ウェンシッツ;タブレット 3 種

ウェンシッツ(WENSCHITZ)は音楽とスィーツの都オーストリアのチョコレートメーカーで、ヘルムート・ウェンシッツ氏(Helmut Wenschitz)が代表を務めています。チョコレートの製造のみならず、チョコレートアカデミーやウェンシッツプラリネワールドというチョコレート博物館の運営も手掛けており、オーストリアのチョコレートシーンを牽引する存在です。

阪急の通販で3種類のタブレットを買いました。左から、ピュアナシオナルフォートゥナートNo.4、カリビアントレジャーマラカイボクラシフィカード、トロピカルミス アリバモカチェです。
シルク・ドゥ・ソレイユの一場面にありそうな雰囲気あるパッケージに惹かれて買いました。

ピュアナシオナルフォートゥナートNo.4(pure nacional – FORTUNATO No.4 -)はペルー産の希少なカカオを使ったチョコレートです。封筒型の紙製パッケージはエンボス加工が施されたデザイン性の高いもの。ただし、マヤの太陽の石を思わせる丸い石版をバックに戦士のような女性がカカオポッドに片足をかけてポーズを取っている大変エキゾチックな雰囲気です。しかし、ふと気がついたのですが、熱帯メキシコのマヤ文明とペルーの高山に栄えたインカ文明を混合しているような?

箱を開けると、商品説明が書かれたリーフレット(ドイツ語)と、プラスチックケースが入っていました。表面にブランドロゴ、底面には W 入りの植物文様。これがそのままモールドだったりするのでしょうか?すごい。

プラスチックケースを開けると、中に 4 本の美しいチョコレートバーが入っています。カカオ分は68%。商品説明によると「ピュアナシオナルフォートゥナートNo.4というホワイトカカオ豆を使用したチョコレートで、ナシオナル種のアリバカカオの中でも希少価値のあるカカオ豆を使用。口の中に入れると3回アロマが変わるのが特徴」とのこと。

このチョコレートに使われているカカオは、ペルーのマラニョン渓谷にある農園で管理生産されている Fortunato No. 4 Peru という大変珍しい在来種で、多くのカカオ豆が赤紫色なのに対して、この品種ではカカオポッドの中の半分ほどが白いカカオ豆になるという、ナシオナル種の中でも際立った特徴があります。
一欠片口に含むと、最初ペルー産カカオによくあるレーズンを思わせる香り、そして深く炒ったナッツのまろやかさを伴って柔らかい苦味と渋み。口溶けも滑らかで丁寧に作られているのがわかります。フローラルな余韻も心地よく残ります。
過去、フォートゥナートNo.4を使ったチョコレートをいくつか食べていますが、これはその中でも深めの焙煎に思えました。
お値段は2,700円
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆
風味:☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:貴重なカカオ使用
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:ピュアナシオナルフォートゥナートNo.4
種類別名称:チョコレート
原材料:カカオマス、砂糖(サトウキビ)、カカオバター
内容量:50g
原産国:オーストリア
輸入者:(株)ミック
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

カリビアントレジャーマラカイボクラシフィカード(caribiiean treasure – MARACAIBO CLASIFICADO -)です。カリブ海の海図を背景に湖に沈む財宝をイメージしたカカオが描かれています。

中には 4 本の美しいチョコレートバーが入っています。カカオ分は65%。商品説明によると「ベネズエラのアンデス山脈の裾野マラカイボ湖地域限定のクリオロ種マラカイボカカオは上質な香りが特徴です。カカオ豆の生息地が1秒に1回音がない雷が落ちてきます。命がけでカカオ豆を採りに行くので、大変な希少価値のあるチョコレート」とのこと。ストーリーは大変ドラマチックですが、雷が落ちるのはマラカイボ湖のカタトゥンボ河口で、カカオが取れるのはアンデス山脈の地域だから、全然違うんですけどね。

パッケージの裏面にスル・デル・ラゴのカカオと書かれていました。マラカイボ湖南部地域で取れる品種です。この地域で取れるカカオ特有の酸味や渋みの少ない、まろやかなナッツ香を期待して口に運んだのですが、真っ先に飛び込んできたのがバニラの香りでした。驚いて原材料を確認してしまいました。ビーン・トゥ・バーばかり食べていると、たまにこういうことがあります。
気を取り直して口に運ぶと、バニラの香りの後、苦味を伴って深い焙煎香、その中にカシューナッツを思わせる渋みを伴ったまろやかさが感じられます。酸味は極めて控えめ。舌にザラつきが残ります。余韻にも長くバニラの香りが続きます。
お値段は1,620円
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆☆☆
甘味:☆☆
風味:☆☆☆
値段:☆☆
その他:バニラ入り
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:カリビアントレジャーマラカイボクラシフィカード
種類別名称:チョコレート
原材料:カカオマス、砂糖(ビート糖)、カカオバター/バニラ香料、乳化剤(大豆由来)
内容量:50g
原産国:オーストリア
輸入者:(株)ミック
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

トロピカルミス アリバモカチェ(tropical myth – ARRIBA MOCACHE -)で、エクアドル原産のアリバカカオを使ったチョコレートです。封筒型のパッケージに描かれているのはマヤ文明のピラミッドでしょうか。繰り返しますが、エクアドルにあるのはインカ文明の遺跡で、マヤ文明があったのはメキシコです(このメーカーが抹茶のチョコレートを作ったら、中国と日本のイメージ画を混ぜるような乱暴なデザインのパッケージを作りそう)。

中には 4 本の美しいチョコレートバーが入っています。カカオ分は72%。商品説明によると「エクアドルでしか栽培が出来ないナシオナル(アリバ種)のカカオ豆は豊かな香りを放ちます。カカオ豆が病気に弱く、生産量が限られている非常にデリケートなカカオ豆を使用したチョコレート」とのこと。

こちらもバニラ入りです。口に含むと甘いバニラの香りを伴ってナッツ香が広がります。残念ながら余韻はあまり長くありません。酸味が控えめなので食べやすい部類に思えますが、私にはアリバカカオらしさが感じられず、エクアドル産のカカオと一口言っても色んなものがあるんだなと思いました。
お値段は1,620円
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆
風味:☆☆
値段:☆☆☆
その他:産地別チョコレートにも色々あるようで
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:トロピカルミス アリバモカチェ
種類別名称:チョコレート
原材料:カカオマス、砂糖(ビート糖)、カカオバター/バニラ香料
内容量:50g
原産国:オーストリア
輸入者:(株)ミック
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

人気ブログランキングへ にほんブログ村 スイーツブログ チョコレートへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください