・プラリーヌ;ボンボンショコラ詰め合わせ

今日のチョコレートはきりんのツノさんから、お土産のお裾分け。
いつもごちそうさまです。

ベネズエラと言えば、言わずと知れたカカオの故郷。その国で評判の高いショコラティエ、首都カラカスにあるラ・プラリーヌ(La Praline)のチョコレートです。

ベルギー移民の創始者リュドヴィク・ヴァンダンブルーク(Ludovic Vandenbroucke)とリセット・ヴァンダンブルーク(Lissete Vandenbroucke)夫妻は、ベネズエラのカカオの品質に魅了されて、ベルギーでチョコレートの製造を学び、再度ベネズエラに戻って1985年にラ・プラリーヌを創立しました。良質のカカオを使い、手作りで丁寧につくられたチョコレートが評判です。

シルバーのバロタン箱にシルバーのリボン。王冠のロゴが輝いています。

中からはいかにもベルギーチョコレートを思わせる、様々な形のチョコレートが出てきます。すごい種類ですが、箱の中にそれぞれのチョコレートの写真付きで説明書が入っているので、一々食べながら味を検証しなくても大丈夫です。
それでも、全部ここに書いていくのは辛いので、手前の3個、左からパッション、ピナ、ビーナスと、ビーナスの奥にあるカカオポッドの形をしたクリオロをレビューします。

パッション(Pasion)は新鮮なミルクの香りたっぷりなプラリネとマカダミアナッツが丸ごと入ったミルクチョコレートです。ミルクの香りが実に素敵。

ピナ(Piña)はキャラメルチョコレート。ビターチョコレートのコーティングで中にコーヒーの香りがするキャラメルが入っています。キャラメルにやや酸味があるのが変わってます。

ビーナス(Venus)はジャンドューヤです。マカダミアナッツの香りにミルクの香り、さらに爽やかな香料が加わってやさしい食べ心地です。とても甘い。砂糖が多いからか、シャリシャリとした食感があります。

クリオロ(Criolla)は塩キャラメルのチョコレートです。ミルクチョコレートのコーティングで中にキャラメルのやや焦がしたミルクの香りがするガナッシュが入っています。甘いけど、とても魅力的な香り。上品です。

どれも安定感のある食べ応えです。ベネズエラのお土産なのにベルギー色たっぷりなのが腑に落ちない気がしますが、それでも、カカオの国のお土産として満足なおいしさがうれしいです。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆☆
その他:丁寧な説明書付き
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:ボンボンショコラ詰め合わせ
種類別名称:チョコレート
原材料:カカオマス、砂糖、ココアバター、全粉乳、ヘーゼルナッツ、アーモンド、乳化剤、香料
原産国:ベネズエラ
製造者:ラ・プラリーヌ
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

エルレイ;カオバ

前回のグランサマンに引き続き、きりんのツノさんからの頂き物。南米のベネズエラ土産、エルレイ(El Rey)のカオバ(CAOBA)です。

軽やかな黄色の箱ながらズッシリと重い。どんなに明るい色の箱だろうが、やっぱり麻薬とかに間違われそうな怪しさが付きまといます。

箱の中には30gのミニバーが12本入っています。

カオバはグランサマンと同じく、カレネロ・シューペリオール(Carenero Superior)という品種のカカオ41%のミルクチョコレートです。カオバという名前は、1600年代から栽培地域でカカオのシェードツリー(カカオ栽培のために日陰を作るための樹木)として使われてきた木々の名前に由来しています。
商品説明には「ミルクの豊潤な香りとカカオの芳ばしさ、そしてモルトエッセンスが後味に自然なキャラメルテイストを与えコントラストを更に際立たせています。このミルク・チョコレートは通常よりも高いカカオ分を含み、よりカカオの風味を印象づけています」とあります。

キャラメルのようなミルクの焦がし香が強いです。アメリカのチョコレートみたい。とても甘いのにチョコレートの香りが強いのは、ミルクチョコレートの割にカカオ分が41%と高いから。グランサマンで感じたような繊細な香りはミルクに紛れてしまいますが、それでもフローラルなバニラの香りの中にトロピカルフルーツの芳香が漂います。喉にからみつく甘さがあるのでたくさんは食べられませんが、一口目の香りの良さが印象に残ります。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆
苦味:☆☆
甘味:☆☆☆☆☆
風味:☆☆☆☆
その他:ハーシーズと同じ系統
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:カオバ
種類別名称:チョコレート
原材料:砂糖、ココアバター、カカオマス、全粉乳、レシチン(大豆由来)、バニラ
内容量:30g×12本
一箱あたりのカロリー:2040kcal
原産国:ベネズエラ
製造元:チョコレート・エルレイ
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

エルレイ;グランサマン

新年明けましておめでとうございます。
今年もおいしいチョコレートにたくさん巡り合えますように。

2011年のスタートは、きりんのツノさんから頂いたチョコレートです。南米のベネズエラ土産、エルレイ(El Rey)のグランサマン(GRAN SAMAN)です。

エルレイでは全てベネズエラ産カカオ、単一品種100%のチョコレートを作っています。

怪しげな箱。大人の手のひらサイズなのではありますが、重量感があるんです。これチョコレートだって知らなきゃ、弾丸とか大麻とか怪しげなものが入っていそうな雰囲気。

当然、これを空港で持ち出す人は検査で恐ろしくチェックされるそうですよ。実際に、香りの強いチョコレートに麻薬を混ぜて持ち出す人がいるらしく、大量のチョコレートを空港で扱うには、それなりのチェックを受ける覚悟がいるんですって。購入時にも現地の人に止められたとも。とても苦労して日本に持って帰ってきてくださった、ありがたいチョコレートなのです。

箱の中には30gのミニバーが12本入っています。

グランサマンはカレネロ・シューペリオール(Carenero Superior)という品種のカカオ70%のチョコレートです。グランサマンという名前は、1600年代から栽培地域でカカオのシェードツリー(カカオ栽培のために日陰を作るための樹木)として使われてきた木々の名前に由来しています。
商品説明には「この濃く風味の際立ったチョコレートはコクのある70%のカカオを含み、それは高い香りとバランスの良いまとまりをもち、ナッツやフルーツのフレーヴァーと共にふくよかなカカオテイストの余韻を強く残します」とあります。

味見するにはブロックが大きいので半分に割ろうとしましたが、中々割れません。カカオ70%でこの厚みがあると、固いです。
ほんのりとした甘みの中から苦味が立ち上がってきます。同時に、フローラルで優しい雰囲気のある香りやトロピカルフルーツの芳香、マカダミアナッツのような柔らかい油分の香りが漂ってきます。とても豊かな香りで、余韻も長く心地よいです。やや滑らかさに欠け、舌に残るざらつきがあります。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆☆
その他:子供の頃から、こんなチョコレートが好きでした
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:グランサマン
種類別名称:チョコレート
原材料:カカオマス、砂糖、レシチン(大豆由来)、バニラ
内容量:30g×12本
一箱あたりのカロリー:2040kcal
原産国:ベネズエラ
製造元:チョコレート・エルレイ
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ