ダリケー」タグアーカイブ

ダリケー;チョコレートドリンク シトラスカカオ & トロピカルカカオ

京都市北区にブティックを構えるダリケー(DARI K)は、インドネシア産カカオ豆の栽培からチョコレートの製造・販売まで一貫して手掛ける bean to bar ブランドで、2018年にカカオ豆を挽くマシン「ブローマ」発表するなど、チョコレート界に革新をもたらす存在です。

そんなダリケーが、2021年にカカオをフルーツ発酵した製品を発表し、そのラインナップ中のチョコレートドリンクがコンビニで販売されました(※既に、第二弾となるトロピカルカカオのアーモンド/コーヒーが販売されています)。

左がチョコレートドリンク トロピカルカカオ、そして右がシトラスカカオです。

まずは、右の白地にオレンジのイラストが描かれているシトラスカカオから紹介します。
シトラスカカオ(CITRUS CACAO)チョコレートドリンクは、東京・神奈川・千葉・埼玉の「セブン-イレブン」で2021年1月26日から発売されました。発売当日にダリケー代表吉野氏のツイートを見かけ、すぐ近所のセブン-イレブンに買いに行きました。

驚くほどに軽やかなチョコレートドリンクです。果汁入りでもなければ香料を加えたわけでもないのに、カカオ豆の発酵の際に投入された柑橘系のフレッシュな香りがそのまま感じられるのが面白い。軽やかなココアの香りに柑橘の香りが加わり、清々しさが感じられる口当たり。これなら粘っこい日本の夏でも口にできますね。一年を通じてのチョコレートの楽しみが、ますます広がりそうです。
お値段は300円
総合点:☆☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆☆
苦味:☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆☆
値段:☆☆☆☆
その他:夏もいける
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:CITRUS CACAO シトラスカカオ チョコレート
種類別名称:チョコレートドリンク
原材料:チョコレート(カカオマス、砂糖、ココアパウダー)、砂糖/セルロース、乳化剤、(一部に乳成分・大豆を含む)
内容量:210g
販売者:エルビー(株)
製造所:和歌山産業(株)
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

次に、左のチョコレートカラーのトロピカルカカオを紹介します。
トロピカルカカオ(TROPICAL CACAO)チョコレートドリンクは、シトラスカカオと違って乳飲料です。ミルクのまろやかさでチョコレート感は幾分控えめです。後味に、どこかフローラルにも感じられる優しいフルーツ香がほんのりと漂っています。飲みごたえは軽く、ココナッツの清涼感が加わって清々しく感じました。余韻はココナッツの香りが勝ります。
お値段は300円
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆☆☆
苦味:☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:軽い飲みごたえ
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:TROPICAL CACAO トロピカルカカオ チョコレート
種類別名称:乳飲料
原材料:生乳(50%未満)、チョコレート(カカオマス、砂糖、ココアパウダー)、砂糖、ココナッツミルクパウダー/セルロース、乳化剤、pH調整剤、カゼインナトリウム、(一部に乳成分・大豆を含む)
内容量:190g
販売者:エルビー(株)
製造者:リフレカップ(株)
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

人気ブログランキングへ にほんブログ村 スイーツブログ チョコレートへ

ダリケー;トロピカルカカオキャレ

ダリケー(Dari K)は京都の三条に本店を構えるショコラトリー。「スラウェシ島から、カカオを通じて世界を変える」という想いとともに京都からチョコレートの魅力を世界に発信しています。Dari Kのブランド名の意味は、スラウェシ島が「K 」のカタチに似ていることから「Kの島の国から」という意味があるそうです。ブランドロゴはインドネシアの伝統芸能ワヤン・クリを意匠化したものです。

セブンイレブンでトロピカルカカオキャレを買いました。光沢のある紙製の蓋身式パッケージです。ワインレッドをアクセントカラーに使い、カカオとパッションフルーツが描かれています。中央にブランドロゴが金で箔押しされています。蓋の固定に使われている、右に寄せた帯にカカオポッドで形作られた七宝紋が地味に入っているのが、個人的に心躍りました。伝統の街、京都を意識したデザインが取り込まれています。

中には6個のキャレ(正方形の板チョコレート)がプラスチック製の枠に支えられて入っていました。今回、全国のコンビニで販売されるにあたり大変輸送性のある作りになっています。個包装の模様は七宝でなく、カカオの小花を中心にカカオポッドが四方に広がる形。深い赤紫と金と黒の配色が上品です。

キャレのモールドは、カカオポッドが刻まれた大変凝ったもの。光沢があり、とてもきれいです。商品説明によると「発酵の途中でパッションフルーツの果汁を加え、フルーティーな香りをまとわせた特別なカカオ豆を使用。心地よい苦みのあとに果実の華やかな香りがほのかに立ち上がる芳醇なチョコレートです」とのこと。

カリッと音を立てて割れる厚みのあるキャレ。奥歯で噛み砕くと、ココア香を伴う苦味と柔らかい甘味が広がります。後味に桃のような白い香りを伴います。酸味はあまり感じられず、余韻も実に優しい。多くの人が食べやすいチョコレートだと思います。
正直なところ、特別感がなくてやや拍子抜けしたのでした。もっとパッションフルーツの酸味があるのだと思いこんでたので。つまりは、それくらい自然な美味しさだということです。
お値段は864円
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆
風味:☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:愛されチョコ
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:トロピカルカカオキャレ
種類別名称:チョコレート
原材料:カカオマス(カカオ豆(インドネシア産))、砂糖、ココアバター、(一部に乳製品、大豆を含む)
内容量31g(6個)
販売者:クリート(株)
製造所:芥川製菓(株)
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

人気ブログランキングへ にほんブログ村 スイーツブログ チョコレートへ

ダリケー;カカオが薫る生チョコレート2021(12粒木箱入)

ダリK(Dari K)は京都の三条に本店を構えるショコラトリー。「スラウェシ島から、カカオを通じて世界を変える」という想いとともに京都からチョコレートの魅力を世界に発信しています。Dari Kのブランド名の意味は、スラウェシ島が「K 」のカタチに似ていることから「Kの島の国から」という意味があるそうです。

阪急阪神百貨店による Zoom を使ったオンラインセミナーに参加しました。
講師はDari K 現地法人駐在員の足立こころ氏とスラウェシ島のカカオ農園にいるヘルウィン・ハルタワン(Herwin Hartawan)氏によるオンライン開催です。先日地震が起きたばかりで電波が不安定な中での中継でした。

セミナーに先駆けて、カカオが薫る生チョコレート2021(12粒木箱入)が届きました。印籠型の木箱にはブランドロゴが焼印されています。木材もインドネシア産のものだそうです。こだわりが細部に行き届いています。

手触りのよい木箱を開くと、商品説明が書かれたリーフレット、密封された皮付き角型の爪楊枝、そして 4 種類の生チョコレートが12粒、整然と並んでいます。

生チョコレートは、左からダーク、ミルク、トロピカルカカオ、シトラスカカオです。
商品説明によると「カカオの栽培からインドネシアの契約農家をと共に手掛けるダリケーでは、カカオの発酵時に南国のフルーツを混ぜ込む『フルーツ発酵』製法を考案」「『フルーツ発酵』によって実現した、奥深きカカオの世界をお楽しみください」とのこと。
セミナーでは食べ比べしやすいように、ダーク、トロピカルカカオ、シトラスカカオ、その後にミルクの順番がよいと説明がありました。

一番左の列にあるのが、ダークです。商品説明によると「世界的に広く行われている、バナナの葉を利用した自社発酵カカオ豆のみを使用。カカオが持つナッティーな風味が特徴」とのこと。

滑らかな口当たりが魅力の生チョコレートです。口に含むと燻製香が鼻をくすぐり穏やかな苦味が口いっぱいに広がります。カカオ感十分で、ナッツの甘い油脂の香り、シナモンのようなスパイス感もおいしい。余韻にもひたすら長く燻製香が残ります。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆☆☆
甘味:☆☆
風味:☆☆☆☆
その他:余韻もおいしい

ミルクです。商品説明によると「Dari K 初のミルクチョコとなるカカオ分50%のダークミルクチョコのみを使用。ミルクのまろやかで優しい甘みが特徴」とのこと。

ミルクのフローラルな香りが優美に広がります。上質なカカオが味に奥行きを作ります。力強い味だからこそ、ミルクの香りが消えてからもスモーキーな香りが続きます。この香りは癖になりそう。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆
その他:渋味が肝

トロピカルカカオです。商品説明によると「パッションフルーツとともに発酵したカカオ豆のみを使用。後に残る南国らしいフルーティーさが秀悦」とのこと。

食べたとき、思ったよりもパッションフルーツの香りがなくて、肩透かしにあったような気分になりました。というのも、あまりにも自然で。最高級マダガスカル産カカオ使用と言われたら普通に信じそう。発酵の管理でこれだけ味が変わることに今更ながら驚きました。最初にダークを食べていなかったらわからないかもしれない。余韻にダークと共通する燻製香、スパイス感が辛うじてインドネシア産であることに気づかせてくれます。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆☆
苦味:☆☆☆☆
甘味:☆☆
風味:☆☆☆
その他:発酵ってすごい

シトラスカカオです。商品説明によると「オレンジとライムとともに発酵したカカオ豆のみを使用。柑橘系の酸味がチョコの常識を覆す、爽やかな味わい」とのこと。

ミルクチョコレートパウダーがまぶされていますが、中はダークチョコレートのガナッシュです。口に含むとシトラスの香りと甘酸っぱさが広がりました。なんてわかりやすい。原材料に柑橘は含まれていないのに、爽やかな清涼感があって新鮮でした。発酵で、こんなにも香りを吸着するとは驚きです。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆☆☆
その他:アレルギーとかどうなんでしょうね?

お値段は3,300円
総合点:☆☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:発酵の奥深さを感じました
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:カカオが薫る生チョコレート2021(12粒木箱入)
種類別名称:チョコレート
原材料:生クリーム(国内製造)、カカオマス、砂糖、チョコレート(カカオマス、砂糖、全粉乳、ココアバター)、ココアパウダー/乳化剤、(一部に乳成分、大豆を含む)
内容量:12粒
加工者:Dari K(株)
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

人気ブログランキングへ にほんブログ村 スイーツブログ チョコレートへ

ダリケー;カカオが香るチョコレート・トリュフ その2

ダリK(Dari K)は京都の三条に本店を構えるショコラトリーです。

カカオが香るチョコレート・トリュフです。中には4種類のボンボンショコラが2個ずつ入っています。左からジェルック、キスミス、ラジャ、ラトゥです。

前記事の続きとして残り二個のボンボンショコラを紹介します。

ラジャ(Raja)はカカオニブが表面にまぶさらたトリュフです。商品説明によると「インドネシア語で王様を意味するラジャ。ローストしたカカオ豆を丸ごと一粒で包みました。さらに周りはカカオを粗く砕いたカカオニブでコーティング。カカオを存分に味わっていただくためのDari K自慢の看板商品」だそうです。

これは、説明読まずに食べたらビックリしますね。表面にたっぷりまぶしたカカオニブも珍しいけど、なにより、真ん中にごろっと丸ごとカカオ豆が入っていますから。カカオ豆は固いし苦いしロースト香が煙たいし。これでもか!とカカオ本来の風味を楽しめるトリュフです。王様ね、なるほど。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆
苦味:☆☆☆☆☆
甘味:☆
風味:☆☆☆
その他:美味しいかと聞かれたら、マニアにはねと。

ラトゥ(Ratu)はココアパウダーををまとったプレーンなトリュフです。商品説明によると「インドネシア語で女王を意味するラトゥ。カカオマスに生クリームとてんさい糖のみを加えた最もプレーンなチョコレート。シンプルさゆえの圧倒的なカカオの香りが口いっぱいに広が」るそうです。

表面にまぶされているのはローストされたカカオ豆のパウダーです。ロースト香はシングルモルトのような独特の香りがします。ガナッシュはほんのり甘く、カカオのフルーティーな酸味も心地良い。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆
苦味:☆☆☆☆
甘味:☆☆
風味:☆☆☆☆
その他:大人の味ですねー

お値段は2835円。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:木箱のロゴ、本来は焼印のはずがプリントでした
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:カカオが香るチョコレート・トリュフ
種類別名称:チョコレート
原材料:カカオ豆、生クリーム、てんさい糖、オレンジピール、レーズン、洋酒、粉糖、香料
内容量:8個
製造者:Dari K(株)
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ