ヴァンサン・ゲルレ」タグアーカイブ

ヴァンサン・ゲルレ;ルリジューズ

ヴァンサン・ゲルレ(VINCENT GUERLAIS)は14歳から修業をして、故郷であるフランスのロワール地方ナントにメゾンを構える。2018年にはルレ・デセール(世界最高峰の国際的洋菓子協会)の会長に就任。クロブ・デ・クロクール・ドゥ・ショコラ(C.C.C)の金賞を4年連続獲得した栄誉を持つ実力派です。この地方の名産フルール・ドゥ・セルや塩バター、キャラメルを使ったショコラを得意とし、「食いしん坊」をテーマに、豊かな発想と冒険心に満ちた魅力あるショコラを作っています。

サロン・デュ・ショコラ東京の通販サイトでルリジューズ(La Religieuse)を買いました。

ルリジューズはフランスの伝統菓子で、大小のシュークリームを重ね、つなぎ目にバタークリームをレースのようにあしらい、ピラミッド型をしています。バタークリームの模様を修道服の襟に見立てて、修道女という意味の名前がついたとか。

帯を抜きます。白い蓋には、光沢のあるピンク色で LES MINI-ARDISES と商品名が書かれていました。中には商品説明が書かれたリーフレットと、3 種類 5 個のルリジューズ型のボンボンショコラが入っています。

ルリジューズ キャラメルは、茶色のボンボンショコラ。商品説明によると「ダークショコラのキャラメルとジャンドージャ」とのこと。

食べるのに躊躇するくらい愛らしい形。ビターチョコレートとミルクチョコレートが交互に重なってピラミッド型を作っています。ナイフで断面を出してみたところ頂点のダークチョコレート以外の3層に詰め物がありました。基層にジャンドゥーヤ、その上の 2 層にキャラメルソースがです。つまり、四つのパーツを別々に作って組み合わせているのでしょう。こんなに小さいのに、凝った作りに驚かされます。
口に入れて軽く噛むと、チョコレートの甘さにキャラメルソースとナッツの香りが加わって、甘くてナッティーな香りに包まれました。
こんなに甘くてミルキーなお菓子は久しぶりで、新鮮な気分にさせられました。早速コーヒーを淹れたのは言うまでもありません。
総合点:☆☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆☆
苦味:☆☆
甘味:☆☆☆☆☆
風味:☆☆☆
その他:センターも分かれています

ルリジューズ ストロベリーは、ピンク色のボンボンショコラ。商品説明によると「自家製ストロベリーショコラにストロベリーキャラメルとジャンドージャ」とのこと。

ピンク色のイチゴチョコレートとミルクチョコレートが交互に重なってピラミッド型を作っています。ピンク色でますますキュート。後ろを向いたサンタさんのようにも見えてきます。こちらも各層に詰め物があり、イチゴのソースとジャンドゥーヤが入っていました。イチゴの甘い香りとミルクチョコレートがひたすらに甘い。普段ハイカカオばかり食べている口には、なかなか新鮮。お菓子とはそもそもこういうものですよね。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆☆
苦味:
甘味:☆☆☆☆☆
風味:☆☆☆
その他:コーヒーを啜りながら齧って

ルリジューズ アプリコットは、黄色のボンボンショコラ。商品説明によると「自家製マンゴーショコラにアプリコットキャラメルとジャンドージャ」とのこと。

黄色のチョコレートはマンゴーの香りがついたホワイトチョコレートです。ミルクチョコレートと交互に重なってピラミッド型を作っています。こちらも各層に詰め物があり、アプリコットのソースとジャンドゥーヤが入っていました。断面だけ見ると、まるでタケノコのよう(笑)口にすると、ミルクの香りが広がります。ナッツの香りに包まれて、マンゴーもアプリコットもそれほど響きません。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆☆☆
苦味:
甘味:☆☆☆☆
風味:☆☆☆
その他:酸味は極々控えめ

お値段は2,916円
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆☆
値段:☆☆☆☆
その他:ひたすら愛らしい
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:ルリジューズ
種類別名称:チョコレート菓子
原材料:砂糖、ココアバター、全粉乳、バター、アーモンド、生クリーム、ヘーゼルナッツ、乳清、グルコースシロップ、ストロベリー、カカオ豆、小麦粉、アプリコット、マンゴー/ソルビトール、乳化剤、香料、(一部に小麦・乳成分・大豆・アーモンドを含む)
内容量:5個
原産国:フランス
輸入者:ベーグジャパン(株)
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

人気ブログランキングへ にほんブログ村 スイーツブログ チョコレートへ
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【フレデリック・カッセル】ショコラアソート10個入り
価格:3672円(税込、送料別) (2021/3/1時点)


サロン・デュ・ショコラ;ショコラな人々(15個入り) その2

2017年、サロン・デュ・ショコラ東京は15周年を迎えました。それを記念して会場ではセレクションボックスが発売されました。ショコラな人々(LES GENS DU CHOCOLAT)です。
サロン・デュ・ショコラ;ショコラな人々(15個入り) その1

中には世界のトップショコラティエたちの似顔絵をプリントした新作や自信作15粒が入っています。各ショコラティエが「コレが私だ!!」と言えるマイNo.1ショコラを集めたスペシャルBOXです。
サロン・デュ・ショコラ;ショコラな人々(15個入り) その1
前回に引き続き、5個紹介したいと思います。

今回は、マンダリン〈クリスチャン・カンプリニ〉、サンドミンゴ〈パスカル・ル・ガック〉、プラリネリ〈セバスチャン・ブイエ〉、オリジン・デ・スルスール〈オテル・デュ・キャップ エデン=ロック〉、グランクリュ ベネズエラ〈ヴァンサン・ゲルレ〉です。

マンダリン〈クリスチャン・カンプリニ〉です。商品説明によると「風味が豊かで酸味が柔らかいマンダリンを使ったガナッシュ。オリーブオイルを用いて動物性油脂は不使用というこだわり」だそうです。
サロン・デュ・ショコラ;ショコラな人々(15個入り) その2
薄く平べったいボンボンショコラ。マンダリンオレンジのやわらかい柑橘の香りと苦味が上質なカカオの苦味と合わさって爽やかです。口溶けが早くなめらか。後味の苦味がすっきりとしています。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆
苦味:☆☆☆☆
甘味:☆☆
風味:☆☆☆
その他:マンダリンの苦味がおいしい

サンドミンゴ〈パスカル・ル・ガック〉です。商品説明によると「サント・ドミンゴ産のグランショコラを使った上品な香りのビターガナッシュです。ル・ガック氏が徹底して産地にこだわった」そうです。
サロン・デュ・ショコラ;ショコラな人々(15個入り) その2
こちらも薄く平べったい形のボンボンショコラです。舌の上でゆっくりと溶かすと、フローラルな甘い香りとすっきりとした苦味がひろがります。ミルクの香りとあわさってキャラメルのような後味がおいしい。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆
苦味:☆☆☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆☆
その他:上質なカカオの香り

プラリネリ〈セバスチャン・ブイエ〉です。商品説明によると「食感が楽しいライスパフ入りのアーモンドプラリネ。ショコラで遊び心を表現するブイエ氏らしさがにじみ出ている」そうです。
サロン・デュ・ショコラ;ショコラな人々(15個入り) その2
センターはアーモンドプラリネでまろやかな苦味。コーティングは薄め。余韻もアーモンドの香りが続きます。ライスパフのさくさくとした食感が楽しい。薄いのが二枚続いた後だから、余計食感が印象に残ります。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆
その他:サクサク

オリジン・デ・スルスール〈オテル・デュ・キャップ エデン=ロック〉です。商品説明によると「ジャマイカの希少なカカオ『モラン・ベイ』を使った優しい味わいのガナッシュ。豊かなカカオ感、心地よい酸味」だそうです。
サロン・デュ・ショコラ;ショコラな人々(15個入り) その2
特徴のある香りが鼻に抜けます。野生的で力強い酸味。新鮮なタバコの葉のような香り。余韻が長く、一粒の満足感が高いのが良いですね。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆
苦味:☆☆☆☆
甘味:☆☆
風味:☆☆☆
その他:こういうの意外と好き

グランクリュ ベネズエラ〈ヴァンサン・ゲルレ〉です。商品説明によると「ゲルレ氏が大好きなベネズエラの単一畑で収穫されたオリジンのカカオ豆を使用。72%なのにとってもクリーミー」なんだそうです。
サロン・デュ・ショコラ;ショコラな人々(15個入り) その2
なめらかな口溶け。そして、柑橘系を思わせるフルーティーな酸味。これは素敵。説明どおり、ハイカカオとは思えないほどクリーミーです。すばらしい。
総合点:☆☆☆☆☆
外観:☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆☆
その他:これでこそ、グランクリュ

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

お値段は9,180円。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆
値段:☆☆
その他:食べるのに緊張します
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:LES GENS DU CHOCOLAT ショコラな人々
種類別名称:チョコレート菓子
原材料:カカオマス、砂糖、ココアバター、全粉乳、バニラビーンズ、生クリーム、バター、転化糖、ぶどう糖、アーモンド、ヘーゼルナッツ、フルーツピューレ(バナナ、洋梨、グリオットチェリー、ゆず、砂糖)、牛乳、脱脂粉乳、セイヨウイラクサ、レモン果汁、マンダリンオレンジ果汁、オリーブ油、米、スピリッツ、ブランデー、セシュアンペッパー、食塩、とうもろこし、小麦粉、大豆麦芽エキス、こぶみかんの葉、ナツメグ、水あめ、ゆずパウダー、バジル、金木犀、寒天、ソルビトール、乳化剤(大豆由来)、香料、ゲル化剤(ペクチン、りんご由来)、酸味料、酸化防止剤(アスコルビン酸)、増粘剤(キサンタン)、安定剤(カラギーナン)、着色料(酸化チタン、赤40、青2、赤102、黄4)、(原材料の一部に卵を含む)
内容量:15個
原産国:フランス、日本
販売者:(株)センチュリートレーディングカンパニー
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

自由が丘ボンボンショコラ「ポンポンチョコラ」(40個入)
価格:3218円(税込、送料無料) (2017/5/17時点)

サロン・デュ・ショコラ2016 イートイン その6

サロン・デュ・ショコラのイセタン ショコラバー・カフェに行きました。セレクションボックスに入っている中から選りすぐりの17種類を食べる事ができます。

セレクションボックスのショコラの冒険(INNOVATIONS CHOCOLAT)から9種類、カカオの誘惑(EXPRESSIONS CACAO)から8種類のボンボンショコラが並びます。テイスティングセットはボンボンショコラ3個で1512円です。
イセタン ショコラバー・カフェ テイスティングセット
空いている時間に行ったので並んでいるのは10人程度でした。並ばずにすむのはいいけれど、魅力的なボンボンショコラが並ぶ中から待ち時間の間に3種類を選べなくて困りました。メニューの表記ぶれが酷くて読みづらいのなんの。ブランド名も商品名もアルファベットを混ぜたりブランド名を略したり、写真のあるリストと注文表で統一感がないせいでさらに混乱したり。注文に疲れました。

最初に、ヴァンサン・ゲルレのアリアンスです。ヴァンサン・ゲルレ(Vincent GUERLAIS)C.C.C.の5タブレットを5年連続獲得し、2014年には「欠かすことのできないショコラティエ」のリストに名前を連ねた実力派のパティシエ兼ショコラティエ。ロワール地方のナントを中心に店舗を構えます。ルレ・デセール会員。伊勢丹のサロン・デュ・ショコラには何度も出店していますが、シェフの来日は今年が初です。
アリアンスは他のボンボンショコラと比べて薄く長方形で幅広いビターチョコレート。商品説明によると「ノワールのガナッシュ、ショコラギモーヴ、ノワールでコーティング」したものだそうです。
ヴァンサン・ゲルレ;アリアンス
コーティングはフローラルな香りのするビターチョコレート。センターは二層に別れていて、上がショコラギモーヴ、下にガナッシュの組み合わせです。ギモーブのふわふわした食感が面白い、とても甘いボンボンショコラです。

次は、クリスチャン・カンプリニのベルガモットです。クリスチャン・カンプリニ(Christian CAMPRINI)は2004年にM.O.F.を取得。2012年には南仏ヴォルヴォンヌにお店を構え、2015年にラボをオープンしました。地元南仏産の食材のこだわりは当然。特に柑橘系フルーツを使ったチョコレートには定評があります。
ベルガモットは中心が半球状に膨らんだユニークな形が目を惹くビターチョコレート。商品説明によると「ベルガモットのジュレを、ペルーのチャンチャマヨのガナッシュと合わせ」たそうです。
クリスチャン・カンプリニ;ベルガモット
コーティングはすっきりとした苦味で甘さが控えめなビターチョコレート。センターは二層になっていて、上が酸味の強いベルガモットのソース、下がガナッシュです。ベルガモット(和名コブミカン)華やかでの爽快感あふれる香りと酸味が口の中で爆発します。下層のガナッシュは甘さがぎりぎり抑えられている印象。これは酸味が控えめなのが特徴みたいですね。上層とのバランスがとても良い。ベルガモットの酸味の華やかさをカカオの苦味が支える感じがして、とてもおいしいです。

最後は、ホテル・デュ・キャップ・エデン=ロックのオランジカオです。ホテル・デュ・キャップ・エデン=ロック(HOTEL DU CAP-EDEN-ROC)はフランスのアンティーブにある名門リゾートホテル。シェフのリリアン・ボンヌフォア(Lilian Bonnefoi)氏は1996年から現職を勤めコートダジュール・ガストロノミー協会会員。C.C.C.で4タブレットを受賞するなど輝かしい実績を持っています。2015年にご自身のお店リリアン・ボンヌフォアをオープンされたそうです。伊勢丹のサロン・デュ・ショコラは今年で6回目。すっかり常連です。
オランジカオはビターチョコレートのボンボンショコラです。商品説明によると「オレンジゼストのガナッシュに風味づけした層とオレンジコンフィのプラリネの二層仕立て。オレンジづくし」だそうです。
ホテル・デュ・キャップ・エデン=ロック;オランジカオ
ベルガモットに続いて柑橘続きになりました。こちらもセンターが二層になっていて、上がオレンジピールで風味づけしたガナッシュ、下がマットな色のオレンジクリームになっています。ベルガモットの後でオレンジですから、酸味香りが優しく暖かく感じます。そして甘め。まろやかなオレンジの風味が口いっぱいに広がり、余韻も長く続きます。